見出し画像

【FXスイングトレード】トレンドラインの恣意性に涙するかもしれない

画像1

画像はポンドドル日足。見ての通り上昇チャネル下限まで落ちてきている。

画像2

で、こっちはポンドドル4時間足。上昇チャネル下限でWボトムをつけて前回高値を抜いている。日足レベルのチャネル+4時間足レベルのWボトムということでまあまあ強いエントリーポイントに見えたため、強気に5枚ロング。

また、最近の悩みであった「相関関係がはっきりしているのに通貨をまたいだトレードができない」を克服すべくポン円でもロングを2枚ほど打った。

トレンドラインは恣意的である

上記のトレードはいわゆるライントレード、すなわちトレンドラインをエントリーの基準とする手法だが、この手法の欠点は、トレンドラインそのものが恣意的であるがゆえに必ずしも自分が引いたラインが機能するとは言えない点である。

どの点とどの点を結んで引いたトレンドライン・チャネルなのか、長さはどれくらいかといった要素は各投資家によって千差万別。もし上記のトレードで根拠としたチャネルが他の投資家から意識されなかったとすれば、まず間違いなくトレードは失敗に終わることとなる。

トレンドラインの恣意性に涙するか利確にありつけるか、トレードの結果は備忘録として当noteで順次まとめていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
メインはデイでたまにスキャル。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。