Cateen's Piano Live #15 @新居

9/9 テスト配信

この日、かてぃんラボ内でテスト配信がありました。

■本チャンの新居初ライブ配信は今週末やるんで…やっぱ怖いじゃないすか、初めての環境でライブ配信して何かあったら…ネピサマの時のご〇さんみたいになっちゃうから(笑)…観た人いますかあれ?…音が出ないという…僕はそんなことにならないようにちゃんとテストをしますと…踊れればいいんですけど、僕、踊れないんで(笑)…

ご〇さん、ネタになってます笑。かてぃんさんの『ソーラン節』も見てみたいような…。『PlayWithCateen』ではちょっとだけ体操みたいなの(失礼)披露してたけど、(元)音ゲーマーたるものダンレボは必修でしょうwww

 かてぃんスタジオの音についてのお話:

■…実家の時もそうだったんですけど、マイクをピアノの響板に直接入れてるんで部屋の響きみたいなのはそんなに大きくは影響してこないんですけど…僕の弾いてる体感だと昔より音が鳴るなぁって感じです…もともとそんなに鳴るみたいなピアノじゃないから…

■立体感・奥行きは何で出たんだろうな?…音の迫力が増したってのはわかる気がするんですけど…そこはマイキングとかかな?…配信に乗せる音って、結局、部屋の環境とかよりもマイキングなんで…

ホールの響きなんですよね。『ショパン10-1』や一人『KABURAYA』の躍動感あふれる音にいい感じのリバーブが乗ってどんどん広がっていく輪郭が見えるような感覚というか・・・本チャンは絶対スゴイことになると確信!

 そしてほどなく、テスト配信を続けるかてぃんさんのもとへ、ふっとあの童謡が降りて来る瞬間をわれわれラボメンは目撃するわけですよ。
(※まだ作品化されてないので、一応、名前は伏せますが)
 けっこう有名な曲ですが、かてぃんさん、あまりご存知なかったようでスマホでチェックして一言:「めちゃくちゃ古典派じゃん! なるほど」
 確かにかてぃんさんが弾いてるとモーツァルトだな。それがどんどん魔王風に変化していって、最後はラフマテイスト?の壮大なLevel7へ・・・
「我々は今、すごいものを目撃しているに違いない」と様子を見守るラボメンの誰もが思ったでしょう。新しい動画が誕生する端緒が開かれる瞬間を。

 その時のかてぃんさんの言葉(視点)がとっても明快です:

■…よさそうだけど、海外の人、絶対知らないっすよね…まーいっか…

■…どういうストーリーにしようかな…そうかキツネだから変身できるのか…

 作品化を考える時に、海外の視聴者のこともしっかり意識しているのがうかがえます。もともとドイツ民謡みたいだけど、欧米とかでどのくらい認知度があるのだろうか。
 さらにその曲がなぜそのように展開するのかというストーリーを作品の中に織り込めれば視聴者の納得感につながるということですね。欧米の人に伝わる変身のイメージって何かな?  “狡賢い” マイナスのイメージからプラスに変化するという意味では、ディズニーの『ズートピア』のニックなんかがピンとくるかもしれないですね。


【60分の時間限定テスト配信】・・・「今日はテストなんで」と言いながら楽しく配信を進めるかてぃんさん。チャットでラボメンバーと相談しながら画角や照明、音を確かめる作業はライブの打ち合わせに参加してるみたいで楽しかったです。
 新居にはまだ誰も来てないようですが、受け入れ態勢(ソファーとか)が整ったら、いろんな人を呼んでワイワイしたいそうです。けいちゃん、よみぃさん、菊池さんは遊びに来ることになってるみたいですね。その都度ライブ配信とかしてくれたら最高だな!
 突発的な練習配信もするつもりということですが、アーカイブ残さない可能性もあるんで、チェックの気が抜けないですね。 
 そうこうしてたら突然、ピンポンの音。配信中のピーンポーンってなんか既視感が・・・そうなんです。「よみぃ×かてぃん」リモートライブで本番中によみぃさんちのピンポンが鳴ってました。あの時はかてぃんさんが場を繋いでましたが、今回はどうしたものか…。そこはラボ内限定配信ということで、普通にすーっと画面からいなくなってしまうかてぃんさんでした笑。
「はい、すいませーん」と笑顔で戻ってきて「めっちゃ生活感溢れる感じになった」。この遠慮のない自然な感じが嬉しいですね。最後、ちょっとしたハプニングで得した気分になれました。
 そろそろレッスンに出発です。“有象無象のショパン“ を持って、金子先生のおうちへ。晩ご飯もご一緒のようですね。いってらっしゃ~い!

9/12 本チャン

 ラボメンになって良かったと改めて思わせてくれたあの楽しいテスト配信も予告通り24時間(+α?)で観れなくなりましたが、今日こそが待ちに待った本チャンです♪

 前回の記事では直近の3本のライブ配信について書きました。
「スタインウェイとストリングスの調和」
「かてぃんfeat.映秀。@初野外」
「40万人ありがとう×ネピサマ×実家ありがとう」

 それぞれにテーマがあって「何を見せるためのライブか」という意識が明確に表れているのが最近の特徴ですね。
 そして今回#15は「the LIVE @ Cateen Studio 」とでも表現したらいいのか、まさに「異世界・非現実・Fantasy」がテーマのライブでしたね。
 これまでのCPLは角野家のリビングという「生活の場」からの配信でした。あのエレガントで落ち着いた雰囲気が大好きで、時々出演してくれてたネコちゃんたちにも癒されてました。
 そして今回のCPLは新居といっても生活の場から隔絶された「地下の異空間」 Cateen Studio で繰り広げられるライブ会場さながらのこれぞ the LIVEなライブ配信でした。 
 表現したい世界観、一年半かけて構築した理想に近い音質・画質、自分のやりたいことを追求し続け、こうして辿り着いた「かてぃんワールド」。
一緒に体験してみましょう。

 
 これは事故なのか?それとも演出か?
真っ暗からのクルクル、そして青い光に浮かび上がるシルエット、てっきり演出かと思いきや実はカメラの事故だったそうです。
 今回のライブ、さらに大きなアクシデントが発生します。まずそこから見ていきましょう。
 オープニングナンバーの『Unravel』。青の洞窟に響き渡る幻想的な音色…ディレイが効いてます。しかしその中ですでにアクシデントは起きていました。あれ、プリヴィアが鳴っていない・・・

■…なんかこれ音出なくなった…最悪なんだけど…音出て~ぇ…まあね、いつか機嫌直してくれるでしょう…

■ちと俺、落ち着きがないな、ごめんなさいね、ほんと…落ち着きがない!…

■そろそろさ機嫌を直してほしいんだけどな、プリヴィアちゃんは…まぁいいや…

■…と言いながらも僕はプリヴィアが復活してくれることを祈って奮闘してるわけですが…マジで音出ねーな、どうした…

■まぁね、うまくいかないもんですよ人生というものは…C'est la vie…

■まぁ、めげずにやっていきますが…めげずにやっていきますが…

 新居からの初ライブ配信で自らの世界観を存分に発揮しようと意気込んでいたはずが、まさかのアクシデント勃発に焦らないわけないし、イラつきもあったかもしれないけど、C'est la vie (これが人生さ)と達観した笑顔で現状を受け止めながら最善を尽くそうと努力するかてぃんさん。
 こういう時に人間性って出ちゃうもんです。なんとか復活を願いつつも、自分の気持ちを切り替えながら、無事なスタインウェイピアノで素敵な音楽を届けてくれます。ディレイ強めで幻想的な『トロイメライ』から明るい『ラ・カンパネラ』まで熱演すると、「暑っついよー、暑い、暑い、暑い、暑いー」と声を出して少し発散。そこからライブ前半のヤマ場とも言える『Happy Birthday To Everyone』が続きます。「みなさんはどの月が一番好きですか?」

■おぉ!(ビックリしてのけぞる)直った!…え!おまえいつの間に直ったんだよ、おい、おい…いつの間に直ったんやおまえ…(拍手しながら)みなさん、直りました、プリヴィアさんが…機嫌を取り戻してくれた、ハッピーバースデーによって、わからんけど…

 突然の復活でした。ほんと良かった。かてぃんさん、嬉しそうに満面の笑みを浮かべながら「ガンガン使うぞ、プリヴィア!」

 復活してくれて、ほんと良かったです。ほっとしました。ガンガンの新しいかてぃんワールドが観たかったから。それに、見せたい世界観を出せずに悔しい思いをしてほしくなかったから。


 プリヴィアが復活して、照明のセッティングからの仕切り直しです。
『もののけ』の青、『紅蓮の弓矢』の赤、『ザナルカンド』の青という具合に、青の世界と赤の世界を切り替えながら、かてぃんワールドが展開します。『G線上のアリア』『羊は安らかに草をはみ』『モルダウ』『チムチムチェリー』、そして即興中に突然降りてきた『白鳥の湖』の青。最後は『ペールギュント』の赤。時にストリングスが重なったり、時にディレイを強めたり外したり、流れに応じて変化するfantasticな世界。これが今日、あなたが見せたかった世界観…最高

 終盤のパーリラ/ピーヒャラ/ドルガバのマッシュアップ・・・凄いのに笑える。ここ、動画にして出してほしいです。いきなり画面からはけると、ギターをもって登場するも秒で終了。「おしまい?」「やめるんか~い?」

 新居にちなんだラストナンバーの『A Whole New World』を聴きながら、CPLの第二章、新たなるかてぃんワールドが今日から始まったことを実感する。かてぃんさんの門出に改めて乾杯!(スミ〇フ・・・CMかも~ん)


あとがき的な

 新居かてぃんスタジオの初配信ライブから丸一日が経とうとしてますが、急上昇にランクインするは、チャンネル登録者も45万人を突破するは、勢いが止まらないですね。
 ほんとに感動的なライブでした。アクシデントすら見どころにしてしまう人間力、懐の深さに惚れ直しました。自分なんかちっちゃい人間なんで、勝手にテンパってしまって「踊って~笑」とかツッコミ入れる余裕すらありませんでした。(配信見てるだけなのにね)
 かてぃんさんの魅力は、昨日のようなライブ配信や動画作品を観れば十分わかっていただけると思うけど、より深くかてぃんワールドを楽しむために、「かてぃんラボ(YouTubeメンバーシップ)」に参加してみませんかと言いたくて、この記事を書いた気がします。
 どんどん大きな存在になっていくかてぃんさんですが、ラボの特別感はまさに格別です。ラボメンとしてかてぃんワールドの舞台裏を楽しめる醍醐味が少しでも伝わればいいなと思って、すでに観れなくなってしまった「テスト配信」の様子もあえて記事にしてみました。
かてぃんさんを応援するみなさんとラボの中でお会いできたら嬉しいです。


ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。



角野隼斗(かてぃん)さんのことを書いてます。