iOSDC Japan 2021 にコアスタッフとして参加してきた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

iOSDC Japan 2021 にコアスタッフとして参加してきた

みなさま!iOSDC Japanにリモート開催の現地組としてスタッフ参加したら殆ど歩いていないことが発覚したh1d3mun3です。

画像1

(↑Today's Updateで紹介されたときのスクショ。歩かねば...)

なんと今年も!!!!!皆様のおかげで、iOSDC Japan 2021を実施することができました 🙏


このブログは「皆さんに感謝を伝える」ための記事です。

話は変わるのですが昨年の #iwillblog で「Noteで下書き状態にまで持っていってそのまま公開を忘れる」という信じられないような凡ミスをやらかしたことが先程発覚しまして、今年はブログをきちんと書こうと思います。今年はきちんとブログリンクにも登録します。絶対します。やるぞ。

画像2

(↑ 凡ミスをやらかしている人の図。すみません...本当にすみません...)

Q: iOSDC Japanとは?

A: 説明しよう!
iOSDC Japanとは、2016年から毎年秋ごろに開催されているエンジニアが主役の技術カンファレンスだ!
2016年の開催以降、iOSのエンジニアを中心に幅広いエンジニアの方にご参加いただいているぞ!
COVID-19の感染拡大に伴う形で、2019年まではリアルで、2020年以降はオンラインでの開催で開催されているぞ!
今年の開催は去年に引き続く形で、ニコニコ生放送で放送され、期間は2021年の9月17日 ~ 9/19日の日程だったぞ!
カンファレンスでは、事前に全国の皆様から頂いたプロポーザルの中から選出された選りすぐりのトークを聞けるぞ!
トークの内容はiOS関連のトークが中心だが、アーキテクチャや言語の新機能についてなどのエンジニアリング的な側面からのトークもあれば、Appleがデフォルト提供している機能についてのトーク、CPUについてのトーク、そしてiOSDC 名物LT大会もある!
また、トーク以外にも力を入れていて毎年参加者の方にお渡ししているノベルティは毎年好評を頂いているぞ!今年がどんなノベルティだったのかはこのアルバムをチェックだ!

僕は2017年の iOSDC Japanに初参加してめっちゃ楽しかったので、2018年の開催からスタッフとしてiOSDC Japanの開催をお手伝いさせていただいており、都合通して5年ほどiOSDC Japanに何らかの形で携わっています。
そんなiOSDC Japanをなんと今年も開催させいていただくことができました。
今年はTrackE配信担当と、TrackEのAsk The Speakerというスピーカーの方と参加者のコミュニケーションの司会させていただきました。
Ask The Speakerの詳細については企画紹介動画をチェック!


TrackEでのAsk The Speakerにご参加いただいた方、大変ありがとうございました!
私なりに最善を尽くしてAsk The Speakerの司会をさせていただきました。皆様のコミュニケーションの一助となったのであればとても幸いです。

ところで、僕は飽きっぽい性格で、始めたことはたいていどこかで飽きちゃってやめちゃうケースが多々あるのですが、なぜかiOSDC Japanは5年間の間続けられています。
5年続けられるからにはきっとなにかいいところがあるのだろうなと思って、しばらくiOSDC Japanのいい所ってなんだろうなと考えてみたのですが、iOSDC Japanには「iOSDCコミュニティ」があるからなのだな、と言語化して気がつくことができました。

同じiOSというプラットフォームに関わる者同士が1年に1回集まる「今年1年どうでした?」的な、そんなコンテキストを共有できる場所があるのがとても好きだと思っているのだなぁと思いました。
そしてその場所でトークを見たり、話したりしているうち、「あ、あれも面白そうだな!」とか、「へぇ〜知らなかった!すごい!」みたいな、エンジニアとしていい刺激をもらうことができるというのが、やっぱりたまらなく楽しくって、素晴らしいと心の底から思っているんだなぁ、と思っています。

(↑TrackEで スタッフと話しながら @tomzoh さんと@hak さんのCPU発表を見てて、スタッフの紹介でついうっかり買った本がトークでも紹介されていてスピーカーの @tomzohさんに補足されている図)


さて、クロージングの際に主催のtomzohさんからもありましたが、iOSDC Japanを開催するには我々実行委員の力だけでは開催することができません。

トークを発表してくださったスピーカーの皆様、スポンサーして頂けた企業の皆様、そして3日間全力で楽しんでいただけた参加者の皆様、このすべてのおかげだと思っています。

僕はiOSDC Japanを一言で表すと「お祭り」になると思っていて、そんなお祭りにそのときにちょうどいい立場から関わってくださる皆様のおかげでiOSDC コミュニティは成り立っていると、いつも思っています。


そういえば、今年のiOSDCは開催期間中にiPhoneの予約があるという、おそらくiOSDC Japan史上初の環境下での開催となりました。

皆様予約できましたか? 

私はiPhone 13 Pro シルバー 256GBを予約できました。

9/24に当日に店舗で受取の予定で、今から9/24がとても楽しみです。

繰り返しではありますが、iOSDC Japan 2021に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

また来年!(?)

iOSアプリケーションのエンジニアをしています。SwiftもObjective-Cもかけますがここ3年はSwiftメインです。エンジニアよりもXcodeの面倒を見る係として有名です。エンジニアリング関連のことで日々思ったことがあってある程度まとまったら記事にしていきます。