見出し画像

1日のはじまりの音づくり

どうもごんざです。
2回めの更新はウォームアップです。
いつもどんな音出しから1日をはじめていますか?
人によって様々だと思います。

今回ぼくが提案するのは、「少しずつ唇を振動させていき、どんな息にも対応する唇をつくる」、ウォームアップです。

昨年自分でこのウォームアップを思いついて吹くようになってから、これをやったあと楽器を吹くのが楽しくなるくらい、楽器が吹きやすくなりました。

人によって吹きやすい音域が違うでしょうから、開始音を3パターンに分けて楽譜を作成しました。

楽譜だけ見ると平易なのですが取り組み方にコツがあるので、ぜひ手順をお読みくださいね。

楽譜を見ながら、別でアップしている音声と実演での解説も聞きながら取り組むと、より効果が見込めると思います。音声データはこちら

①タンギングなしで吹きはじめる

このウォームアップは1日の吹きはじめに「唇を起こすこと」からはじめるので、タンギングで音のはじまりを決めると趣旨が違ってきてしまうので、タンギングはしないではじめます。

テンポは目安として書いてありますが、テンポを鳴らしてテンポに合わせて吹きはじめる必要はありません。

この続きをみるには

この続き: 1,242文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

こちらは単品で販売中のウォームアップメニュー「1日のはじまりの音づくり」の楽譜PDFと音声データをセットにしたマガジンです。バラで買うより…

または、記事単体で購入する

1日のはじまりの音づくり

権左勇一(yuichi gonza)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、さらなる活動につなげていきます!

ありがとうございます😊
6
管楽器コーチ。1985年東京・国立生まれ。都立片倉、国立音楽大学卒。卒業後音楽を続けるも一度は挫折し、一般職へ就職。その後再び音楽に携わる道に復帰、現在にいたる。Blog▶️gonzayuichi.com

こちらでもピックアップされています

ホルニストのためのレシピ
ホルニストのためのレシピ
  • ¥760 / 月
  • 初月無料

管楽器奏者レッスンのプロで、ホルン吹きの権左勇一(Gonja_19)による、ホルンを吹くこと、について考え、それをレシピ形式で掲載していくマガジンです。 時間をかけて練習さえすれば上手くなっていく、のはほんのわずかな人だけ。ではそれ以外の人はどうすればいいのか。ホルニストのためのレシピでは、これまでの自身のホルン吹きとしての経験、レッスンを通しての実践をもとに、さまざまな考察のもと、実践できて効果を体感しやすいレシピをお伝えします。 このマガジンは、日々の練習を効率化したいホルン吹きや、ホルン指導に悩む指導者の方に向けています。この練習の意味って?とよく思う人にもおすすめ。「こんなレシピがあれば!」というリクエストにも応えます。記事に掲載するPDFは、コピーして配ってOKです。このマガジンを通じて、少しでも多くのホルン吹きが今よりもっとホルンを楽しめますように。心をこめて更新していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。