タイムトリップ・タイムワープ

自分の中にもう一つ違う時間が流れていると気がついたのは、23歳の時だ。それまでは、急に襲い来る感情をなんと名付ければ良いのかわからなかった。悲しみは時と場所を選ばなかった。一人で歩いている時、誰かと笑っている時、映画を見ている時、夜眠る前。どれほど「今」が満ちていても、御構い無しに胸を横切る。ある時、これは「悲しみ」か?と考えた。けれどその形容詞で表すには、その感情は一瞬で、残響ばかりが大きいのだった。

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
1
劇作家・葭本未織の劇団Note。『聖女』で第60回岸田國士戯曲賞推薦。http://girlsmetropolis.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。