H-IIA/B打上計画(宇宙基本計画工程表より) 2020/02/09版

最新版が個人サイト側にある可能性あり、個人サイトのタグ'打上計画表'検索の最初のページも参照すること。また、表形式のページなので、個人サイトの方がたぶんみやすい。

宇宙基本計画工程表とニュースリリースを元に今後のH-IIA/Bの号機ごとの打上予定を予想したもの、宇宙政策委員会での決定を踏まえつつ、H-IIA 41号機打上をみて結果待ちをしながら更新したページを最新のスナップショット形式として書いたのがこちらのページ。

脚注

・5月に打上があるらしい。搬入済みという報告を踏まえるとH-IIA F42説がとれるが、SpaceflightNowはH-IIB F9だと言っている
・H-IIA F43はWebメディア記事を元に推定。Inmarsat-6は時期がずれないだろうということで順番を前倒し。ここまでで「2020年度は5本打ち上げ、うち1本がH-IIB」というMBC報道と一致する
・追加…HTV-Xが1~3号機の記述が出た。GOSAT3がH-IIAに、先進光学衛星がH3に乗り換え。その他多数順番変更…

確定・未打上

年度 / 予定日 ロケット 号機 ペイロード
2020/05/?? (予想) H-IIA F42 光データ中継衛星・兼・データ中継衛星1号機
2020/05/??(噂話) H-IIB F09 HTV-9
2020/07/14 - 08/03 H-IIA F44 F43 UAE火星探査機

予想・未打上

年度 ロケット 号機 ペイロード
2020 H-IIA F44 準天頂衛星システム1号機後継機(QZSS-1R?)
2020 H-IIA F45 「Inmarsat-6」シリーズ初号機
2020 H3 TF1 先進光学衛星
2021 H-IIA F46 X線天文衛星代替機 + 小型月着陸実証機
2021 Epsilon F5 革新的衛星技術実証2号機
2021 H3 TF2 先進レーダ衛星
2021 H3 F03 HTV-X 1号機
2022 Epsilon F6 深宇宙探査技術実証機(DESTINY+)
2022 H-IIA F47 情報収集衛星レーダ7号機
2022 Epsilon F7 革新的衛星技術実証3号機
2022 H3 F04 スカパーJSAT放送衛星(Xバンド防衛通信衛星3号機)
2022 H3 F05 次期技術試験衛星(ETS-9)
2022 H3 F06 HTV-X 2号機 ※New!
2022-2023 H3 F07 準天頂衛星システム5号機(QZSS-5)
2023 H3 F08 準天頂衛星システム6号機(QZSS-6)
2023 H-IIA F48 情報収集衛星光学8号機
2023 H3 F09 準天頂衛星システム7号機(QZSS-7)
2022 H-IIA F49 温室効果ガス観測技術衛星3号機(GOSAT3)
2022 2022-2023 Epsilon F8 公募型小型 赤外線位置天文観測衛星(小型JASMINE)
2023 H-IIA F50 情報収集衛星レーダ8号機
???? H3 F?? HTV-X 3号機はGateway補給への変更を検討中 ※New!
2023 2024 Epsilon F9 革新的衛星技術実証4号機
2024 H3 F10 火星探査計画(MMX) ※フォボス探査機
2024-2025 H3 F11 戦略的中型2 宇宙マイクロ波背景放射偏光観測衛星(LiteBIRD)
2024-2025 Epsilon F10 公募型小型
2025 H3 F12 情報収集衛星光学9号機
2025- H3 F13 情報収集衛星光学多様化1号機
2025- H3 F14 情報収集衛星レーダ多様化1号機
2025- H3 F15 情報収集衛星光学多様化2号機

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
職業:IT企業社内コンサル、元宇宙エンタメスタートアップ何でも屋・経営コンサルタント 宇宙探査・宇宙開発などについてTwitterアカウントでつぶやいていますが、アカウントで議論しているネタについて記事を載せるためのnoteです https://twitter.com/garmy