スクリーンショット__557_

【卒業率3.0%】慶應義塾大学通信制課程で卒業にたどりついた12年間の記録

2008年10月1日、私は大きな一歩を踏み出しました。

2年間の浪人生活を経て決断したのは、慶應義塾大学経済学部・通信教育課程への進学です。

在籍期間は平均8年、最長で12年。

それで卒業できれば良いほうで、多くは仕事・家事・親の介護などを理由にたどり着けません。

21歳という年齢から考えて、約10年におよぶ時間を学業にそそぐことは自分のためになるのか?

試行錯誤の結果、「慶應大卒」は長い人生で強力な武器になると判断しました。

華やかなキャンパスライフとは程遠い、孤独との闘い。

こうして私の大学生活は静かに幕を開けました。

[目次]

1. 入学時期について
2. 慶應通信「テキスト」について
 2-1. 3ヶ月のスケジュール
 2-2. 1日のスケジュール
3. 慶應通信「スクーリング」について
4. 慶應通信の数学について
5. 仕事との両立
 5-1. ナオミカレッジ・慶應通信部
6. 慶應通信「卒業論文」について

1. 入学時期について

慶應通信では4月と10月の年2回、入学試験があります。

出願期間は約2ヶ月前から1ヶ月間、つまり毎年2~3月と8~9月です。
 ●学習開始までの流れ:慶應通信

合格率は動画でも紹介しているようにほぼ100%で、論文形式となっています。


それよりも問題なのが、4月と10月のどちらで入学をするべきか。
私個人の体験談では、4月入学の方が勉強を始めやすいです。

詳しくは後ほどご説明しますが慶應通信では、
・スクーリング
・テキスト
の2つの方法で単位を取得していきます。

なかでもスクーリングは毎年7~8月に実施され、おなじ境遇の塾生と出逢う良い機会でもあります。

このとき、学習方法など意見交換や情報収集をすることで、勉強の進み具合も変わってきます。

そこで、4月入学であればスクーリング→テキストの順番で勉強に取り組むことができますが、10月入学であればテキスト→スクーリングの順番となってしまいます。

そのため、10月入学はスクーリングまで半年の時間が空いてしまうのです。


かく言う私も、実は10月に慶應通信を入学しました。
案の定、スクーリングまでの半年間、何をすればよいか分からず途方に暮れた1人です。

動画でも紹介していますが、今となっては英語Ⅰから取り組むべきでした。


入学当初は「ナオミカレッジ・慶應通信部」のように勉強をサポートしてくれる場所がなかったので、4月入学の方と変わらないスタートとなりました。

しかしその悔しさが、このようなコンテンツ作りの原動力にもなっています。

2. 慶應通信「テキスト」について

この続きをみるには

この続き:1,705文字/画像1枚

【卒業率3.0%】慶應義塾大学通信制課程で卒業にたどりついた12年間の記録

ナオミFX

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
Youtube・ブログ・FX(投資)を愛しています。 →2008年 慶応義塾大学・経済学部(通信制)入学 →2015年 FXで100万円大損 →2017年 FXブログ開設 →2018年 Youtubeスタート →2019年フリーランスとして本格始動 →2020年 大学卒業予定
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。