見出し画像

【卒業率3%!?】慶應義塾大学通信制課程で卒業にたどりついた11.5年の記録

ナオミ@慶應通信を卒業した人

2008年10月1日、私は大きな一歩を踏み出しました。

2年間の浪人を経て決断したのは、慶應義塾大学経済学部・通信教育課程への進学です。

在籍期間は平均8年、最長で12年。

それで卒業できれば良いほうで、多くは仕事・家事・親の介護などを理由にたどり着けません。

21歳という年齢から考えて、約10年におよぶ時間を学業にそそぐことは自分のためになるのか?

試行錯誤のうえ、「慶應大卒」はこれからの人生で強力な武器になると判断しました。

華やかなキャンパスライフとは程遠い、孤独との闘い。

私の大学生活は、静かに幕を開けました。

1. 入学時期

慶應通信では4月と10月の年2回、入学試験があります。

出願期間は約2ヶ月前から1ヶ月間、毎年2~3月と8~9月です。
 ●慶應通信「学習開始までの流れ」

合格率は、動画でも紹介しているように高い傾向にあり、論文形式のみとなっています。


それよりも問題なのが、4月と10月のどちらで入学すべきか。
個人的には、4月入学の方が勉強を始めやすいと思います。

後ほど紹介しますが、慶應通信では、
・テキスト
・スクーリング
の2つの方法で単位を取得していきます。

なかでも、スクーリングは毎年7~8月が最も規模が大きく、おなじ境遇の塾生と出逢う良い機会になります。

このとき、学習方法など意見交換や情報収集をすることで、勉強の進み具合も変わってきます。

そのうえで、4月入学であればスクーリング→テキストの順番で勉強に取り組むことになります。

しかし、10月入学であればテキスト→スクーリングの順番となってしまうのです。

スクーリングまで半年間、時間が空くということになります・・・。

かく言う私も、実は10月に慶應通信を入学しました。

案の定、スクーリングまでの半年間、何をすればよいか分からず途方に暮れた1人です。

しかし、今となってはその経験を活かして、オンラインサロンで入学前からサポートを受けていただくことができます。

そのため、4月・10月どちらで入学をしても大差ないと自負しています(^^)

2. 通信授業(テキスト)

無事、合格が決まると大量のテキストが郵送で届きます。

焦る前に、まず知っていただきたいのが、単位の取得方法です。

慶應通信では主に、
・通信授業(テキスト)
・面接授業(スクーリング)
の2つで、普通課程であれば124単位以上を取得しなければなりません。

なかでも、「通信授業(テキスト)」が重要になるのですが、これは自学自習に重きをおいた学習方法です。

動画でも紹介しているとおり、
・レポート課題
・科目試験
の2つを合格することで、1科目分の単位が履修完了します。

そしてこのとき、次のような疑問が浮かんできます。

「どのような順番で科目を選び、通信授業(テキスト)の単位取得を進めていけば良いのか?」

私からの答えは、慶應通信でもっとも易しい「英語Ⅱ」をおすすめします!

まず、「レポート課題集」にある英語Ⅱを確認すると、第1回・第2回の2つあることが分かります。

これは、
「英語Ⅱは、2回分のレポートを提出しなければならない」
という意味です。

通信授業(テキスト)の場合、科目によっては複数回のレポートに取り組む必要があるのです。

そして、指定回数すべてのレポートを提出することで、科目試験の受験資格を得ることができます。

一方で、科目試験は4・7・10・1月の年4回、各地方で実施されます。

いずれも土日にあり、試験日の約45日前がレポート提出締切日です。

例えば、7月の科目試験で英語Ⅱを受験をしたい場合は、5月下旬までに英語Ⅱの第1回・第2回のレポートを提出する必要があります。

このように、科目試験を受験するためにはレポート提出が必須なのです!

仮に、5月下旬のレポート提出締切日が間に合わなかった場合は、10月の科目試験に繰り越しになります。

例えば、6月に英語Ⅱの第1回・第2回のレポート提出をした場合。

7月の科目試験・レポート締切日は過ぎてしまいましたが、10月の科目試験には間に合います。

このように、いつレポート提出をするかで、受験できる試験日も変わってきます。

詳しくは、こちらの動画でご確認ください!


ちなみに、レポート・科目試験の合格・不合格はそれぞれ別物です。

慶應通信「テキスト」

レポート・科目試験それぞれ1回でも合格をすれば、それ以降、レポート提出・科目試験の受験をする必要はないことになります(^^)

2-1. 3ヶ月のスケジュール

次に、私が在学中におこなっていた学習方法を紹介します。

科目試験が3ヶ月に1回あるので、3ヶ月=1スパンで計画を組みます。

さらに、1スパンを前半1.5か月と後半1.5か月に分けて
・前半1.5か月:レポート課題をメイン・科目試験対策をサブ
・後半1.5か月:科目試験対策をメイン・レポート課題をサブ
とします。

とは言え、受験科目が得意なものであれば、3ヶ月間を通してレポート課題をメイン・科目試験対策をサブと、臨機応変におこなっていました。

2-2. 1日のスケジュール

3ヶ月の学習スケジュールからも分かる通り、毎日レポート課題と科目試験対策をおこなっていました。

時期によってその比重を変えていて、
・メイン:2時間
・サブ:1時間
で組んでいました。

このメイン+サブの3時間を1セットとして、6時間勉強できるときは2セット、9時間のときは3セットとするのがおすすめです。

このように、3ヶ月→1.5ヶ月という長い時間軸から、1日→3時間という短い時間軸へ計画を細分化すると、自分がいま何をすべきかが見えてきますよ!

3. 面接授業(スクーリング)

2つ目の単位履修方法は、スクーリングです。

私の場合、年1回の夏期スクーリングに集中していたため、重要度は低いかったです。

とはいえ、最低でも1週間は東京・三田校もしくは神奈川・日吉校に通う必要があります。

動画でも紹介していますが、英語に関しては、普通課程・特別課程・学士入学に関わらず必須科目となっています!


そして、この英語は「通信授業(テキスト)」の学習にくわえて、「面接授業(スクーリング)」を受講しなければ単位を取得することことができません。

とはいえ、スクーリングは難易度が低いのもまた事実。

テキストでは3ヶ月~1年かかるものが、1週間で単位取得できます。

そのため、個人的には積極的な受講をおすすめします!

ちなみに、滞在費に関しては、当たり前ですが全額自己負担です。

私は、熊本から14日間の滞在を7年続けました。

具体的な金額については、次の動画を参考にしてください(^^)


4. 慶應通信の数学

YouTubeのコメントで、
「数学ができないと、慶應通信は卒業できませんか?」
といった、ご質問をいただくことがあります。

答えは、動画でも紹介しているように、数学を履修しなくても慶應通信を卒業することはできます!

そもそも、慶應通信では次の2つに履修科目を分けることができます。
・総合教育科目:大学1・2年生に相当
・専門教育科目:大学3・4年生に相当

とくに、数学の履修を気にすべきなのが、大学1・2年生の「総合教育科目」です。

そのため、大学3・4年生の「専門教育科目」が履修メインの学士入学の方は、そもそも数学という科目がありません。

また、経済学部の専門教育科目でも、数学に関しては慶應通信・在学中に勉強していけば間に合います!

一方で、普通課程・特別課程で入学する方は、総合教育科目を履修する必要があります。

その総合教育科目の「自然科学分野」で、数学があります。

ところが、この自然科学分野は次の科目から、2科目以上6単位以上を履修すればOKの選択制です。

・統計学:4
・数学(基礎):2
・数学(微分・積分):2
・数学(線形数学):2
・地学:4
・物理:6
・化学:6
・生物:6
・心理学:4
など

どうですか?

数学を履修しなくても、高校時代に習った理科系や、文系の人が興味・関心の高い心理学でカバーできることが分かると思います。

私も、自然科学分野では、次の4科目で卒業所要単位を充足しました。

「統計学・地学・化学・心理学」

5. 履修した科目を全公開!

それでは、私が実際にどの科目を履修して慶應通信を卒業したのか。

一挙公開します!

まずは、大学1・2年生に相当する総合教育科目です。

この続きをみるには

この続き: 2,698文字 / 画像2枚

【卒業率3%!?】慶應義塾大学通信制課程で卒業にたどりついた11.5年の記録

ナオミ@慶應通信を卒業した人

2,000円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!