Jimmy

4年目のテスター。 いつかは戦力になりたいと思っている人。 好きなテストは探索的テストだけど、テスト技法を適切に扱える人に憧れる。 犬およびスヌーピーがすき。 このnoteの記事は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

Jimmy

4年目のテスター。 いつかは戦力になりたいと思っている人。 好きなテストは探索的テストだけど、テスト技法を適切に扱える人に憧れる。 犬およびスヌーピーがすき。 このnoteの記事は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

    最近の記事

    ソフトウェアレビュー勉強会 レビューワーク02~HDR法を使った仮説検証アプローチに参加してきました

    2022年8月25日(木)に開催されたレビューワーク02~HDR法を使った仮説検証アプローチに参加してきましたので、その内容を共有したいと思います。 おことわり今回のレポートは非公式なものであり、自分なりに整理したものです。 また所感の内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。 「こんなこと言っているんだな~」と思ってみていただければと<(_ _)> お伝えしたいことHDR法はトップレビューアの思考プロセスに着目したレビュー技法であり、

      • TEST Study #3「E2Eテストで実現する開発者体験」に参加してきました

        2022/8/9(火)に開催されたTEST Study #3「E2Eテストで実現する開発者体験」に参加してきました。 その内容について、すこし共有したいと思います。 おことわり今回のレポートは非公式なものであり、自分なりに整理したものです。 また内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。 「こんなこと言っているんだな~」と思ってみていただければと<(_ _)> TEST Studyって何なの?ForkWellとAutifyが共同で開催してい

        • ソフトウェアレビュー勉強会 レビューワーク01~レビュー目的の構造化に参加してきました

          2022/7/11(月)に開催されたレビューワーク01~レビュー目的構造化に参加してきましたので、その内容を共有したいと思います。 おことわり今回のレポートは非公式なものであり、自分なりに整理したものです。 また内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。 「こんなこと言っているんだな~」と思ってみていただければと<(_ _)> ソフトウェアレビュー勉強会ってなんなの?2か月に1,2回の頻度で開催される勉強会で、レビュー観点の導出方法や指摘の

          • 増田亨さんによる「設計の考え方とやり方」勉強会のイベント参加レポート

            2022/8/3(水)の19:30~21:00で開催されました「増田亨さんによる「設計の考え方とやり方」勉強会」に参加してきましたので、そのレポートを共有したいと思います。 おことわり今回のレポートは非公式なものであり、自分なりに整理したものです。 また所感の内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。 「そんなこと感じているんだな~」と思ってみていただければと<(_ _)> お伝えしたいこと今回の内容は開発者の人ではなくても刺さる部分があっ

            スキ
            1

            JaSST東北 x アジャイル札幌コラボイベント「テスト自動化の成功を支えるためのチームと仕組み」に参加してきました

            2022/7/7(木)に開催されたJaSST東北 x アジャイル札幌コラボイベント「テスト自動化の成功を支えるためのチームと仕組み」に参加してきたので、その内容を共有したいと思います。 おことわり今回のレポートは非公式なものであり、自分なりに整理したものです。 また所感の内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。 「こんなこと言っているんだな~」と思ってみていただければと<(_ _)> お伝えしたいこと本講演の資料が無料で公開されています!

            WACATEの招待講演(アジャイル時代のQAの在り方)を聞いて感じたこと

            今回は6/18,25に開催されたWACATE2022夏〜テストできないと言う勿れ〜の招待講演のお話を共有します。 簡単に講演内容を共有した後、自分なりに感じたことをお話します。 上流工程からテストを考えるワークをしてきたお話 WACATEの招待講演(アジャイル開発におけるQAの在り方)を聞いて感じたこと(←今回はこれ) 発表経験を通して感じたこと(まとめれば書く) おことわり今回のレポートは非公式なものであり、自分なりに整理したものです。 また所感の内容は私個人の意見

            上流工程からテストを考えるワークをしてきたお話 ~WACATE2022夏の参加レポート~

            2022年6月18日と25日の2日間で開催された「WACATE2022夏〜テストできないと言う勿れ〜」に参加してきました。 その参加レポートを複数回に分けて報告したいと思います。 今回はWACATEとは何かを簡単に説明した後、上流工程からテストを考えるワークを通して感じたことをお伝えできればと思います。 上流工程からテストを考えるワークをしてきたお話(←今回はこれ) WACATEの招待講演(アジャイル開発におけるQAの在り方)を聞いて感じたこと 発表経験を通して感じた

            コードレビューをテーマにしたLT会に参加してきました。ラクス主催イベント コードレビューLT会 Vol.2

            お久しぶりです。ジミーです。 今年最初の記事は、ラクス主催イベント コードレビューLT会 Vol.2の参加レポートです。 コードレビューLT会とは?タイトルの通り、コードレビューをテーマにしたLT会です。 参加目的自動テストスクリプトのレビューをした経験がありました。その時に、「こんなレビューで良いのだろうか」というモヤモヤがありました。 そのため、このイベントに参加し、他の方のレビュー方法を知ることで、何か活かすことはできないだろうかと思い、参加しました。 おことわり

            スキ
            2

            思いのまま書くふりかえり

            こんにちは、Jimmyです。 ふりかえり Advent Calendar 2021 15日目の記事です。 この記事では今、私がやっているふりかえりを共有したいと思います。 過去にやってきたふりかえりまず現在のふりかえりを紹介する前に、過去にやってきたふりかえりを軽く紹介します。 今までやってきたふりかえりは以下になります。 KPT(良かったこと、問題、次やること) YWT(やったこと、わかったこと、次やること) 3行日記(良かったこと、悪かったこと、明日やること)

            スキ
            2

            今までやってきたふりかえりをふりかえってみた

            いろいろなやり取りがあり、この度ふりかえり Advent Calendar 2021の記事で、今やっているふりかえりについて書くことになりました。 現在、記事を作成中ですが、その時にふと「今までのふりかえりってなんでうまくいかなかったのだろう」と思いました。 なので、今までやってきたふりかえりをふりかえってみました。 今までやってきたふりかえりふりかえりをしようと思ったきっかけはカイゼン・ジャーニーを読んだことがきっかけでした。(本をあまり読まない私でも2、3周読んだ本で

            やはり場数が必要 ~SaPID Vo.6の参加レポート~

            日本シリーズが終わり、若干燃え尽き症候群になっているJimmyです。 今回はSaPID club Vol.6に参加してきたのでその報告をしたいと思います。 SaPID culbとは以下にイベント説明文を載せておきますが、SaPIDを実際に使ってみよう!!というイベントです。 SaPIDとは以下の図のようなステップを踏みながら、改善活動を行っていきます。 この方法はいろいろな場で発表されているので、詳細はそちらを見ていただいた方が良いと思います。(参考資料に載せておきました

            スキ
            2

            全部テスト自動化ってできるの?~JSTQB TAEシラバスを読んで、テスト自動化を学んでみる Vo.6~ 1.1 テスト自動化の目的(5)

            日本シリーズの最中で、なかなか自己研鑽に取り組めていないJimmyです。 オリックスバッファローズの試合結果も気になりますが、引き続き頑張っていきたいと思います。 はじめに今回はJSTQBの1章のテスト自動化の制限について、見ていこうと思います。 タイトルでもありますが、テスト自動化はすべてのテストで導入できるのでしょうか。上の方からすべてのテストを自動化しろと言われることもあるかもしれません。 実際JSTQB TAEシラバスでは、テスト自動化には制限があるとしています。

            スキ
            6

            テスト自動化のデメリットは?~JSTQB TAEシラバスを読んで、テスト自動化を学んでみる Vo.5~ 1.1 テスト自動化の目的(4)

            こんにちは、意外と続くんだなと思っているJimmyです。 引き続き頑張っていきたいと思います。 と、言いながら日本シリーズを観戦してしまいギリギリなってしましましたね。。(来週まで続く見込み) 今回はJSTQB TAEシラバスの1章のテスト自動化の欠点について、見ていこうと思います。 【JSTQB TAEシラバス構成】 0.イントロダクション(完了) 1.テスト自動化の概要と目的  1.1 テスト自動化の目的(←この続き)  1.2 テスト自動化の成功要因 2.テスト自動

            テスト自動化するとどんな良いことあるの?~JSTQB TAEシラバスを読んで、テスト自動化を学んでみる Vo.4~ 1.1 テスト自動化の概要と目的(3)

            こんにちは、毎週投稿に疲れてきました。(いきなりこんなこと言っていいのか。。) が、「継続は力なり」ということで引き続き頑張っていきたいと思います。 今回はJSTQB AL テスト自動化エンジニア シラバス 1.テスト自動化の概要と目的に記載されている「テスト自動化の利点」について、見ていこうと思います。 【JSTQB TAEシラバス構成】 0.イントロダクション(完了) 1.テスト自動化の概要と目的  1.1 テスト自動化の目的(←この続き)  1.2 テスト自動化の成

            スキ
            3

            テスト自動化する理由ってなんなん?~JSTQB TAEシラバスを読んで、テスト自動化を学んでみる Vo.3~ 1.1 テスト自動化の概要と目的(2)

             こんにちは。 ちゃんとこのシリーズを継続できているな~と思いながら、記事を書いている今日この頃のJimmyです。 継続することも大事ですが、ちゃんと過去の記事修正も行っていきたいと思っています。 引き続きJSTQB TAEシラバスを読みながら、テスト自動化について学んでいきたいと思います。 はじめに 今回は、1.テスト自動化の概要と目的の続きになります。 主に、テスト自動化の目的について触れていきたいと思います。 【JSTQB TAEシラバス構成】 0.イントロダクシ

            スキ
            4

            いざやるとやっぱり大変だった。〜SaPID club vol.5 参加レポート〜

            こんにちは。 時間を確保次第、イベントに参加しているJimmyです。 今回は、SaPID club vol.5の参加報告をしていきたいと思います。 SaPID clubとは以下にイベントの説明文を載せておきます。 システム思考とデザイン思考のハイブリッド型アプローチである「SaPID」の解説や体験・実践、関連情報の共有を行う場です。 業種に寄らず問題発見解決、プロセス改善、価値創出(デザイン~実装)、チーム変革などを系統的に進めるアプローチで、説明を聞けば誰でも理解できる

            スキ
            1