見出し画像

不安の取りのぞき方

強迫神経症、不安神経症のわたしの
不安の取りのぞき方です

20代から強迫神経症、不安神経症と付き合ってきて
死ぬのが怖くて
何をするのも不安が先にあって
思うように行動できませんでした
これは、わたしなりの不安の消し方です
もし、わたしのような不安に襲われやすい人の
お役にたてたら幸いです

今 56歳
きっかけはヨガの先生の言葉でした

「感情は印象です」

そのヨガの先生の師匠のクラスでの教えに
「負の感情、例えば怒りも不安もエネルギーです」
「そのエネルギーを陽のエネルギーに変えて大切な人に
与えましょう」

わたしは新しく気付きました
感情はエネルギー、そして印象ということは
自分の核、自分自身とは切り離せるものだと

わたしは今まで、怒り、不安は自分が感じている
自分自身の気持ちだと思っていました
ヨガの先生によると
感情は自分の本質にまとった別のもの

そう思うと、感情のコントロールもできるかも?

実際のわたしの例として
頭の大きなオデキを取るための手術をした日
手術室で麻酔をかけられる寸前、不安になり先生に
「怖いです」と告げました
先生は
「このオデキは取った方が良いんだよね」と

わたしはハッっとしました
そうだ、自分はオデキを取るためにここにいるんだと

自分の向かいたい方向、なぜ自分はこうしたのか
この本質、本来の目的を思い返した時
不安は消えました

わたしは飛行機が怖くて長年海外旅行をあきらめていました
でも、日本の外を見たい、
そのためには飛行機に乗ろうと思った時、
その瞬間を楽しもうと思えるようになりました

人はいつ死ぬかわからない
明日かもしれないって思うと
今 やりたいと思うことを
不安という印象に邪魔されたくないなとも思えるようになりました

本当に困ったり助けが必要な時は
その時考えて他人にお願いするなりすれば良い
その時考えよう

とにかく、不安は単なる印象です
自分がどう行動したいのかを思い出せば
スッと不安な気持ちは消えます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれぴョ♡
6
心の整理のために ときどき書きます。