見出し画像

【2022年版】東京競馬場【攻略】コースデータ

ふくたんの競馬予想

東京競馬場コースの傾向を、過去のデータから攻略ポイントと穴馬を導きたいと思います。データは2017年~2021年の過去5年です。

東京競馬場のコース特徴

東京競馬場

1周2キロを超えるボリューム中央4場では最大且つ、JRA全10場でも新潟に次ぐスケールを誇ります。日本ダービージャパンカップなど多くのG1がココで行われますが、日本の競馬を象徴するコースです。結構ユニークな起伏が設けられていて、1角から向正面半ばまでの高低差が1.5m、そこからは下り勾配ですが4角手前から登りになって、ゴール前残り480m~260m地点が登り坂で高低差2mになってます。

中山や阪神と比べると勾配自体はなだらかですが、直線の長さが比較にならない程保たれてるので、スピードに加えてタフさも要求される、実力差が出易いコース設計になってます。

私は何度も現地訪問した事がありますが、コースはもちろん、場内の施設その他スケールが圧倒的に他場と違って、それこそ日本一の競馬場として世界に誇れる名競馬場だと思います。

この続きをみるには

この続き: 7,917文字 / 画像48枚

記事を購入

300円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!