見出し画像

【6】VRMアバター作成入門: UnityでVRMの出力 #VRM #アバター #b3d #3dcg #unity

今回はBlenderで作成した3Dモデルのデータを使用して、UnityというソフトウェアでVRMを出力します。

以下の動画のような作業をします。

Unity

Unityはゲーム開発用ソフトウェアです。

VRMを出力する際に必要です。

Unity Hubをダウンロードしてインストールします。

Unityのライセンスはいくつか種類があるのでご自身に合うものを選んでください。

画像1

Unity Hubを起動して、ユーザー登録を済ませると以下のような画面が現れます。

画像2

起動しているUnity Hubから最新のUnity2019をインストールします。

なお、VRMを使う目的のVRソフトウェア側でUnityのバージョンの指定がある場合はそれに従います。

画像3

そして新規作成の横の矢印から、インストールしたUnityのバージョンを指定してプロジェクトを作成します。

画像4

画像5

プロジェクトを開くと次のような画面が現れます。

中央の画面はシーンビューという作業用の3D空間の画面です。

画像6

マウス中央ドラッグでビューの平行移動
マウス右ドラッグでビューの回転
マウス左ボタンで選択
ビューの奥行移動はマウスホイールかマウス右ボタンを押しながらWASDキー

UniVRMのインストール前の準備

UniVRMの推奨設定に変更します。

ProjectSettingsからPlayerのOther SettingsでColorSpaceをLinearに変更します。

画像45

同様にProjectSettingsからPlayerのOther SettingsでScripting Runtime Version を.Net4.X equivalentに変更します。

画像46

これらの設定は下記ページで記述されています。

UniVRMのパッケージのインストール

この続きをみるには

この続き: 2,093文字 / 画像38枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

2020年以前の過去記事です。

または、記事単体で購入する

【6】VRMアバター作成入門: UnityでVRMの出力 #VRM #アバター #b3d #3dcg #unity

サンフラワーふじ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンフラワーふじ

良いねと思った場合サポートして頂けると励みになります!!!

ものを作って生きています。 https://sites.google.com/view/fujisunflower/home #b3d #Unity #youtube #krita #GodotEngine #kdenlive #Inkscape #Audacity