キリスト教のミサとユダヤ教の儀式殺人との関連性
見出し画像

キリスト教のミサとユダヤ教の儀式殺人との関連性

えふえふ
表紙:我が子を食い尽くす土星 1819-1823年 フランシスコ・ゴヤ作

何世紀にもわたって霊的な知識が激しく抑圧されてきたために、ほとんどの人が知らないだけではなく、ある種の真理を見ることができません。これが敵の征服方法です。魂に死角を作ることによって、霊的に武装解除されます。いわゆる「第六感」はほとんどの人に欠けており、それ以外の人には全く欠けている。

何百万人もの不幸な人々が、キリスト教やイスラム教のプログラムに騙されてきました。これらのプログラムの唯一の目的は、霊的な知識を破壊し、人類や地球上のあらゆる生き物を破壊するための嘘に置き換えることです。

ユダヤ教とキリスト教の聖書は、精神と「魔術」の力について信者に警告しているので、人は毎日そこにあるあからさまな嘘を見抜くことができません。

本来、寄生虫であるユダヤ人は常に異邦人を精神的な宿主として利用してきました…魂のコレクションを餌にしている異星人のグレイとなんら変わりはない。あなた方の多くはすでに「ユダヤ人の儀式殺人」に精通しています。ユダヤ教の祝日の間、トップのラビは異邦人の子供たちを誘拐し、彼らをエホバへの儀式の生け贄に使用します。子供はシナゴーグの秘密の奥の部屋に連れて行かれ、十字架に縛られ、そして子供がまだ生きていて意識があるうちに四隅[手と足]から血を抜き取り、この血をラビたちに儀式的に飲ませて、拷問で死なせます。この凶悪な行為は何世紀にもわたって繰り返し行われてきました。そのため、ユダヤ人は果てしないポグロムに耐え[異邦人がユダヤ人の村全体を虐殺した]、米国を除く世界のほぼすべての国から強制的に追放されました。すべての異邦人の種族によって、極端に嫌われました。これはほんの一例に過ぎません…ユダヤ人が犯した犯罪を延々繰り返すこともできますが、この説教の目的は、これらすべてがキリスト教の大衆や礼拝と、どのように結びついているかということです。

公共図書館の棚にあった本のタイトルがありました。タイトルは「汝、繁栄せよ」でした。これは聖書にも載っています。このタイトルはユダヤ人に関連するものでした。ほぼすべての人が、この人種が何世紀にもわたって持っていた信じられないほどの物質的な富、成功、そして力を知っています。これは彼らがオカルトの力を乱用した結果であり、このすべてがキリスト教に直接結びついているのです。

以前にも述べたように、ユダヤ教とキリスト教の聖書はユダヤ人の魔術の本です。詩篇やその数字など。これを知るためには、魔術、力の言葉、そして何よりもサブリミナルと精神の力がどのように機能して、操作者の意図を現実に顕在化させるためにどのように働くのかを知らなければなりません。

多くのユダヤ人の働きと同様に、サブリミナルは、エネルギーのリンクを確立するために必要な潜在意識の接続を行うために使用されます。これを知るには、魔術と精神の力について知る必要があります。これが、聖書が異邦人を本当に霊的なものから遠ざけるように警告し、働きかけている理由です…「魔女を生かしてはならない」や「火の湖で焼かれる」などについてのくだらないこと。また、精神の力を使ってこれを防ぎ、このようなことから簡単に怖がる人を怖がらせる呪いがあったことを、私は早くから指摘していました。

「私を食べて…私を飲んでください」
キリスト教の大衆と教会の礼拝の全体的なテーマは、人間の生け贄のシミュレーションです。ほとんどの人はこれを見ることができず、精神が壁に囲まれているために気づくこともできません。ミサや礼拝のたびに、ナザレンはユダヤ人への血の犠牲として十字架につけられているのです。私は、接続が確立されるように司祭によって使用された無限に繰り返されるフレーズをよく覚えています。「これはキリストの体です」そして愚かな聖体拝領のウエハース…信者が「キリストの体」を食べるところ。今、私たちはナザレンが十字架に釘付けにされたことを知っています。四隅は、ユダヤ人が犠牲に使う異邦人の子供たちとなんら変わりません。これは、ユダヤ人の儀式的殺人のエネルギーを煽るために必要なつながりを生み出し、ユダヤ人の人種に成功をもたらし、特に膨大な物質的富をもたらします。

カトリックのミサがあるたび[プロテスタントの場合も、テーマは同じです]これらの同じ聖句が、何度も何度も何度も何度も何度も、信徒の心の中に打ち込まれる
「彼が裏切られた夜、彼はパンを取り、あなたに感謝と賛美を与えた。彼はパンを割って弟子たちに渡していった:これは、あなた方のために捧げられる私の体である。」

「夕食が終わると、彼は杯を取った。彼は再びあなた方に感謝と賛美を捧げ、その杯を弟子たちに渡して言った:あなた方全員、これを飲みなさい。これは私の血の杯です。」

繋がりが分かりますか???これは紛れもなく人間の犠牲だ!!

人々は霊的に盲目になっているので、これを見ることができません。私は自分の心の中の壁を倒してきたので、あらゆる種類のものを見ることができます。ちょうど4週間前、私がいた店のスピーカーから宗教的なクリスマスソングが鳴り響くのを聞いたとき、これらの騙されたクリスチャンの愚か者たちが、いかに自分たちの呪いのために歌っているかを、私はとても露骨に感じました。必要な気晴らしを作り、犠牲者を混乱させるために、ユダヤ人はキリスト教徒に迫害されているふりをしてきました。彼らはキリスト教と対立しているふりをしています。壁が倒されれば、人な毎日目の前にあるものを見ることができます。聖書全体には、「ユダヤ人」「ユダヤ人の」「イスラエル」のいずれかの言葉とそれに関連する言葉がすべてのページに書かれており、これらのすべてをもって、ユダヤ人とその祖先は尊敬され、称賛されている。聖書はサブリミナルのテーマに従っており、旧約聖書ではユダヤ人とその神であるエホバによって異教徒が繰り返し征服されています。この征服と奴隷化のすべてのあとに、ユダヤ人の救世主ナザレンが登場します。ユダヤ人は生まれてから死ぬまでユダヤ人であり、これについての詳細はユダヤ人ナザレンを参照してください。

ユダヤ人のナザレンのキャラクターは蛇の魔力という概念から発明されたものです。これについての記事を読むには、ここをクリックしてください。繰り返しになりますが、多くの場合、作業が成功するためには、被害者の心の中に何らかの繋がりがなければなりません。ほとんどのクリスチャンは、エホバが最初から「殺人者であり嘘つき」であったことに気づくことができません。新約聖書は、ナザレンがその後、人間の生け贄となって…殺人的で血に飢えたサディスティックな「父」であるエホバのために殺害され、生け贄にされたと続けています。これはねじれた方法で、子供達の殺害に繋がる。子供の心は多くの場合、態度を形成し、人格を彩る限られた個人的な経験の中では白紙の状態であるため、子供は主な犠牲者です。キリスト教は、天使はもちろん不潔なカイク同様、子供を食い物にすることで悪名高い。彼らは、精神的な抵抗がほとんどまたはまったくないので、、子供たちのエネルギーを自由に使えることを知っている。

そして、これらすべては最終的に「キリストの再臨」であり、これは実際には、ユダヤ人の救世主の到来を実現するために、大衆の精神を介して異邦人の霊的なエネルギーと信念を導くことを意図したもう一つのデマです。

ユダヤ人のタルムードからの引用:
Simeon Haddarsen, fol. 56-D:「メシヤが来るとき、すべてのユダヤ人は2800人の奴隷を持つことになるだろう」。

ほとんどの人は上記のことをまったく知らず、これを見ることができません。私はすでに、ユダヤ人がオカルトの力をどのように使用しているかについて、別の説教で書いています:
JoSNewsletter / message / 385 以下はその抜粋です:

*****
以下のビデオ[誰もが見ることを強くお勧めします]は新しいものではなく、ユダヤ人がどのようにオカルトの力、暗示の力、サブリミナルを乱用して、潜在意識の繋がりを作り、現実に働きかけていることを露骨に暴露しています。銃乱射事件は、銃規制の制定を目的としたものである。以下にリンクされているビデオの著者のような多くの人々は、キリスト教のプログラムの騙された信奉者がユダヤ人の主人に提供するエネルギーを、餌にして指示しているユダヤ人の力がこのすべての背後にあり、見当違いの推測しかできないことをまったく知らない:サンディフックとバットマンの銃撃戦、映画「バットマン」と「ダークナイトライズ」で発表。

ユダヤ人のオカルト的な力の乱用は、ゲマトリアにそのツールがあります。911もそうでした…非常に露骨なものでした。何年か前に同僚が、20ドル札の折り方を教えてくれたのですが、その裏には煙に巻かれたツインタワーが見えるようになっていました。これについてはインターネットで調べてみてください、私はこれをもっているウェブサイトを検索する時間がありません。911の事件の後、突然、そのように折ることができる20ドル紙幣の古いバージョンが流通しなくなりました。偽造しやすいというデタラメな話を世間に広めたが、多くの人が折り方を知っていたため、あっという間に姿を消してしまった。20は、米国で使用および流通している最も一般的な通貨です。

他には大統領の暗殺などがあります。私は数年前にこれについて幾つかの研究をしました。リンカーンについての注意点と、名前、日付、および数字、そしてそれらがすべて非常に不気味な方法で組み合わさっているかについて。彼らのバージョンの魔術の使用を示しています。911はもう一つの露骨なもので、日付、フライト、数字、例えば「New York City」の11文字などです。これについて、あなた自身の研究をしてください。

*****
最後に、貧困は美徳であり、物質的な豊かさを否定するという自殺的な教義と教えは、ユダヤ人が繁栄し、すべての権力が彼らの手の中にあることを確実にするために働いています。これらの自殺行為のような教えは、非常に幼い頃から異邦人の心に打ち込まれ、根を下ろし、生涯にわたってさえ続くことを確実にし、貧困を確実にします。

ユダヤ人の立つムードからの引用:

Seph. Jp. 92, 1:「神はユダヤ人にすべての国の所有物と血の力を与えられた。」

Schulchan Aruch, Choszen Hamiszpat 348:「他国の財産は全てユダヤ人のものであり、その結果、ユダヤ人は何の問題もなく、それを押収する権利がある。」

Schulchan Aruch, Choszen Hamiszpat 156:「ユダヤ人が異邦人を捕らえているとき、別のユダヤ人が同じ異邦人のところへ行き、彼に金を貸し、彼を騙して、その異邦人を破滅させることができる。異邦人の財産は、我々の律法によれば、誰のものでもなく、最初に通過したユダヤ人はそれを押収する完全な権利を持っている。」

その裏では、ユダヤ人がキリスト教を推し進めているのですが、世界を欺いてそうでないと信じさせようとしているのです。私はこのようなことをいつも目の当たりにしています。クロスワードパズルの本のような些細なことでも、そのほとんどがユダヤ人作家によって書かれたもので、キリスト教とその不潔な聖書への言及が果てしなくあります。誰もがそれらの不潔なユダヤ人のキャラクターと原型を暗記して知っているようなものです。これが日常的に受け入れられている知識であることになっているように。



えふえふ
サタンは「真実」。主に『Joy of Satan』からの翻訳です。最重要関連ブログ:BLACK666ブログ https://blak666.blogspot.com