フォントかるた制作チーム

札に書かれている文言は全部同じ。書体の違いを見分けて、札をとる。 そんな「フォントかるた」を作っている制作チーム4人のよもやま話です。

フォントかるた制作チーム

札に書かれている文言は全部同じ。書体の違いを見分けて、札をとる。 そんな「フォントかるた」を作っている制作チーム4人のよもやま話です。

    最近の記事

    フォントかるたの拡張パックに新しい仲間が増えました!

    こんにちは、久しぶりのnote更新になりました。ご無沙汰しております(2号)。エイプリルフールではありません。 フォントかるた制作チームでは、2017年の活動開始からこれまで年に一度くらいのペースで、拡張パックを制作してきました。(拡張パックとは、基本のフォントかるた48書体セットでは物足りない、もっとたくさんのフォントを愛でたい!という方に向けて作った、各12書体を追加して遊ぶことのできる小さなパックです。拡張パックだけでも遊ぶことは可能) 2017年11月リリースの、

    スキ
    12
      • 秋のイベント情報・その2

        なんか時間経つのが早くないですか?もう秋は終わりですか?年末ですか? うそだー!どんどこどーん! というわけで、「フォントかるた」秋(〜冬)のイベント情報その2です。 目白押しです。 「マニアフェスタ×東急ハンズ2019冬」 11月15日(金)〜28日(木) 東急ハンズ新宿店2F いろんなジャンルのマニアが勢ぞろいの祭典だそうです。 フォントかるたもマニア認定されたのか?? どんなマニアが集まっているのか??わくわくしますね。 基本のかるた48書体を展示・販売します。制作チ

        スキ
        1
        • 『印刷雑誌』に寄稿しました

          突然ですが、『印刷雑誌』という雑誌をご存知でしょうか? 専門誌なので、あまり一般の方の目に触れることはないのかもしれません。創刊が大正7年(1918年)。なんと100年以上も!続いている歴史ある雑誌です。 その伝統ある雑誌の2019年9月号『文字もじMOJIの世界」というコーナーで、フォントかるたを取り上げていただきました!このコーナーは、文字や書体に関わるかたが毎回リレー形式で執筆されています。これまでが本当にすごい方ばかりなので、気後れしつつも制作チームの2号こと伊達が

          スキ
          4
          • 【イベントレポート】HELLO! New typeface Monotype小林章さん対談

            寒くなってきました。忙しい時期なので気持ちをキュッと引き締めて、ご飯をいっぱい食べ(これはいつも)、風邪をひかないように気をつけている2号伊達です。 今日は六本木ヒルズにあるmercariさんで、新しいタイプフェイスのお披露目があると聞いて行ってきました。タイプフェイスの名前は「Mercari Sans」。タイプディレクターは、Monotypeの小林章さんです。 小林さんと言えば、写研のご出身でヒラギノ明朝やAXISフォントの欧文を作られたことでも知られる、欧文タイプデザ

            スキ
            17

            フォントかるた拡張パックについて

            秋も深まり、かるた日和の今日この頃。こんにちは、制作チーム2号の伊達です。 さてさてフォントかるたと言えば、48書体を収録したこの基本パック。 どーん!これこれ。 基本パックの仕様や収録書体などについては、HPをご覧ください。 遊び方はこちら。 で、この基本パック。発売当初は「すげー」「頭おかしい」などと褒められて(違?)おりましたが、実はわりと個性的なフォントが多く収録されているため、上級者なら初見でもサクッと取れてしまいます。初めての方でも何度かプレイするうちにすっ

            スキ
            5

            【フォント考】ハロウィンのいたずらっ子フォントはどれ?

            秋の日は釣瓶落とし、と、先日子どもに言ったらば、まず「釣瓶」が何かを説明しなくちゃいけなくて苦戦しました。 こんにちは、フォントかるた制作チーム2号です。 われわれはハロウィンなんてものにまったく馴染みのない世代ですが、子どもたちが仮装して練り歩くのは可愛いものですよね。 今日はそんな子どものセリフ「Trick or Treat!」の日本語版「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!」に、ぴったりのフォントを探してみます。 まずこちら。子どもの字といえば、本当に小学一年生

            スキ
            4

            旅するフォントかるた(北海道編)

            さて、日ごろから首都圏からの脱出を企んでいる私たち。今週、2号伊達が大阪で、いくぶんアカデミックなイベントに参加しているその頃、1号せきねと4号横田は北の大地へ降り立ちました。 今まで、関西方面でのイベントに参加したことはあったものの、南関東を拠点にしているフォントかるた制作チームが北へ向かうのは初めてのことです。しかも北海道!! 朝ドラ舞台が北海道だったのも記憶に新しく、空からサイロが見えただけで大興奮の4号でした。 首都圏でのイベントではなかなかお会いすることのできな

            スキ
            7

            旅するフォントかるた(大阪編)

            フォントかるた制作チームのメンバーは、ふだん世を偲ぶ仮の姿(デザイナーであったり、着付師だったり、主婦だったり、お母さんだったり)で働いているため、どうしても活動は首都圏が中心になっています。 が、フォントかるたを遊んでみたいとか、こっちで紹介して欲しいとか、あるいは自分たちで「ここに持っていきたい!」「行ったことないから行ってみたい!」「美味しいものを食べたい!」「日常から逃れたい!」などなど、さまざまな理由をかこつけては、首都圏からの脱出を企んでいます。 (呼んでみたい

            スキ
            5

            秋のイベント情報・その1

            こんにちは、金木犀がいい香りの今日この頃。 猫のモフモフが恋しくなる今日この頃。 食欲の秋、読書の秋、そしてフォントかるたの秋ですね(そうか? 秋はイベントが目白押しです!今日はその第一弾で、お知らせが3つ。 1つ目。10月21日(月)に、札幌でフォントかるた大会があります。1号と4号が参ります。初めての方も遊べるよう準備しておりますので、ぜひお近くの方はお越しください。上記Googleフォームで申し込みが締め切られていても、Twitter(@font_karuta)、F

            スキ
            5

            FONTPLUS DAYセミナー vol21 [中村書体と筑紫書体]レポート

            こんにちは、フォントかるた制作チーム2号の伊達です。 昨日セミナーを受講してきましたので、今日はそのレポートを書きます。 へっぽこカメラマンゆえ写真があまりよくありませんが、資料も素晴らしくたいへん面白いセミナーでしたので、全部は無理でもその一片でも伝われば。 FONTPLUS DAYセミナーについてはこちら。 https://fontplus.connpass.com 今回は、フォントかるたでもおなじみの「ナール」「ゴナ」の書体デザインで知られている中村征宏さんと、こち

            スキ
            4

            【フォント考】悪そうなフォントはどれ?

            こんにちは、フォントかるた制作チーム2号です。 このところのニュースを見ていて、つい考え始めてしまいました。 「越後屋、おぬしも悪よのぅ」 「いえいえ、お代官さまほどでは…」 「ふわーっはっはっは」 っていうアレね。 で、アレのときに渡すアレ。 アレに合う書体って、何だろう? 時代劇なので、やっぱり手書き系。筆系のフォントがドンピシャでしょうか。 歴史ある感じの明朝やデザイン書体も試して見ましょう。 筆書体の「うたよみ」 これはなかなかの悪よのぅ…。犯罪色の濃いい感じ。

            スキ
            10

            【フォント考】Futuraに合う和文フォント

            こんにちは、フォントかるた制作チーム2号です。 2号以外のお仕事として、グラフィックデザイン、ライティング(照らす方ではなく書く方)、お母さん、おばちゃんなどをやっています。 今回の記事はちょっと長いです。 先日、海外の製品パッケージの日本語版を作りたいと相談を受けました。 未発売のものなのでイメージ画像を作りました。(実際にはもっとビジュアルが美しいし、こんな怪しい英語は書いてありませんが)こんな感じでテキストがバーンと出ているパッケージです。 使われているのは、アバン

            スキ
            35

            フォントかるたの始まりの話

            2017年1月7日、フォントかるたは生まれました。 この日はフリーランスのクリエイター仲間と、その家族などが集まって、新年会をやることになってました。 場所は新井薬師駅にある、昭和な家。ここは、フォントかるた制作チーム3号が共同運営する写真スタジオ&アトリエです。 今はビルの一階にありますが、当時はレトロな雰囲気たっぷりの長屋でした。 制作チーム1号が、新年会で遊ぼうと自宅のプリンターで試作してきたフォントかるたです。紙が薄いので、保護のためのスリーブに入れてあります

            スキ
            5

            神保町の奥野かるた店さまで取り扱っていただいています

            こんにちは、わたしフォントかるた。自分がデザイン用品なのか、ゲームなのか、わからなくっていつも悩んでいます😢 ってこともありませんが、デザイングッズとして、あるいはゲームとして、ありがたいことに、いろんなところで取り扱っていただいています。 見出しの、奥野かるた店さまは、かるたや百人一首、花札などを専門に扱う老舗。ご存知の方も多いと思います。 場所は神保町の駅から徒歩3分。いい場所です。そして2階のギャラリーでさまざまな展示を無料で観られることでも知られてます。 先日

            スキ
            3

            フォントかるたの遊び方(チラシ)

            公式ルール(チラシ) 48枚の取り札を場に広げます プレイヤーは3分間札をめくって、裏に書いてあるフォント名を確認・覚えます(覚えるタイム) 時間になったらすべての札をシャッフルします 読み手は読み札をよく切り、書体名と解説を読み上げます プレイヤーはなるべく早く札を取り、裏をめくって場に正解であることを見せます。とった札は裏返したまま手元に置きます 不正解(お手つき)だった場合は、札を表に戻し、そのターンはお休みします 最後の1枚を残して終了です。取った札が一

            スキ
            3

            こんにちは、フォントかるたです

            48枚の取り札に書いてあるのは、すべて同じ文言。しかしすべてフォントが異なります。フォント名とその解説を読み、そのフォントで書かれた札を取り合うかるたゲーム、それが「フォントかるた」です。 フォントかるたは、デザイナーであり働く母でもある4人のメンバー「フォントかるた制作チーム」にて制作、販売を行なっています。 このnoteでは、フォントかるた制作チームのメンバー1号〜4号が、それぞれの体験やフォント情報、制作にあたってのドッタンバッタン話などを綴りたいと思います。どうぞ

            スキ
            11