新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

テーマ投資にはどんなのがあるの?

FOLIOのテーマ投資は、「もしバフェットが日本株を買ったら」「キャッシュリッチ企業」「AI最前線」をはじめとする全80以上のテーマを取り扱っております。

今回、そのテーマの中から、6つを選んでご紹介します。

2020年3月中旬から下旬にかけて、コロナウイルスの影響で市場はパニック的な売りがあり、株価が急落しました。(※1)

しかしその後、時間の経過とともに、金融市場は落ち着きを取り戻しつつあります。

そんないまだからこそ、

・中長期目線で、いい投資タイミングであると期待が持てる銘柄
・比較的に長い期間に渡り、業績にプラス影響をもたらす可能性のある銘柄

を基準に、これらの銘柄を含んだ6つのテーマを選びました。

(※1……株式は今年に入り2020年1月20日に24083円の最高値をつけていた日経平均株価も、3月19日に16552円まで大幅に下落しました。今年1月から3月にかけての世界株は、3月20日までに21%の下落と、リーマンショックに揺れた2008年10月から12月(23%)以来の下落となりました)

▼中長期的に期待できるテーマ①②「5Gフェーズ1」「5G(次世代通信システム)」

5G(第5世代移動通信システム)は、「通信の超高速化」「機器の多数同時接続」などの新たな特徴を持つ次世代の移動通信システムです。

日本でも今春からドコモ、au(KDDI)、Softbankがスマートフォンでの5Gサービスをスタートさせました。そして将来的にはロボット、自動車の運転支援や遠隔医療など、あらゆる分野の産業構造の変化を引き起こす可能性を秘めています。

今回の株価下落により、5G関連の銘柄も下落しました。ただ、これから普及していくであろう5Gの経済的メリットやそれに関連する企業の、中長期的な業績は、拡大の期待が持てるであろうと考えられます。

FOLIOのテーマ投資には、5Gがリリースされ、普及に至るまでの初期フェーズに注目するならば①「5Gフェーズ1」、期間を限定しないで5Gに対して網羅的に投資をしたいのであれば②「5G (次世代通信システム)」という2種類があります。

画像1

※「5Gフェーズ1」のテーマはこちら!(LINEスマート投資ユーザーの方)
※「5Gフェーズ1」のテーマはこちら!(FOLIOのサービスユーザーの方)

画像2

※「5G(次世代通信システム)」のテーマはこちら!(LINEスマート投資ユーザーの方)
※「5G(次世代通信システム)」のテーマはこちら!(FOLIOのサービスユーザーの方)

▼中長期的に期待できるテーマ③「隠れ高収益企業」

日本には独自のビジネスモデルにより、同業他社の参入を許さず好収益を保持し、成長を続ける企業があります。

その収益性は、AppleやMicrosoft にも引けは取りません。

ただこうした企業の株価も、今回の株式市場の大きな混乱を受け、大きく下落しています。しかし中期的な視点に立ち、これらの企業に投資をし資産運用をするのもいい機会かもしれません。

画像3

※「隠れ高収益企業」のテーマはこちら!(LINEスマート投資ユーザーの方)
※「隠れ高収益企業」のテーマはこちら!(FOLIOのサービスユーザーの方)

▼中長期的に期待できるテーマ④「安定高配当」

株式投資のリターンは、「キャピタルゲイン(値上がり益)」と「インカムゲイン(配当収入)」があります。

株式市場が大きく下落している時に投資すれば、その両方の利益を獲得する可能性も考えられます。また、もし仮に、株式市場が回復しなかったとしても、配当が維持されれば、「インカムゲイン」を得ることができます。

当テーマでは、配当が減る可能性が比較的に少なく、配当利回りが高いと考えられる銘柄を選んでいます。

画像4

※「安定高配当」のテーマはこちら!(LINEスマート投資ユーザーの方)※「安定高配当」のテーマはこちら!(FOLIOのサービスユーザーの方)


▼長期的に業績好調と期待できるテーマ①「サイバーセキュリティー」

 今回の新型コロナウィルス感染拡大により、総務省も「テレワーク」の積極的な活用を推奨しています。

ただ、必ずしも、多くの企業がテレワークに適した環境を十分に整備できているとは言えない状況であり、今後、有事に「テレワーク」ができる環境を整えるニーズが高まると考えられます。

特に、会社外での情報システムを利用する機会が増えることで、セキュリティーの重要性が高まると思われ、セキュリティ関連銘柄は追い風になる可能性があります。

画像5

※「サイバーセキュリテイ」のテーマはこちら!(LINEスマート投資ユーザーの方)
※「サイバーセキュリテイ」のテーマはこちら!(FOLIOのサービスユーザーの方)

▼長期的に業績好調と期待できるテーマ②「生活防衛」

消費増税後、消費者の節約志向の高まりにより、商品価格に競争力のある企業の売上は好調に推移しています。

前回2014年の増税実施後の国内景気悪化局面での株価動向を振り返ると、100円ショップのセリアや業務スーパーの神戸物産、総合ディスカウントストアのドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの株価は、増税前に対して1年で平均約194.7%となっています(2014年3月末と2015年3月末の終値を比較)。

今回は、こうしたことに加え、新型コロナウィルス感染症による国内景気の悪化が想定され、生活防衛意識は、より長期間にわたり高まりやすく、好業績が続く可能性があると思われます。

画像6

※「生活防衛」のテーマはこちら!(LINEスマート投資ユーザーの方)※「生活防衛」のテーマはこちら!(FOLIOのサービスユーザーの方)


今回はFOLIOのテーマ投資で扱っている、全80以上のラインナップの中から「5G(次世代通信システム)」「5G(フェーズ1)」「隠れ高収益企業」、「安定高配当」、「サイバーセキュリティー」、「生活防衛」に関連した動向をお届けしました。

他にもFOLIOでは、「VR(仮想現実)」「ドローン」「アンチエイジング」などのテーマを扱っています。

■株式会社FOLIO 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。ご契約の際は契約締結前交付書面等の内容を十分にご確認ください。リスク・手数料の詳細はこちら
■本コンテンツについて・投資環境に関する過去の事実等の情報提供や、発行時点での投資環境やその見通しに関する当社の見解をご紹介するために株式会社FOLIOが作成した資料です。・個別の金融商品の推奨又は投資勧誘を意図するものではありません。・将来の運用成果等を示唆又は保証するものではありません。投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。・掲載した時点の情報をもとに制作したものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、株式会社FOLIOはその内容に関する正確性および真実性を保証するものではありません。・本メディアコンテンツ上に記載のある社名、製品名、サービスの名称等は、一般的に各社の登録商標または商標です。
ありがとうございます😉💋
9
フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://story.folio-sec.com/n/nf6d2315f1a8c

この記事が入っているマガジン

FOLIO STORY
FOLIO STORY
  • 107本

フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 ここではFOLIOからのお知らせや、投資に役立つニュースなどをお届けしていきます。 https://folio-sec.com 株式会社FOLIO 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号 加入協会: 日本証券業協会・一般社団法人日本投資顧問業協会 株取引においては株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。リスク及び手数料については https://folio-sec.com/support/terms/transaction-fees をご参照ください。