画像1

vol.1 数々の失敗と挫折を経て行き着いた終着駅、スピリチュアル系ビジネスとそのコツ

サウザーの白熱教室 遠隔ヒーラー結良
00:00 | 00:30

※試聴版。オリジナル版(59:44)は購入後に視聴可能。

第一話。(全四話)

さて、遠隔ヒーラー結良のインタビュー。

まず、オーディオブック全体の話をすると、スピリチュアル商売をしている人間の実像、と言うことになる。

遠隔ヒーラー結良の、リアル世界における人間性・社会属性は具体的にこれこれで、こんな人生を生きていて、どう言った目標を抱いているのか、つまり、舞台の裏側のぶちまけ話、と言うことである。

スピリチュアル商売をしている『スピモード』の結良は、全知全能の神の化身、全ての悩める女性の心の苦しみを100%癒やす事のできるカリスマヒーラーなのである(※誇大表現あり)が、実際のリアルの人間は、うだつの上がらない勤め人だ。どこにでも居る田舎の若いニイちゃんである。

んで、遠隔ヒーラー結良の経歴のポイントは以下の通り。

新入社員時代に上司から執拗な職場いじめを受け、若くして勤め人卒業を固く決意、さまざまな商売を手がけたくさんの失敗を経験し、資本主義世界で勝ち上がるためのコツのような物をもうほぼ体得し終え、あとはそれを形にしてゆくだけの段階に居る。何を隠そう僕の不動産のコンサル生だ。(※2018年の福岡セミナーで秘密裏に募集、少人数とはいえ直接教えるのは僕の負担が大きい仕事で、もう募集はしないです)

ところで、スピリチュアル商売と言うと、釈然としない人も多いと思う。

僕もその中の一人である。

なぜならスピリチュアル商売は、嘘つきだからだ。

しかしながら、この複雑な人間世界には様々な価値観や思想を持った人が居る。

『嘘つきは悪、真実は善』

と、きっぱり割り切れるものではない。

人にはそれぞれ色んな事情と背景がある。中には、いや、結構多くの人々が、真実と現実をそのまま受け止めるのが辛すぎると言う人生を生きているのである。

かつて我が国に、親鸞聖人という大宗教家が出ましてな、その親鸞聖人の教えは実に単純明快なものでした。

「南無阿弥陀仏と唱えれば極楽に行ける」

と。

「ホンマかいな?流石に念仏しただけでは極楽に行けんやろ?何か他にやることあるんちゃうか?」

と、疑問に思った人がありました。

唯円坊という京都のお坊さんで、どうしてもその疑問を解消したくて越後(今の新潟)に住んでいる親鸞聖人をはるばる訪ねて、質疑応答をしたのでした。

その問答の記録が、歎異抄(たんにしょう)という本になって今にも伝わっているんだが、親鸞聖人は何を聞いても

「南無阿弥陀仏を唱えるだけだ、本当だ」

と言う答えををずっと繰り返しているのでございます。

現代風にたとえるならば、

オナ禁する必要はあるのか?

いや、南無阿弥陀仏を唱えるだけで大丈夫。

資本を蓄積して不動産を買えば経済的に豊かになると聞いたが?

いや、そんなものは必要ない、南無阿弥陀仏を唱えるだけでいい。

自分の商品・サービスを作り出し、ビジネスモデルを組むことが大事だと言う奴も居るけど?

いや、商品なんか要らない、南無阿弥陀仏を唱えるだけだ。

人を殺したり、物を盗んだ奴は地獄に落ちるんじゃないか?

いや、人を殺しても南無阿弥陀仏を唱えれば仏様は間違いなく救ってくれる。

女にモテたい、セックスしたい、お金欲しい、どうすればいい?

南無阿弥陀仏を唱えましょう、さすれば、死んだ後に極楽で金、女、いくらでもできる。

お腹が空いた。

南無阿弥陀仏と唱えれば死んだ後たらふく食える。

病気を治して欲しい。

南無阿弥陀仏を唱えればきっと病気は治る。

とまあ、こんな調子の問答が繰り返されるのである。唯円坊も、なるほど親鸞聖人の教義は本当に「南無阿弥陀仏を唱えるだけ」なんだとようやく納得し、地元に帰って檀家さんたちに説明をしたのでありましたよ、と。

論点を戻す。

南無阿弥陀仏を唱えるだけで極楽に行ける、なんて嘘っぱちだ。

大嘘だよ、ぶっちゃけ。

実証できないものは信じない。これがリアリズムの基本的な態度。

しかし、南無阿弥陀仏を唱えるだけで極楽に行けると信じて、『実際に』幸せになれてる人々を前にするや、リアリズムとはたいそう無力である。

むしろリアリズムは、嘘でも良いから幸せになりたいと言う『スピリチュアルな』精神構造を持つ人々を、『実際に』不幸な気分にさせてしまう。

残念ながら、そこに圧倒的な現実が聳え立っていて、リアリストは、現実主義の精神によってこの現実を謙虚に受け止めなければならぬのである。

スピリチュアルが、ある種の人たちを間違いなく幸せにしていると言う事を。

この皮肉な構造があるゆえに、僕は、『嘘=悪・真実=善』と言う単細胞な二元論を脱し、スピリチュアル商売のインタビューを行った次第である。

言っておくが、僕にはこの商売は出来ない。

スピモードになると、笑っちゃう。んなわけあるか!笑と自分にツッコミを入れたくなる。だから出来ない。

出来ないがゆえに、否定から入りたくもなる。正義ヅラして、テメー嘘つき野郎!と非難することは非常に簡単だ。

だが、忘れてはいけない、人間と人間の住む世界とは複雑なのである。

「ならばお前が今この場で、目の前の疲れた中年女性を幸せにしてみろ!」と言われたとしたら、僕には何も出来ない。僕は無力だ。

そもそもメンタルの弱った女性の相手っつーのが僕にはちょっと無理。負のオーラもらっちゃうの勘弁って感じで。

しかし、遠隔ヒーラー結良にそれはない。

遠隔ヒーラー結良に良心の呵責は一ミリも無い。

遠隔ヒーラー結良にはただ愛があるだけだ。

そして、結良は、メンタルの弱い女性が大好きである。

厳しい現実世界に傷つき、癒しを求めて彷徨う女性たちに、今日も愛を届けている。

遠隔ヒーリング、占い、パワーストーン、パワースポット、ヒーリングソルト、などなど、遠隔ヒーラー結良の思いつく商売のことごとくが「スピリチュアルな女性」をターゲットにしたものばかりである。

僕は僕で、インターネットラジオ、オーディオブック、書籍(執筆中)、男性用基礎化粧品(準備中)、懇親会付きセミナー、など、サウザーとして手がけるビジネスのことごとくが「前向きかつ現実主義の男性のみ」を想定顧客に置いたものばかりだ。

人それぞれ、人生いろいろ、なのである。

自分の顧客は誰なのか?と言う事と、顧客が定まったらそこから出ない、言う、ビジネスモデルを組むにおいて最も大事なことを説明するインタビュー、と言うのも重要な要素となる。

遠隔ヒーラー結良によるスピリチュアル世界の解説は、vol.1でほとんど終わる。コンテンツ的には極めて底が浅い。本を2〜3冊読み、その本の通りにヒーラーを演ずるだけだ。
(※売れてるスピ本をチョイスする事がコツと思う。クソみたいな本が70万部とか売れててマジで言葉を失うけど、選ぶべきはそう言う読者の裾野が大きな本だ。そして、本の著者が創出した『信者さん』を相手に、横から割り込んで類似の世界観の商品を売るのである、ああ、ぶっちゃけてしまった、、)

顧客開拓の方法とか、商品の製作、ビジネスモデルの構築も、非常に簡単。このあたりの具体的な方法については、拍子抜けするぐらいシンプルなのだが、解説はオーディオ本編に譲る。

あとは、僕からの注意点。このオーディオを聴いた人は、くれぐれもスピ商売舐めないほうがいい。

各々独自の創意工夫を盛り込まないといかに楽勝極まるスピリチュアル商売であっても、生き残ってはいけない。『顧客』に選ばれない限り続けられないのである。是非とも、より良い『サービス』を作り出してほしい。

結局は、顧客への愛だろうね。愛さないと愛されない、的なね。

そして遠隔ヒーラー結良というアカウントは、実は、それまで順調に商売させてくれていた某大手プラットフォームの規約変更により突如BANされております。リスナー各位におかれましては、BANされない工夫とか、プラットフォーム依存を脱した独自ブランディングとか、それぞれの対策を講じてください。

後半では、コンテンツ商売であぶく銭を得た結良が、不動産投資を開始して自分の財政基盤を固めてゆく道筋、具体的な勤め人卒業への道筋を描く、というクソみたいに現実的な話をしております。

どんなやり方であれ先に資本を作る。資本を作ってしまった奴が強者になる、という資本主義の圧倒的な現実を感じ取れる仕上がりになってますわ。

これという副業を探している人、精神の売春(w)を厭わない強者に、このオーディオを捧げます。


聖帝



【オーディオブックの正しい使い方を伝授する】
1.集中して聴かない。オーディオを聴くための時間をわざわざ取らない。スキマ時間や作業時間に『ながら』で聴くのが正しい使い方である。
2.ぼけーっと繰り返し聴く。聴き返すたびに毎回聴こえ方が違うぞ、とか、刺さる言葉が違うぞ、と思ったならそれは良い聴き方。一回で全部吸収してやろう、と言うのは悪い聴き方。
3.PCのnote.muサイトからMP3ファイルをダウンロードする。itunesその他で、スマホに同期する。電車や車での移動中、家事の最中に聴くのが良いと思う。ストリーミング再生で聴くのはあんまりおすすめしないかな。

vol.1 数々の失敗と挫折を経て行き着いた終着駅、スピリチュアル系ビジネスとそのコツ

左右座

1,680円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17
僕の名前は左右座。誰よりも愛深きゆえに愛を捨てた男。恋愛工学戦士。非モテのお前たちに恋愛工学テクノロジーの精髄を伝授する。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。