マイ・フェイバリット・ジャンルを見つけた話〜【OxygenNotIncluded】 酸素は含まれていないが脅威はもりもりで積んでおります〜

一口にゲームが好き、といっても様々なジャンルが存在する。RPGが好きな人もいればFPS大好き、対戦ゲーム大好き、RTSが好き、などだ。

得意であれ不得意であれ、誰しも好きなジャンルはあるだろう。

つい最近、新しいフェイバリットなジャンルを見つけてしまった私の話をしよう。メインはOxygenNotIncludeである。

コロニーシムとの出会い〜サバクのネズミ団 改

最初に見つけたのは、アークシステムワークスの100円セールの中の一本だった。妙にかわいいキャラとマス目で区切られた船に設備を埋めていくというシステムが私の心をくすぐった。

そのゲームはネズミたちを指揮して素材を集め、設備を整え、設備を利用して製品を作り、その製品を集めて新しい設備を作り、と繰り返していく。

たとえば 拾ったスクラップからネジや鉄板を取り出し、鉄板から歯車を作り、歯車とXXを使って・・・と繰り返していく。

最終的に大きな船を作り、黄金郷を目指していくのである。

ときにはエネミーに襲われることもあるが、武器を積んで吹き飛ばす以外にも、フネにエンジンを複数積み、素材と人員をフルで突っ込んでチューンナップして速度を上げ、相手を振り切るという戦術も可能だったりする。

素材はフィールドで無限に手にはいるし、寝床があればネズミは勝手に増えるし、どんだけやらかしても(フネは壊れるし気軽にネズミは死ぬし食料がなければネズミは何でもかんでもたべてしまうし、お金はなくなるが)スタート地点に戻されて立て直しが可能である。

気軽にチャレンジしよう。少なくともこのゲームで支払った100円の価値は大変に大きかった。元の値段でも普通に買ってたと思う。

行き着く先はコロニー崩壊〜Oxygen Not Included

次に出会ったのはOxygen Not Includedである。サバクのネズミ団が面白かったので同系統のオススメを聞いた時に紹介された。

ネズミ団を遊んだ直後くらいにどうぶつの森があったので、しばらく間が空いた。どうぶつの森も落ち着いてきて、気軽に遊ぶ盆栽みたいなゲームを増やそうと思って買ってみた。

結果、盆栽どころではないコロニー運営が始まった。

OxygenNotIncludeはいきなり惑星の地下に飛ばされてしまったデュプリカント(複製人間)たちを導いて生き延びる、ゲームである。

惑星は複数存在し、バイオーム(森、温暖、塩、苛性などの地質構成要素)の構成や温度などがそれぞれ違う。食料に恵まれているが水が手に入りづらい星であったり、電気には困らないが食料に困る星だったり、ほとんどの星では暑さが問題になる中、氷に包まれているが故に熱を求めて行動しなければいけない寒い星だったりと多岐にわたる。また、惑星のシード値を記録することで、同じ惑星に再チャレンジしたり、他の人に同じ惑星で遊んでもらうことも可能である。

向こうから人間を襲ってくるエネミーだとか、黄金郷のような明確な目的地は存在しない。

だが、無数の脅威がこちらを襲う。

脅威そのいち:トイレが足りない

デュプリカントたちは総じて頑丈で、多少のことでは死にはしない。

だが、ものを食べて排泄物をだす。

排泄物は適切に処理されなければ病原菌を振りまくし、トイレで排泄したとしてもデュプリカントには病原菌が付着しているので洗面台も必要だ。

ゲームが始まって最初にすることは、トイレと洗面台を作りおもらしをせず、食中毒にならない衛生環境を整えることである。

脅威そのに:酸素が足りない

デュプリカントたちは総じて頑丈で、多少のことでは死にはしない。

だが、呼吸ができなければ死ぬ。

そして、酸素を吸って二酸化炭素を吐く。酸素は生存に必要な資源なのだ。

そのため、設備と資源を利用して酸素を用意しなければならない。なお、酸素の生成設備には対応した資源が決まっていて、惑星ごとに手に入る資源も違う。その星でできるだけたくさん手に入るもので酸素供給することを考えなければならない。

なお、二酸化炭素は二酸化炭素で活用先の存在する立派な資源である。

脅威そのさん:食料が足りない

デュプリカントが生きていくためには食料が必要だ。たとえ、それが土と水を押し固めた最悪な食べ物だったとしても。

だが、水と土も稀少な資源。植物や動物を育て、卵を獲得するなどして少ない資源でより多くのカロリーを獲得する必要がある。

土と水を栄養にしてる暇があるならその土と水で作物を育てたほうがいいのである。栄養効率の良い作物は育成条件が厳しく、専用の環境をいち早く整えねばならない。

整えられなければどうなるって・・・?そりゃあ・・・。

なお、細菌の概念が存在するので衛生管理も適切に行いましょう。一番手っ取り早いのは二酸化炭素に食料箱を浸すこと。特定の気体の中では病原菌は活動できないのだ。

脅威そのよん:水が足りない

デュプリカントは生存に水を必要としない。

だが、トイレと洗面台で水を使用するし、設備を解放するためには水が入る。まともな農業や酸素生成のためには多くの水が必要だ。

水がなくなるとどうなる?まず最初に酸素がなくなる。じわじわとデュプリカントたちが使える酸素が減っていく。

脅威そのご:惑星温暖化

デュプリカントはある程度の温度で生息できる。もちろん過度な場合は調子を崩したり死んだりするけれど。

だが、動植物はそうは行かない。ある程度の高温になるとバッタバッタと死んでいく。

そして、あらゆる設備は熱を出す。電気を使えば熱が出るし電気を作れば熱が出る。つまりどういうことか? ある程度安定化したコロニーは温暖化の対策を取らねばならない。安定化したということは利用する設備の規模が大規模化し、つまりは発生する熱も増えて入る。この熱をどのように処理するかが200サイクル(とりあえず目標らしい。筆者はまだ未達成)のためへの第一歩なのだ。今まで一番うまくいったときは熱を処理しきれなかった。

そして、コロニーは崩壊した

一度崩壊を始めると、概ねなんともできず、崩壊を見届けることになる。見切りをつけて最初から始めることになるかもしれない。初めてだと概ね酸素生成がうまく行かないんじゃないかな。

だが、セーブデータは細かく取られており、簡単にしばらく前のデータに戻ることができる。問題の要因が特定できているなら、その問題の発生前に対策を打つことで回避できるかもしれない。最初はなぜダメだったのかわからないことも多いが、各設備やスキルの活用方法を知っていくことでよりよく運営できるようになっていく。

気長に、そして気軽にチャレンジしよう。

まだ見ぬ出会い

同系統のゲームとして、RimWorld、FTLというタイトルがあるという。今度試してみようとおもう。締め切りに間に合わせるために急いで書いたので画像を貼る時間がなかった。気力があれば画像を埋め込んでみたい。

また、筆者はジャンルそのものに出会ったばかりだ。もしおすすめのタイトル等あればゲーキャス鯖で教えてもらえればとおもう。

いや、マジでお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。