無題1

ネットで誹謗中傷を受けた場合の確実な証拠の残し方

ツイッターで見ず知らずの人から誹謗中傷を受けた。どうしても許せなくて裁判に訴える場合、確実な証拠が必要となる。

ではどうやって確実な証拠を残すのか?まずスクショを保存する。でも仮にあなたが訴えられる側だったら「捏造でしょ?」と反論できるよね。中立公平な第三者によって証拠能力が保証された証拠が必要!そこでインターネット・アーカイブを使う。使い方は簡単。まずインターネット・アーカイブにアクセスする。

こんなページが出てくる。それで赤丸部分に保存したいページのURLをコピペして挿入する。

それから横のSAVE PAGEを押す。

保存が始まる。ちなみに保存しているのは私のツイッターのトップページ。

保存が終わったらトップに戻って保存したページのURLを挿入して確認。カレンダーにある日時をクリック。

ポップアップで詳細な時刻まで出てくる。

保存されたページが表示される。このページは2月18日12時43分の状態で保存されている。これだと簡単に改変できないから証拠能力はばっちり。念のために自分でもこのページのスクショを保存しておくと完全だね。簡単だから試してみるといいよ。

もちろんこの方法も万能ではないけれど、簡単にできてかつ有効な方法となるとこの方法がベストかもしれない。もし他にも良い方法があるよという人はコメント欄に書き込んで下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!サポートはさらなる内容の充実によって読者に100パーセント還元されます。

mollia tempora fandi
26
大統領研究者@阪大。アメリカ史の案内人。