【FC琉球】J2 第30節 vs FC岐阜

1万人祭りと銘打ったこの試合、相手は最下位のFC岐阜。アウェーでは黒星をつけられた相手に対し、是が非でもホームで勝ち点を積み上げ、降格争いから抜け出したいところ。

前半

・「スポンサー様これからも宜しくお願いします」感ある毎年恒例お祭りスタメン

・DF登録選手をベンチに置かないリーグ最多失点を誇る俺たちの琉球

・困った時のソンスン右SB発動の予感がするが守備の軽さは折り紙付き。

・樋口監督「セットプレー対策してきました」は全サポーターに効く良薬

・西河&福井はJ2屈指のチャラチャラCBコンビ。

・トメルケール教の風間弟は岐阜からのレンタルなので出場できず。兄はベンチスタート

・急に3センター大丈夫??

・小野の「試合は君に任した」としか監督にオーダーされていない様な動きに不安を感じ始める前半5分。上里とポジションも役割も被りまくる。

・何でもない競り合いをそらす福井。徳元が慌てて対応しようにもこれは予想外過ぎた。失点。まあカバーリングを怠った徳元にも非があるが福井がひどいっす。

・給水を挟んでようやく小野が前目にポジショニングする。それそれ。

・岐阜は守備時に全く前に出てこない。「琉球相手には前プレせず自軍でブロックを組む」はJ2勢の共通理解である。そして正解である。

・失点のショックからか小松が一心不乱にサイドチェンジしまくるも精度を欠く。成功しても西岡バックパスが全てをチャラにしてくれる

・西岡からあふれ出る「ワンツーさせてくれよ」は無常にもリトリートする相手には攻めあがるスペースが無い。ワンツー以外に選択肢有ると嬉しい。

・FW前田欲しい。ついでに徳島からバイスも欲しい。

・解説から「琉球は集中力を欠いている」と野次られるし実況も「岐阜の守備は集中しています」と散々。集中力は視認できるらしい。

・解説者がピッチ内の出来事を「集中力を欠いている」で片づけるのは乱暴過ぎない??

・中央を閉じる相手にブロック外でパスを回し続ける琉球。攻め手が無いのはいつも通り。

・上里は今日も長短のパスを使いながらゲームを組み立てる。時にはDFラインに下がってサリーダ・ラボルピアーナをしたりするが攻撃の仕組みはあまりきちんと構築されていないので、どう組み立てるかは彼の気分次第というのが俺たちのサッカー。上里の縦パスしか期待できないのは地獄である。

・西河の心温まるダメダメポジショニングから2失点目。福井の寄せも甘かった。

・「なんで出てこないんだよ」

後半

・選手交代無し。

・頼みの徳元は試合勘がヤバそう。コンディションが万全で無いかもしれない。

・ブロック外でパスを回し続けるのさすがに見飽きた。

・ここら辺で久しぶりに俺たちの田中恵太をみたい。田中恵太ダイブは久しく見ていない。こういうごちゃごちゃした展開だと人情味あるレフリーが「微妙だけど吹いとくか」でPK奪取出来そう。

・小松に代えて上原を投入。え?小松?小野じゃないの、は大人の事情である(知らんけど)

・上原INを合図に堰を切ったようにハイボールを上げまくる西岡。
どうやら、攻め手が無い→上原目掛けてハイボール は最近の琉球スタイルらしい。ボルトンよろしく由緒正しきオールドイングリッシュスタイルであるが、一度もいいねした事はありません。

・てか岡崎どうした?

・ハモン投入。その日の気分で守備をしがちなブラジル人かと思いきや、しっかり守備にも精を出す好青年。ボール持った時の何かする感は異常だし本当に何かやるからクラッキ。先発で観たかった。

・わちゃわちゃわちゃから上里が「これしかない」感で決めて琉球が一点を返す。

・小野OUT→トメルケール教、風間兄投入。遅い。

・小野伸二はこれくらいのチームで自由に小野伸二してた方がみんな幸せかもしれない。怪我には気を付けて。

・オフェンスもオフェンスだがディフェンスも守り方が守備陣のコミュニケーションだけで成り立っている気がしてならない。

・試合終了。
客席から怒号が聞こえた。

雑感

鹿児島戦、もし負けるような事が有れば降格待った無しな状況に追い込まれた。監督とフロントが上手くいっていないのが透けて見える選手の入れ替えに加え、シーズン終盤とは思えない試合内容は悲壮感たっぷり。CBの整備が急務だが新加入ダニエルの実力は如何に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3