36歳のエキナス第3回 テーマソングの話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

36歳のエキナス第3回 テーマソングの話

<前回までのあらすじ>

「まぁ、いろいろ世の中大変だったし、エキナスも大変だっし、走り続けてきたらなんか10月になってしまっているし、でも2020年のうちにきちんと言葉にしておこうね」ということで新創刊の話をします。

前回、「つくるのもしんどい状況」と書きましたが、あれから調べてみるとなんとコロナ禍では250誌以上が合併号や刊行延期となったそうですね(引用1)。改めてエキナス制作にかかわってくださっている方、すべてに感謝です。

<引用文献>1.全国出版協会ホームページ:2020年上半期(1~6月期)の出版市場を発表 紙+電子は2.6%増の7,945億円。紙が2.9%減、電子が28.4%増.https://www.ajpea.or.jp/information/20200727/index.html

<前回までのあらすじ終わり>

さて、みなさんは、仕事をするときの「テーマソング」みたいなものがありますか? なんだそれ、と思うかもしれませんが、やる気を出したり、集中力を高めたり、そういうものです。

このnoteを書いているわたくしはといいますと、かなり前から、かなり意図的に、「それぞれのプロジェクトに対してテーマソング」を設定しています。その曲を聞いたら、その仕事のことを考えるように仕向けつつ、気分もあげていく、という効果を狙っています。これは結構オススメです。

ちなみに今月発売の11月号のテーマソングは、これでした。みんな仕事終えて早く家に帰ろう。

で、話は新創刊に戻ります。じつは、新創刊の作業しているときは、ずーっと一つの曲をイメージしていて、その歌詞の一部を頭の中に置いていました。

雑誌にできることはまだあるかい?

元の曲がなんだかはもう語る必要もないと思いますが、ずーっとRADWIMPSがピアノを弾きながら、脳内で語りかけてくるのです。雑誌にできることはまだあるかい?と。

そして私は頭の中で答えるのです。

雑誌にできることはまだあるよ

僕にできることはまだあるよ

頭の中だけではなく、有言実行、雑誌にも書いています(エキスパートナース2020年3月号)。

画像1

そう、4月号はこの問いへのアンサーソングだったわけです。

11月号の刷り出しが出てきたので今日はここまで。明日は、なぜこの問いが必要だったのかという話をします。

画像2

(トップ画像の全容。ポスターです!)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
照林社の看護専門学習誌『エキスパートナース』編集部です。 雑誌は毎月20日発売、増刊号年3回。 http://www.expertnurse.shorinsha.co.jp/