遠藤崇史 / ENDoDo

LINE Fukuokaで福岡をスマートシティにする仕事をしてます。 LINE公式アカウント、LINEミニアプリに精通してます。これまで多くの企業のLINE公式アカウントを作ってきたので備忘録がてらまとめていきます。

遠藤崇史 / ENDoDo

LINE Fukuokaで福岡をスマートシティにする仕事をしてます。 LINE公式アカウント、LINEミニアプリに精通してます。これまで多くの企業のLINE公式アカウントを作ってきたので備忘録がてらまとめていきます。

    最近の記事

    LINE NotifyによるRSS連携

    こんにちは!ENDoDoです。 今日はLINE Notifyについて紹介しようと思います。 このサービス、実は2016年ぐらいからあるんですが、当時は「LINE=友だちとコミュニケーションするためのもの」ぐらいのイメージでそんなにフューチャーされてなかったかなという印象です。 近年LINE公式アカウントや最近のLINEミニアプリの登場で、LINEもコミュニティとしての立ち位置だったり、アクセスを簡略化するためのものといった使われ方がで始めて、個人的にもこのサービスに再注

    スキ
    6
      • 認証プロバイダーになろう

        LINE Debelopersの枠組みLINE Debelopersの世界は以下のように構成されており、大きく分けて3つの枠組みが存在します。 ①Developer(開発者)自分のアカウントを指します。いわゆる開発者自身です。 ②Provider(プロバイダー)こちらはグループや企業組織を指します。 ③Channel(チャネル)LIFF(LINE Front-end Framework)アプリを作ってみるでも触れていますが、以下のようなLINE Developersが提

        スキ
        3
        • LINEミニアプリってどうなの?

          LINEミニアプリとはLIMEミニアプリ(LINE Mini app)は公式サイトでは以下のように説明しています。 LINEミニアプリは、ライフスタイルにおけるさまざまなニーズに応えるサービスを、LINE上で提供できるウェブアプリケーションです。 LINEミニアプリを活用することで、企業はユーザーに“快適なサービス体験”を無償で提供できると同時に、 オフラインとオンラインを横断したユーザーデータの取得が可能になります。 主な特徴としては、以下のところがあります。 ①LIN

          スキ
          5
          • LIFFとウェブビューの違い

            仕事をしていると、よくLIFF(LINE Front-end Framework)とウェブビューって何が違うの?という質問をされることがあります。 「どっちもウェブページを表示するだけでしょ?」 この理解では非常にもったいないです。LIFFをしっかりと理解することで、そのえげつないメリットに気づくことができます。 ただ社員でもその利点をちゃんと説明できる人は非常に少ない気がしています。それぐらいわかりづらい機能なのも事実です。 LIFF(LINE Front-end

            スキ
            11

            LIFF(LINE Front-end Framework)アプリを作ってみる

            LIFF(LINE Front-end Framework)とは? LIFF(LINE Front-end Framework)とは、LINE株式会社が提供するLINEトーク画面上で動くWebアプリのプラットフォームです。LIFFを使って動作するアプリを「LIFFアプリ」といいます。 LIFFアプリでできること LIFFアプリのメリットは主に以下があります。 ①LINEのトークルーム上でWebアプリを起動する。 ②LINEのトークルームにメッセージをプッシュ配信する ③Q

            スキ
            11