■『2021年度第2回英検1級一次 【シリーズ5分の3】読解内容一致UsuryとClassification Debate】データ分析+合格実践法』

■『2021年度第2回英検1級一次 【シリーズ5分の3】読解内容一致UsuryとClassification Debate】データ分析+合格実践法』

栗坂幸四郎

【30回英検1級合格したではなく、何人英検1級合格させたかがなんぼの世界で奮闘中!】
1,200人を英検1級合格させた実績済、実証済「栗坂式二刀流方程式」 CAN-DO SPIRIT COACH
■『2021年度第2回英検1級一次 【シリーズ5分の3】読解内容一致UsuryとClassification Debate】データ分析+合格実践法』


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■【全科目フルバージョン版】『2021年度第2回英検1級一次試験 分析+合格実践法』はこちら ⇒ https://bit.ly/31PCBuT
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題3.読解内容一致問題 【2021年度第2回(10月10日実施)英検1級一次試験】    
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
100点満点 1問1点配分×10問=10点
読解内容一致1大問題Usury and Sin  1問1点配分×3問=3点
読解内容一致1大問題The Classification Debate  1問1点配分×3問=3点
読解内容一致1大問題The Trail of Tears  1問1点配分×4問=4点        
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

------------------------------------------------------------------------ 
■読解内容一致全体の難易度
■分析
■合格実践法 1,200人を英検1級合格させた実績済、実証済『栗坂式二刀流方程式』
------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
■読解内容一致全体の難易度           
------------------------------------------------------------------------
■難易度【中】2021年度第1回(2021年5月日実30施)⇒難易度【中】変わらず 2021年度第2回(10月10日実施)


------------------------------------------------------------------------
■データ分析
------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ■■【注意!】■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【本メルマガのデータ分析】は、CAN-DO SPIRIT COACH創業以来17年に及ぶ膨大な時間、労力とコストをかけて生み出した
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【■理解できなくても100%解ける『栗坂式二刀流方程式』の【●一部公開●】】となりますので、あらかじめお含みおきください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■データ分析や解説は8歳でもわかる内容でお伝えしていますが、一次不合格者の圧倒的な原因【時間不足】を100%克服できる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【『解くスピードアップ』と『正答アップ』実現させる『栗坂式二刀流方程式』】を【●全面公開していない】ため
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英検一次合格は極めて厳しいとのご認識ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


--------------------------------------------------------------------
【■読解内容一致のデータ分析は【■『二刀流栗坂方程式』ではなく、一刀流のみの一部公開となります。あらかじめご了承ください。】
--------------------------------------------------------------------
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の登場人物を○で囲む。

【ステップ4.】文章を読みながら登場人物を○で囲む。but, howeverなどの逆接の接続詞は□で囲む。

【ステップ5.】各段落の登場人物と設問の登場人物が一致する
        段落の文章に正解ヒントあり。各選択肢と正解ヒントのある段落にその
        『言い換え(同じ意味)』センテンスを照らし合わせながら正解選択肢を絞り込む。

--------------------------------------------------------------------

●ダントツ世界一の【★★★英検1級模擬23,172問題作成実績】と
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【★★★過去問データ徹底分析に裏付けられた出題予測や難易度予測的中実績】のおかげで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●【世界中の英検1級対策講師の一人たりとも出題予測すらたてられない中】、栗坂のみ17年間数々の予測を的中させ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第2回英検1級一次試験では【★★★全科目難易度予測100%的中!】、【★★★英作問題出題予測的中!】させ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【★★★11月7日(日)実施された二次試験出題予測問題も的中!【A】日程】させております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英検1級問題作成者が、何を、どうやって問題作成するのか100%知り尽くしているからこそ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その対策、再現性のある方法論【栗坂式二刀流方程式】で1,200人英検1級合格させた確固たる自信を持って、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【60分スカイプ個人指導レッスンをわずか¥3,666円で計9回分¥33,000円】で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●全科目の『栗坂式二刀流方程式』を修得できる■「英検1級過去問対策コース」→ http://bit.ly/1Npx5vD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
の受講をお勧めいたします。■『栗坂式二刀流方程式』を修得できない場合は、■【100%授業料返金保証】をお付けいたしますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「英検1級過去問対策コース」受講したあなただけが得られるのは【●全面公開】の『栗坂式二刀流方程式』を修得後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【必然の合格】に絶対不可欠な『解くスピードアップ』と『正答アップ』です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【1,200英検1級合格させた【●全面公開】『栗坂式二刀流方程式』修得に、
「英検1級過去問対策コース」でこんな【スカイプ個人指導レッスン】を受けてみませんか?】


8歳から71歳まで、100人の受講生に聞きました。

★★★98%が【とにかくわかりやすい!】

★★★92%が【満足度大!】

★★★95%が【得点アップ!】

★★★90%が【解くスピードアップ!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


--------------------------------------------------------------------
(32)正解 2 難易度【小】
--------------------------------------------------------------------
●問題3.読解内容一致問題 Usury and Sin 【ビジネス・政治ジャンル】 ●全体の難易度【小】
--------------------------------------------------------------------
●英検協会 2021年度第2回英検1級一次【読解内容一致問題Usury and Sin】は、
2021年度第2回問題冊子の8~9ページを指定プリントアウト!  → https://bit.ly/3Dd5grI
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向1.『3大問題の難易度』】
--------------------------------------------------------------------
『1大問題(500word、3設問)が難易度【中】。
 もう一つの、1大問題は難易度【小】。
 最後の1大問題(800word、4設問)は難易度【小】。』
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『設問の正解と段落』】
--------------------------------------------------------------------
『読解内容一致問題(3設問)は500words、段落は平均3段落。1段落は平均7センテンス。
平均3段落で、最初の設問の 正解は第1段落にあり。
平均3段落で、2つ目の設問の正解は第2段落にあり。
平均3段落で、3つ目の設問の正解は第3段落にあり。』
--------------------------------------------------------------------
【事例】2021年度第1回英検1級一次読解内容一致問題 Conspicuous Consumption
(32)正解選択肢1.の同じ意味『言い換え』は第1段落第3センテンス(In 1899,however, ~prominence.)と
第4センテンス(These goods~"Veblen goods.")。

(33)正解選択肢3.の同じ意味『言い換え』は第2段落第3センテンス(Economists ~price changes.)。

(34)正解選択肢2.の同じ意味『言い換え』は第3段落第2センテンス(Recent research~narrows.)と
第4センテンス(These goods~"Veblen goods.")。

--------------------------------------------------------------------
「読解内容一致問題(4設問)は800words、段落は平均8段落。1段落は平均4センテンス。
平均8段落で、最初の設問(38)の、 正解は第1あるいは第2段落のいずれか1段落にあり。
平均8段落で、2つ目の設問(39)の、正解は第3あるいは第4段落のいずれか1段落にあり。
平均8段落で、3つ目の設問(40)の、正解は第5あるいは第6段落のいずれか1段落にあり。
平均8段落で、4つ目の設問(41)の、正解は第7あるいは第8段落のいずれか1段落にあり。
--------------------------------------------------------------------
【事例】2019年度第1回英検1級一次試験読解内容一致問題 The Silurian Hypothesis【8段落で構成】
(38)正解選択肢2.の同じ意味『言い換え』は【第2段落】第4センテンス(Since only~is extremely scarce.)

(39)正解選択肢4.の同じ意味『言い換え』は、【第3段落】第4センテンス(He postulates~more advanced.)

(40)正解選択肢1.の同じ意味『言い換え』は、【第6段落】第1センテンス(Such events~ industrial society.)

(41)正解選択肢4.の同じ意味『言い換え』は、【第8段落】第1センテンス(Schmidt and Frank~long-term future.)

--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向3.『難易度を上げる3パターン』】
--------------------------------------------------------------------
「(1)抽象的、あるいは読みにくいサイエンスジャンルの読解問題を出題。」
--------------------------------------------------------------------
【事例】2020年度第2回英検1級一次試験読解内容一致問題 Psychology's Replicaiton Crisisは
    心理学サイエンスジャンルで理解しにくい。

--------------------------------------------------------------------
「(2)理解しにくい設問を出題。」
--------------------------------------------------------------------
【事例】2021年度第1回英検1級一次試験読解内容一致問題 Conspicuous Consumption
    (34)の設問 The author of the passage suggests that Thorstein Veblen's theory
does not account for(account forはexplainの同義語)

--------------------------------------------------------------------
「(3)2つの選択肢がまぎわらしい。」
--------------------------------------------------------------------
【事例】2021年度第2回英検1級一次試験読解内容一致問題 The Classification Debate
   (36)の正解選択肢1.と選択肢4.のどちらが正解なのかまぎらわしい。

--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向4.『正解の見つけ方』】
--------------------------------------------------------------------
「500words(3設問読)の解内容一致問題も、800words(4設問)も同様に『正解選択肢は、特定の段落に『言い換え』センテンスあり!』」
--------------------------------------------------------------------
【事例】
・2021年度第1回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Conspicuous Consumption
最初の設問(32)正解選択肢1.の『言い換え』は
第1段落第3センテンス(In 1899,~prominence.)の1センテンス。

2つ目の設問(33)正解選択肢3.の『言い換え』は
第2段落第3センテンス(Economists~changes.)の1センテンス。

3つ目の設問(34)正解選択肢2.の『言い換え』は
第3段落第2センテンス(Resent research~narrows.)の1センテンス。
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向5.『段落の重要センテンス』】
--------------------------------------------------------------------
「1つの段落で逆接の接続詞butや howeverを含むセンテンスは、段落で最も一番伝えたいセンテンス。
 そのセンテンスが正解を導くヒント。」
--------------------------------------------------------------------
【事例】
・2021年度第1回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Conspicuous Consumption
第1段落第3センテンス(In 1899, however,~prominent.)はhowever, の接続詞を
含み、段落で最も一番伝えたいセンテンス。

第2段落第1センテンス(Conspicuous consumption, however, ~status.)
はhowever, の接続詞を含み、段落で最も一番伝えたいセンテンス。

第3段落第1センテンス(Veblen's theory~, however.)
はhowever, の接続詞を含み、段落で最も一番伝えたいセンテンス。
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向6.『段落数と1段落平均センテンス数』】
--------------------------------------------------------------------
「読解内容一致問題(3設問)は500words、段落は平均3段落。1段落は平均7センテンス。
1設問につき1選択肢は平均21単語で問題作成。。」
「読解内容一致問題(4設問)は800words、段落は平均8段落。1段落は平均4センテンス。
1設問につき1選択肢は平均21単語で問題作成。」」
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向7.『出題ジャンル』】
--------------------------------------------------------------------
「読解空所補充問題+読解内容一致問題
出題ジャンル大ランキング。
第1位 歴史ジャンル
第2位 政治・経済・ビジネスジャンル
第3位 サイエンスジャンル」
--------------------------------------------------------------------

●【Usury and Sin ワンポイント解説】
高い利息を取って金銭を貸す高利貸し(Usury)は中世社会で大罪とみなされていた。
利息制限法(usury laws)は過去においても普及していたが、中世時代の
ローマカトリック教会は特に利息制限法(usury laws)で禁止し
高利貸し(Usury)者を厳しく取り締まり有罪とみなし追放した。
社会的義務として困ったときは互いに手を差し伸べる慈善行為に見返りの対価を期待することは、
道徳的に間違いとみなされた。そういう考え方は交換の手段として物から
お金に代わっても根強く残った。
しかしながら、一部の人たちは金を貸すことで利益を得ようと、教会や
利息制限法(usury laws)から法の抜け道を探して試みた。
長い時間をへて、
金貸し業者は貸し倒れで資本を放棄する負担に直面するリスクが
より多く生じる認識に対する教会や学識者の理解によって、高利貸し(Usury)に対する
規制の見直しがなされた。
その結果、金利を得る金貸し業全面禁止から、高利貸しやクレジットカード会社による法外な金利金額から
消費者を守る近代の利息制限法(usury laws)への急展開をもたらした。

タイトルのUsury and Sinを理解するために
●【栗坂式 読解出題傾向】
「タイトルが解らない場合、第1段落のはじめ3センテンスに議題の説明あり。」に従って
Usury and Sinは、
第1段落第セ1ンテンス「中世社会から現代社会の高利貸しに対する捉え方」(Though widely~ major sin.)で
「高利貸しは今日では広く受け入れられているが、また高利貸しはかつては大罪とみなされたことで知られている。」が議題となる。

第1段落第1センテンス「中世社会から現代社会の高利貸しに対する捉え方」(Though widely~ major sin.)
第1段落第2センテンス「利息制限法のローマンカソリック教会対応」(Usury laws~the church.)

第2段落第1センテンス「高利貸し禁止法の由来」(Prohibitions~and trust.)
第2段落第2センテンス「貸し借りの実情」(People in the poor~one another.)
第2段落第3センテンス「道徳に反する高利貸し指摘」(Expecting~exchange.)
第2段落第4センテンス「困窮した個人の行動」(Individuals~capital.)
第2段落第5センテンス「高利貸しは罪の定義」(And~sinful.)


設問(32)の名詞(句)medieval societyは
第2段落第2センテンス「貸し借りの実情」(People in the poor~one another.)のmedieval timesの
『言い換え』。
また設問(32)のprohibitions surrounding urutyは
第2段落第1センテンス「高利貸し禁止法の由来」(Prohibitions~and trust.)のProhibitions against usuryの
『言い換え』で
第2段落にprohibitions surrounding urutyの説明、すなわち正解選択肢の『言い換え』があると推測できる。

●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『正解の見つけ方』】
「500wordsで3設問の読解内容一致問題は、平均3段落、1段落平均7センテンスで『正解選択肢は、段落に『言い換え』センテンスあり!』」に従って、
選択肢2.のpeple with mney should not take unfair advantage of somethingは、と同じ意味の『言い換え』は
第2段落第3センテンス「道徳に反する高利貸し指摘」(Expecting~exchange.)のExpecting
compensation , therefore, for an act that was considered one's social duty was regarded as morally
wrong,
選択肢2のthat was considered as a charitable act. と同じ意味の『言い換え』は
第2段落第1センテンス「高利貸し禁止法の由来」(Prohibitions~and trust.)のdebt and credi were
viewed asa a system of benevolent aidで正解となる。

【理解だけを頼りの従来の解き方】だと、正解の言い換えセンテンスを見つけようとすると第2段落の
2センテンスの言い換えとなるためより時間と手間を要すため『栗坂式時間戦略方程式』12分で
解くには到底間に合わないでしょう。■英検1級合格には『時間管理』ができる受験生から順に合格できます。
限定公開なので、『栗坂式二刀流方程式』を【全面公開お見せできない】のが残念でなりません。
『栗坂式二刀流方程式』なら『理解』できなくても解くスピードアップと得点アップできること100%保証いたします。

(32)はほとんどの受験生が『時間オーバー』してそのつけが次の読解内容一致に影響を及ぼしていました。
■『栗坂式二刀流方程式』を修得できる■『英検1級過去問対策コース』 ⇒ http://bit.ly/1Npx5vD
『トライアル受講』で『解くスピードアップ』と『得点アップ』を実感なさってください。

選択肢1.のto request aid drom anyone except relativesが、
第2段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢3.のabusedとexploit the poorが、第2段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢4.の大意(文章で伝えたい要点)が、第2段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。


--------------------------------------------------------------------
(33)正解 4 難易度【小】
--------------------------------------------------------------------
●読解内容一致問題 Usury and Sin 【ビジネス・政治ジャンル】 全体の難易度【小】
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
【■読解内容一致のデータ分析は【■『二刀流栗坂方程式』ではなく、一刀流のみの一部公開となります。あらかじめご了承ください。】
--------------------------------------------------------------------
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の登場人物を○で囲む。

【ステップ4.】文章を読みながら登場人物を○で囲む。but, howeverなどの逆接の接続詞は□で囲む。

【ステップ5.】各段落の登場人物と設問の登場人物が一致する
        段落の文章に正解ヒントあり。各選択肢と正解ヒントのある段落にその
        『言い換え(同じ意味)』センテンスを照らし合わせながら正解選択肢を絞り込む。

--------------------------------------------------------------------

第3段落第1センテンス「一部で高利貸し試み」(Some, however,~moneylending)
第3段落第2センテンス「メソッドその1.」(Various~interest.)
第3段落第3センテンス「メソッドその2.トリプルコントラクト」(Another method~contract.")
第3段落第4センテンス「詳細その1.」(This~loans.)
第3段落第5センテンス「詳細その2.」(After~interest.)

設問(33)の名詞(句)methods used to profit from moneylendingは
methodsが第3段落第2センテンス「メソッドその1.」(Various~interest.)のvarious methodsの『言い換え』。
また、設問(33)のto profit from moneylendingは第3段落第1センテンス「一部で高利貸し試み」
(Some, however,~moneylending)の
in order to profit from moneylendingをの『言い換え』で
第3段落では第3段落第2センテンス「メソッドその1.」(Various~interest.)のVarious methods such as
complex schemesで一つ目のメソッドと
第3段落第3センテンス「メソッドその2.トリプルコントラクト」(Another method~contract.")の
主語がAnother methodsで
2種類のmethodsを述べている第2段落第2~第5センテンスの4センテンスと
同じ意味の『言い換え』センテンスかどうか4つの選択肢と照らし合わせる。

●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『正解の見つけ方』】
「500wordsで3設問の読解内容一致問題は、平均3段落、1段落平均7センテンスで『正解選択肢は、段落に『言い換え』センテンスあり!』」に従って、
選択肢4.のindirect ways of earning interest on loansは、
第3段落第4センテンス「詳細その1.」(This~loans.)のallow moneylenders to gain interest
by becoming partners with the recipients of their loansと同じ意味の『言い換え』。
また選択肢4.のappearing to obey the lawは
第3段落第5センテンス「詳細その2.」(After~interest.)のrather than illegally gaining interestと
同じ意味の『言い換え』で正解となる。

『理解』を中心に大半の受験生が解くわけですから、『時間オーバー』で悩ませる『罠』を
(33)の設問でも問題作成されています。お伝えしたいのは正解選択肢には段落での言い換えは
1センテンスが原則の問題作成なのですね。不合格させるために時間と手間をかけさせるように意図的に
正解選択肢は段落から2センテンスの『言い換え』で問題を作成しています。

選択肢1.の大意(文章で伝えたい要点)が、第3段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢2.の大意(文章で伝えたい要点)が、第3段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢3.の大意(文章で伝えたい要点)が、第3段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。


--------------------------------------------------------------------
(34)正解 3 難易度【小】
--------------------------------------------------------------------
●問題3.読解内容一致1大問題 Usury and Sin  【ビジネス・政治ジャンル】 全体の難易度【小】
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
【■読解内容一致のデータ分析は【■『二刀流栗坂方程式』ではなく、一刀流のみの一部公開となります。あらかじめご了承ください。】
--------------------------------------------------------------------
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の登場人物を○で囲む。

【ステップ4.】文章を読みながら登場人物を○で囲む。but, howeverなどの逆接の接続詞は□で囲む。

【ステップ5.】各段落の登場人物と設問の登場人物が一致する
        段落の文章に正解ヒントあり。各選択肢と正解ヒントのある段落にその
        『言い換え(同じ意味)』センテンスを照らし合わせながら正解選択肢を絞り込む。

--------------------------------------------------------------------


第4段落第1センテンス「高利貸し禁止令と金貸し業需要大の問題」(As trade~obvious.)
第4段落第2センテンス「中世社会の見方」(Medieval opposition~value)
第4段落第3センテンス「銀行業のニーズ大」(Shortage~currencies.)
第4段落第4センテンス「金利付金貸し業の広がり」(As wealth~"money for nothing.")
第4段落第5センテンス「投資損失指摘」(Just as~obtaining profits.)
第4段落第6センテンス「金利付金貸し業側の貸し倒れリスク」(Along with~their capital.)
第4段落第7センテンス「高利貸し業から消費者を守る時代へ変化」(Over time,~credit card companies.)

設問(34)の名詞(句)the aouthor of the passageは文章全文を指すが
【設問パターン】Which of the following statements would + 登場人物 + most likely agree with?
は、筆者が最も伝えたい【結論】を問う【設問パターン】であり、500ワード(3設問)の
読解内容一致問題の筆者の伝えたい【結論】の位置は90%が最後段落の最後センテンスに位置するが【問題作成パターン】。

選択肢3.のNew attitudes toward moneylendingは、
第4段落第7センテンス「高利貸し業から消費者を守る時代へ変化」(Over time,~credit card companies.)の
prompting the evolution from an outright ban on the charging of interests to the modern
usury lawsの『言い換え』。
また選択肢3.のa result of increased understanding of the potentianl losses that could occur
from giving out loans.は、
第4段落第6センテンス「金利付金貸し業側の貸し倒れリスク」(Along with~their capital.)の
a greater appreciation arose for the risk that moneylenders were burdened with upon parting with
their capital.の『言い換え』で正解となる。

●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『正解の見つけ方』】
「500wordsで3設問の読解内容一致問題は、平均3段落、1段落平均7センテンスで『正解選択肢は、
段落に『言い換えセンテンス』あり!』」に従って、

選択肢1.の大意(文章で伝えたい要点)が、第4段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢2.のA change in leadership within the churchが、第4段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢4.のBanks and moneychangeres pressured the church to
relax its policy on ururyが、第4段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。


--------------------------------------------------------------------


                                 

--------------------------------------------------------------------
(35)正解 2 難易度【小】
--------------------------------------------------------------------
●読解内容一致問題 The Classification Debate 【生物分類ジャンル】 ●【全体的には理解しにくい難易度【中】】
--------------------------------------------------------------------
●英検協会 2021年度第2回英検1級一次【読解内容一致問題The Classification Debate】は、
2021年度第2回問題冊子の10~11ページを指定プリントアウト!  → https://bit.ly/3Dd5grI
--------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------
【■読解内容一致のデータ分析は【■『二刀流栗坂方程式』ではなく、一刀流のみの一部公開となります。あらかじめご了承ください。】
--------------------------------------------------------------------
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の登場人物を○で囲む。

【ステップ4.】文章を読みながら登場人物を○で囲む。but, howeverなどの逆接の接続詞は□で囲む。

【ステップ5.】各段落の登場人物と設問の登場人物が一致する
        段落の文章に正解ヒントあり。各選択肢と正解ヒントのある段落にその
        『言い換え(同じ意味)』センテンスを照らし合わせながら正解選択肢を絞り込む。

--------------------------------------------------------------------


●【The Classification Debate ワンポイント解説】
タイトルThe Classification Debateは、 生物の分類(taxonomy)における矛盾が議題。
striolated puffbird (オオガシラ鳥)をその鳴き方によって3つに分類すべきか、あるいは
別の種と言えるほどの差異なのかが論争に発展。。
テクノロジーの進歩により、自然界における膨大な数のtaxonomy(生物の分類)において
識別と定義の複雑化がさらなる賛否両論を引き起こしている。
鳥類研究の専門家ジェームズ・レムセン(James Remsen)は、『現在の鳥分類は最悪の状況の中で
最も適切な答えを分類のふるいにかけようとしており、鳥の連続的な遺伝のつながりを人工的にバリアを
設けてふるいにかけようとしている。』と批判した。

The Biological Spieces Consept(生物学的種の概念)の種の定義は、自然条件下で同じ種類が交配し、
生殖機能を持つ子孫が残せることだ。
ただし、その集団が地理的に隔離された場合、自然繁殖が可能かどうかの判断はできない。
ディンゴは家畜犬との自然交配が可能なためwild dogに分類され、以前は保護の対象にならなった。
2019年に行われた新たな調査で見直され、別の種に認定された。
ディンゴの新たな分類が、生物の管理や生態系への多大な影響を及ぼす可能性がある。

タイトルのThe Classification Debateを理解するために
●【栗坂式 読解出題傾向】
「タイトルが解らない場合、第1段落のはじめ3センテンスに議題の説明あり。」に従ってだが、今回は【例外】となり
第1段落第5センテンスが、タイトルThe Classification Debateの議題。
第1段落第5センテンス「新たなオオガシラ鳥分類結果の賛否両論」(Their decision, however,~in nature.)が
タイトルThe Classification Debateの議題となった。
The Classification DebateのThe Classification の同じ意味『言い換え』が第1段落第5センテンスの
taxnomy(生物の分類)となる。
第1段落第5センテンス「新たなオオガシラ鳥分類結果の賛否両論」(Their decision, however,~in nature.)で
「オオガシラ鳥の新たな3分類候補から1分類のみが新たに足された判断は、自然の中に数多くの生物を識別し、
定義する科学分野に分類の世界において賛否両論を引き起こした。」が議題となる。


第1段落第1センテンス「新たなオオガシラ鳥3種類分類候補の詳細」(Three varieties~and tone.)
第1段落第2センテンス「3種類分類申請にたいする課題」(When~faced a dilemma.)
第1段落第3センテンス「問題提議」(Were the distinctions~species?)
第1段落第4センテンス「結果」(They eventually~just one.)
第1段落第5センテンス「新たなオオガシラ鳥分類結果の賛否両論」(Their decision, however,~in nature.)


設問(35)の名詞(句)the controversyは
第1段落第5センテンス「新たなオオガシラ鳥分類結果の賛否両論」(Their decision, however,~in nature.)の
another controversyと同じ意味の『言い換え』。
また設問(35)のclassification of striolated puffbirdsは
第1段落第2センテンス「3種類分類申請にたいする課題」(When~faced a dilemma.)のreclassifying
the three types(striolated puffbirds) into separate speciesと同じ意味の『言い換え』で
第1段落にthe controversyを要約している解答があると推測できる。

●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『正解の見つけ方』】
「500wordsで3設問の読解内容一致問題は、平均3段落、1段落平均7センテンスで『正解選択肢は、段落に『言い換え』センテンスあり!』」に従って、
選択肢2.のthe minor distinctionls between varieties of animalsは、
第1段落第1センテンス「新たなオオガシラ鳥3種類分類候補の詳細」(Three varieties~and tone.)の
but their songs differ subtlein rhythm and tone.と同じ意味の『言い換え』。

選択肢2.のthe minor distinctiohns between varieties of animals は、
第1段落第1センテンス「新たなオオガシラ鳥3種類分類候補の詳細」(Three varieties~and tone.)の
but their songs differ subtly in rhythm and tone.と同じ意味の『言い換え』。

また選択肢2.のnew species classifications are appropriate.は、
第1段落第4センテンス「結果」(They eventually~just one.)と同じ意味の『言い換え』で正解となる。

理解できそうで理解できない、subtly(minor)や、taxonomyや、the nuance等肝心なセンテンスを
難解にさせる語彙がちりばめられています。

選択肢1.のless-remarkable things like their appearance instead of more-important factors.が、
第1段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。●また【絶対間違いの選択肢】として
solely(only)の断定の副詞(句)等がはいる選択肢は【100%間違い】の問題作成をあらかじめ知っておこう!

選択肢3.の大意(文章で伝えたい要点)が、第1段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢4.の大意(文章で伝えたい要点)が、第1段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。


--------------------------------------------------------------------
(36)正解 1 難易度【中】  ●選択肢4.と選択肢1.がまぎわらしく難易度をあげた設問により難易度【中】
--------------------------------------------------------------------
●読解内容一致問題 The Classification Debate 【生物学ジャンル】 ●全体の難易度【中】
--------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------
【■読解内容一致のデータ分析は【■『二刀流栗坂方程式』ではなく、一刀流のみの一部公開となります。あらかじめご了承ください。】
--------------------------------------------------------------------
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の登場人物を○で囲む。

【ステップ4.】文章を読みながら登場人物を○で囲む。but, howeverなどの逆接の接続詞は□で囲む。

【ステップ5.】各段落の登場人物と設問の登場人物が一致する
        段落の文章に正解ヒントあり。各選択肢と正解ヒントのある段落にその
        『言い換え(同じ意味)』センテンスを照らし合わせながら正解選択肢を絞り込む。

--------------------------------------------------------------------


第3段落第1センテンス「生物分類基準の変移」(There disputes~species.)
第3段落第2センテンス「James Ramsen主張に対する回答努力」(The problems~Remsen's view.)
第3段落第3センテンス「事例」(The Biological Species~offspring.)
第3段落第4センテンス「複雑化」(Using reproduction~,though.)
第3段落第5センテンス「例外も含める分類基準」(In cases where~classification.)
第3段落第6センテンス「証拠なき領域懸念」(It is impossible,~do not meet.)

設問(36)の名詞(句)The Biological Species Conceptは、
第3段落第3センテンス「事例」(The Biological Species Concept~offspring.)に含まれている。

また設問(36)のproblematicは
第3段落第2センテンス「James Ramsen主張に対する回答努力」(The problems~Remsen's view.)の
The problemsと同じ意味の『言い換え』でその第3段落第2センテンスの【事例】として
第3段落第3センテンス「事例」(The Biological Species Concept~offspring.)に
The Biological Species Conceptが主語なので、問題の理由となる正解選択肢と同じ意味の
『言い換え』を第3段落で述べると推測できる。

●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『正解の見つけ方』】
「500wordsで3設問の読解内容一致問題は、平均3段落、1段落平均7センテンスで『正解選択肢は、段落に『言い換え』センテンスあり!』」に従って、
選択肢1.のopportunities that would normally exist for memversof the same species to reproduceは、
第3段落第3センテンス「事例」(The Biological Species~offspring.)のa species as organims that
can only successfully reproduce with each otherと同じ意味の『言い換え』。

また選択肢1.のaffected by external factors.は、
第3段落第5センテンス「例外も含める分類基準」(In cases where~classification.)の
species have been split into two or more groups for geographical reasons.と
同じ意味の『言い換え』で正解。

これだけ問題作成者が、(36)正解選択肢1.の言い換えを第3段落から
2センテンスで構成させると、受験生にとっては到底『栗坂式時間戦略方程式』読解内容一致
500words(3設問)を12分では解けないと身をもってみせつけられます。
残念ながら、中高の英語授業で学んだ構文を深読みしながら『理解』中心の解き方では
9割の受験生の最大悩み『読解で時間オーバー』して不合格したが後を絶たない
お便り相談を山のように賜ります。

おこがましいかもしれませんが、100%の確固たる自信をもって解決してくれるのが
理解できなくても、『解くスピードアップ』と『得点アップ』を同時に修得できる
『栗坂式二刀流方程式』を『英検1級過去問対策コース』の■【無料トライアル】で実感なさってください。
■『英検1級過去問対策コース』⇒ http://bit.ly/1Npx5vD


選択肢2.のobservations of interbreeding between animals kept in captivityが、
第3段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢3.のoften mistakenly applied to many different organismsが、
第3段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢4.は、設問(36)のproblematicを指しておらず、problematicの
理由を述べているのは第3段落第4センテンス「複雑化」(Using reproduction~,though.)と
第3段落第5センテンス「例外も含める分類基準」(In cases where~classification.)
同じ種類の生物でも地理的な理由でお互いが隔離されてもその生物を一つの
分類として認めるかどうかがprpblematicの議題であり、それが述べられず不正解。


--------------------------------------------------------------------
(37)正解 4 難易度【小】
--------------------------------------------------------------------
●読解内容一致問題 The Classification Debate 【生物学ジャンル】 ●全体の難易度【中】
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
【■読解内容一致のデータ分析は【■『二刀流栗坂方程式』ではなく、一刀流のみの一部公開となります。あらかじめご了承ください。】
--------------------------------------------------------------------
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の登場人物を○で囲む。

【ステップ4.】文章を読みながら登場人物を○で囲む。but, howeverなどの逆接の接続詞は□で囲む。

【ステップ5.】各段落の登場人物と設問の登場人物が一致する
        段落の文章に正解ヒントあり。各選択肢と正解ヒントのある段落にその
        『言い換え(同じ意味)』センテンスを照らし合わせながら正解選択肢を絞り込む。

--------------------------------------------------------------------


第4段落第1センテンス「新たに2つ追加の生物分類判断基準」(Today, ~organisms.)
第4段落第2センテンス「事例」(An example~in Australia.)
第4段落第3センテンス「背景」(For centuries, dingoes~to livestock.)
第4段落第4センテンス「理由」(One reason~dogs.)
第4段落第5センテンス「dingoを異なる種の分類に指定」(Researchers~warranted.)
第4段落第6センテンス「矛盾」(This contradicted~a distinct species.)
第4段落第7センテンス「異なる種の分類に指定の余波」(Considering~entire ecosystem.)

設問(37)の名詞(句)the situation concerning dingoesは
第4段落第3センテンス「背景」(For centuries, dingoes~to livestock.)からdingoesが
登場しているので第4段落に設問のevident from the situation concerning dingoesを
述べているセンテンスがあると推測できる。

●ダントツ世界一英検1級模擬問題作成プロ 【栗坂式 英検1級読解内容一致 出題傾向2.『正解の見つけ方』】
「500wordsで3設問の読解内容一致問題は、平均3段落、1段落平均7センテンスで『正解選択肢は、段落に『言い換え』センテンスあり!』」に従って、
選択肢4.は、
第4段落第7センテンス「異なる種の分類に指定の余波」(Considering~entire ecosystem.)の
the issue shows how taxnomic classification can have major implications both
for the management fo species and for entire ecosystems.と同じ意味の『言い換え』。

選択肢1.の大意(文章で伝えたい要点)が、第4段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢2.の大意(文章で伝えたい要点)が、第4段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。
選択肢3.の大意(文章で伝えたい要点)が、第4段落で同じ意味の『言い換え』センテンスがないので不正解。


--------------------------------------------------------------------

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■【全科目フルバージョン版】『2021年度第2回英検1級一次試験 分析+合格実践法』はこちら ⇒ https://bit.ly/31PCBuT
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級栗坂式二刀流攻略法+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
          二人に一人が東大合格する灘高の「東大合格メソッド」と全く同じ
  1,200人を英検1級合格させた実績済、実証済、
         「栗坂式二刀流方程式」、「栗坂式省エネ15分英作方程式」
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH (英検1級・準1級・TOEIC満点対策コーチ)
          http://www.eiken1kyucando.com/

  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒  https://www.mag2.com/m/0000132646.html

  ●『英検1級栗坂式二刀流攻略法+1単語クイズ』本メルマガのコピー、スキャン、
   デジタル化等の無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。
   本書を代行業者等の第三者に依頼してコピー、スキャンやデジタル化することは、
   たとえ個人や家庭内の利用でも著作権法違反です。

  Copyright(c) 2004-2021 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
貴重な時間を割いての「好き」ボタンありがとうございます!
栗坂幸四郎
灘高の「東大合格メソッド」と全く同じ、1200人を英検1級合格させた実績済、実証済「栗坂式二刀流方程式」、「栗坂式省エネ15分英作方程式」で約束された英検1級合格を提供いたします。■ダントツ世界一23,196種類の検1級模擬問題作成プロCAN-DO SPIRIT COACH代表