どすこいスタッフ
ザリガニ倉庫での活動とタケノコバスターズ 4月24日(日)西田辺部屋
見出し画像

ザリガニ倉庫での活動とタケノコバスターズ 4月24日(日)西田辺部屋

どすこいスタッフ

こんにちは、西田辺部屋の佐々木です。4月は天気も良く暑い日が続いていましたね、今日は陽楽の森での活動予定ですが、あいにくの天気です。朝から雨が降り続いていますが・・・
今日は陽楽の森入口駐車場横の通称ザリガニ倉庫を使わせて頂きました。

普段は木工細工の作業場として使われているようですが、そのスペースの一部をご厚意でお貸し頂いています。畳敷きのスペースにテーブルにちゃぶ台、椅子もたくさんあり、リラックスして過ごす事ができます。

この日は午前中は雨が強く降っていたので、この場所をお借りして室内で出来る遊びをしました。これはピンポンを4対4?の団体戦で行いました。

ラケットの数が4つと限りがあったので、あるメンバーは新聞紙を丸めてラケット代わりにしたり、あるメンバーは木の板を使ったり、はたまた他のメンバーは素手で球を返したりとある意味何でもあり卓球??
しかし、何でもありの方が大いに盛り上がったりして?
臨機応変にルールを作っていきます。

他にもトランプやジェンガ、ねんどで作ったものをお友達に当ててもらう遊びなど・・・室内でも遊び方は自由自在!
そうこうしているうちに外は大分雨が弱まって来たかな、ならばここは陽楽の森だから外にも出ていきましょう。

雨後の筍ということわざがあるようにこの季節のタケノコはぐんぐん伸びていくのですね、先週はタケノコを掘って持って帰って美味しいおやつを頂きましたが・・・
これくらい大きくなると食べるには難しいかも、そこでこのタケノコをこのまま放っておくとすぐにぐんぐん大きくなって、立派な竹に成長してしまいます。

そこで、写真のようにまだ成長しきっていないタケノコのうちにどんどんどんどん倒して行っています。一見かわいそうにも思えますが、この山全体の環境を整えていくためにはこれも必要な事なんですね。

竹は私たちの身近にあり、上手に使えば色々な可能性のある植物なのでしょうが・・・今はまだ植物の勢いが顕著で森の厄介者扱いされているのかも知れません。私たち人間が自然や環境をコントロールや制御するという発想だけではなく、上手に共存出来る道を探せて行ければいいですね。
その様な社会が訪れる事を願って今日の活動を終わりたいと思います。ありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どすこいスタッフ
𠮷川ロジスティクスグループのSDGs事業を担う㈱どすこい公式note。児童発達支援のスタッフが日々の活動内容をシェアします。https://www.yoshikawa-group.jp/dosukoi/