ツイッターのビッグブラザー化は止まらない

前々からツイッターはシャドウバンしてるのではないかという話題は出ていて、日本ユーザーよりアメリカユーザーの間で話題になってましたが、


公式的にシャドウバンの措置をアナウンスするようになってついに開き直ったかという感想です

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14721092/

ツイッター社がオルタナ右翼対策に力を入れてる事とも関係は否定出来ないよねこれ

日本のツイッターでもネトウヨ勢だけでなくしばき隊みたいなクソ左翼はシャドウバンの措置になってくんでしょうけどね

ツイッターはニュースとかの有益なアカウントとか、笑える系のネタ垢、ノンポリの人の他愛ないツイートがメインになっていくのでしょう

そういうオシャレな方向性をツイッター社は本来求めてて、ネットのオタクやら面倒臭い政治垢はツイッター社的には招かざる客だった訳だから

しかし、アルコールでもタバコでも毒がないと美味くないし、人を不快にさせない配慮をしまくった無難なツイートばかりのツイッターはおもんねえんだわ

動物おもしろ画像とか、クソ説教漫画とかばかりのツイッター、おもしろいか???

金八先生みたいなツイッタラーの感動する話だとか綺麗事だとかそんなに読みたいか?おまえら

ファンもアンチも多いとは思うけど、エタ風尊師が凍結された時から終わりの始まりやったんやな

民間企業のする事なんでどうしようが自由なんですが、しょうもない悪質なbotや刑法に違反するのですらないツイートもシャドウバンってツイッター社の判断な訳でしょ

ある程度自動的にツイッター社への報告数でシャドウバンを実行するのだろうから気に食わない奴を報告しまくると相手はシャドウバンにかるってことか…

しかし、ツイートに優劣をつけてどれを多く人の目に触れさせるかツイッター社がきめるって何様だよ…

それと、公式マークを取得したツイッタラーはネトウヨでも左翼でもシャドウバンにしないんではないかという疑念もある…

お前が決めるなうるせえ死ねというお気持ちしかゆとうさんにはないんですが、民間企業が自分のサービスでどうしようが勝手なのでそれはされで仕方ないですね

問題なのはこの流れを正しいものとして、"政府"が言論に統制をかけていくことです

民間企業と政府では違いますからね
民間企業のサービスが気に食わないなら使わなければいいけど、国民は政府に組み込まれているんでそうはいきません

法務局もヘイトスピーチは禁止する方向性は打ち出してます

わいも在日死ねとかのヘイトスピーチには反対ですが、外国人の問題行動を指摘しただけでヘイトスピーチと難癖つけてくる集団も現に存在する以上、なんでもかんでも差別だ差別だになって外国人には配慮しなくてはいけないという風潮になるのを危惧しております…

わいが未来のザッカーバーグになってなんでもありの暗黒顔本とかいうSNSを作るしかないなこれ

しかし、SNS会社も訴訟リスクもあるしそうなると言論統制もやむを得んてとこもあるし難しいところなんやろなー

ちょっと興味あるのはユーザーを絞らないのと、ユーザーを絞るのとどちらが広告収入得られるんですかね

後者なら民間企業ですのでシャドウバンはガンガンやってく事になるでしょうな



13
ヨタヨタのツイッター社に舐められてたまるかよ俺達ァ不健康陰キャ中年だぜ!(39歳年収290万円童貞)ヘッダー画像はえとっちさんに頂きました。

こちらでもピックアップされています

リベラルを褒め称えるマガジン
リベラルを褒め称えるマガジン
  • 164本

グローバルジャスティス研究家ユトウがお届けする大正義リベラルを褒め称えるマガジンです。 ああいう翼がいるんですよ言葉を遠くに飛ばすには。 10代の頃にニーチェを読んでおりません。 漫☆画太郎先生の漫画を読んでおりました。

コメント (4)
アカウント作ろうとしたらすぐにポアされるし電話番号必須だから、終了まったなし!wwww
電話番号必須になったからわいらのようなタイプのツイッタラーは自然と淘汰される運命になるしかないんだよなあツイッター社は訴訟になったら簡単に情報を渡すだろうしw端末情報も握られてるから何回もBANされるとその端末ではアカウント作れなくなるぽい…
リンクが切れてて読めなかった。すまんご…漫画のアカウントにも嫌がらせで凍結あるらしいねフォロロワー何万いても礼儀正しくやってても凍結するときはあっさり凍結するんで、鍵垢にでもしない限りアカウントに未練持っても無駄アルファでも凍結する時代だからね
ひかりびっとくん。わいもそんな気がする。5chも過疎が進んでたけどこれで逆に5chに戻る人が増えそうやな
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。