見出し画像

ビジョンファンドが引き続きソフトバンクの重荷。

DigitalCreator

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2022年02月09日に、ソフトバンクグループ(SoftBank Group)の2021年度第3四半期(暦年)の利益は、ビジョンファンド(Vision Fund)の利益減少で急落したと報告した。

会長兼CEOの孫正義は、決算説明会で、純資産総額の32%を占める中国投資が、規制当局によるテクノロジー企業への取り締まりで最大の損失を被ったと説明した。

https://time-az.com/main/detail/76219

アリババへの投資は、前年同期比で20%減少した。アリババへの投資は、2020年第2四半期のピーク時の60%から減少し、純資産価値の24%を占めると孫社長は指摘した。

ジェフリーズ(Jefferies)のアナリスト、アトゥル・ゴヤル(Atul Goyal)はリサーチノートの中で、2つのビジョンファンドの上場ポートフォリオの価値は、ソフトバンクの会計年度の最初の9カ月間で20%から25%減少したと推定している。

売上高は1.6兆円、6%増で、純利益は2020年度第3四半期の1.2兆円(US$104億)から290億円に減少した。

ビジョンファンド1号・2号の運用益は、2020年度第3四半期の過去最高の1兆4000億円に対し、1115億円となった。中南米ファンドは570億円の損失、自社投資額は2640億円の損失となった。

公開されてチャートは、すべて古かった。

ソフトバンクは昨日(2022年02月08日)、チップ設計事業であるArmのNvidiaへの売却で一発逆転を狙ったが、規制当局から拒否され、これを断念し、この取引の失敗が第3四半期の業績全体に影響を及ぼす可能性が大きくある。

イギリスに本社を置く同事業の売上高は、20.8%増の660億円となった。

今度は、売れないArmを上場すると言っている。

しかし、この情報は、世界中に知れ渡った。

会長兼CEOの孫正義の更迭しかないかもしれない。

孫正義の右手が、脳梗塞か脳血栓による血流に問題がある可能性を見せている。

もともと大きな病気持ちである。

2022-02-08---ソフトバンクG孫正義の感投資崩壊。前年同期から98%減。
2022-02-08---EU、仏独などが€35億拠出し、テック企業育成へ基金創設。
2022-02-03---ソフトバンク、2021年度第3四半期の純利益、減少。
2021-11-22---アリババの株価急落で、専門家が「上場廃止リスク」を警告!
2021-10-08---中国の企業景況感が全体に悪化、景気「冷え込み」24%。
2021-07-05---中国の「滴滴」規制に続き、さらに多くの米国上場企業にセキュリティ審査を開始。
2021-07-04---中国のサイバー空間管理当局、滴滴を国内のAppStoreから削除命令。
2021-06-03---阿里巴巴集団傘下の金融会社、消費者金融事業を分離。
2021-05-13---アリババは、の独占禁止法違反の罰金で第4四半期はUS$28億の赤字に転落。
2021-04-20---楽天を日米で、中国への情報流出を警戒し、共同監視。
2021-04-19---ソフトバンクG所有のアームをエヌビディアに売れないかもしれない。
2021-04-13---中国の当局、ネット企業の地位乱用を根絶すると表明。
2021-02-07---中国で、独占行為に新基準ガイドラインを発表。
2021-02-03---アリババ傘下の蟻金融、「金融持ち株会社」に再編で、当局と合意!?
2021-02-02---アリババ、独占禁止法の調査の後の四半期収益は、37%の上昇。
2021-01-20---マー君は、生きていた。
2021-01-05---中国一の大金持ちマー君ことジャック・マーが行方不明。
2020-12-30---中国EUの投資取引は、ビデオリンクでマラソン交渉を締結。
2020-12-28---EUの全加盟国が中国との投資取引を支持!?
2020-12-27---蚂蚁集团に行政指導、不当競争の停止を要求した。
2020-12-24---中国、アリババへ独占行為で調査、アントにも指導。
2020-12-19---中国は、パンデミック時に犯した外交上のミスから立ち直れるか?
2020-12-18---中国の最高政策委員会は、政府は経済のために「必要な支援」を継続すると述べた。
2020-12-14---中国、アリババとテンセントの電子書籍子会社に独占禁止法違反で罰金を科す!
2020-12-02---米国下院も対中強硬法案を可決!孫正義の助け舟の沈没法案!
2020-11-20---アリババの「双十一」に不満の声、1400万件超!
2020-11-18---Ant Group上場中止の背後にいた習近平!根深い対立が原因!?
2020-11-11---アリババの通販イベント「双十一」、過去最高更新。
2020-11-07---Ant Groupの上場、早くて半年後か!?
2020-11-04---フォーブス2020年度の中国長者番付、トップはマー君!
2020-11-03---「史上最大のIPO」は、なぜ当局の指導で、直前延期されたのか?
2020-10-28---中国「独身の日(双十一)」の宅配量、1日4億9000万件と予測。
2020-10-24---ジャック・マー、「史上最大のIPO」前夜に金融規制改革を要請!
2020-10-23---世界に問われるマー君のAnt Groupの価値!?
2020-10-19---中国のAnt Group、香港で世界最大級の新規株式公開が承認された。
2020-09-22---Alipayの親会社、巨額のIPOに向かっている。
2020-09-13---ソフトバンクG、エヌビディアにアーム売却。
2020-08-14---香港株式市場の株価指数の一つハンセン指数構成銘柄の見直し。
2020-07-21---HKEX(香港取引所)、時価総額で、世界トップ奪還。
2020-07-20---「支付宝」の運営会社螞蟻金融、香港・上海同時上場へ。
2020-07-06---香港株は強気相場に突入、上海株は5年で最大の上昇。
2020-07-03---孫正義、現金化をさらに加速!
2020-06-25---ドイツのWirecardが破産申請 不正会計犯罪疑惑、債務超過は不可避。
2020-05-11---投資の神様「バフェット」に圧勝した「ピタゴラス」
2020-04-26---元々学校の先生だったジャック・マ、教育で最大のチャレンジ。
2020-01-21---2019年の中国の宅配便、満足度と配達時間ともに改善。
2020-01-17---どうなるWeWork!?リース9割減。Spaces時代の到来〜!
2020-01-09---ソフバンクG支援の「ズーム・ピザ」が人員削減、ピザ製造中止。
2020-01-06---中国の宅配便取扱量、2019年は24%増の630億件。
2019-12-31---ユニクロの親会社ファストリ柳井、ソフトバンクG退任。
2019-12-20---2019年の億万長者、最大の勝者と敗者。
2019-12-16---中国の2019年の宅配便取扱量、600億件を突破!
2019-11-18---台湾の「双十一」での販売、今年は151億元突破。
2019-11-18---今年最大の株式上場!アリババが「香港IPO」
2019-11-18---SoftBankとLineがUS$300億の会社を設立。
2019-11-14---SoftBankとLine、携帯電話の情報センターMobile World Liveでも大騒ぎ!
2019-11-13---「Yahoo! JAPAN」と「LINE」の経営統合で、最終調整に入った。
2019-11-12---中国「独身の日(双十一)」の宅配量、5億件超で記録更新!
2019-11-11---孫正義。今回の人を見る目は、正しいか!?
2019-11-11---中国「独身の日」スタートし、1分で1500億円突破!
2019-11-11---ソフトバンクの「大失敗」は、次のメルトダウンの予兆と予測する。
2019-11-01---アリババ集団の2019年第3四半期決算、純利益3.6倍!
2019-10-30---「独身の日」直前予測!中国人の8割が米国製品をボイコット!
2019-10-25---ソフトバンクグループ株が本当に、4,000円を切った。
2019-10-08---米国の「景気後退」は以前から指摘されてきたが、懸念鮮明。
2019-08-18---米国の景気は、いつ急落するか!?
2019-08-07---米中貿易戦争と、米国のFOMCの利下げで、世界へ利下げ連鎖!?
2019-08-05---NY株、今年最大の下げ!急落US$767安。
2019-07-31---ブラジルも利下げ!米国に追従!
2019-07-31---FRB10年半ぶり利下げ、0.25%。
2019-07-30---中国の景気減速で、最も打撃受けるのは韓国!?
2019-07-25---トルコ中央銀行、4.25%利下げ。
2019-07-23---韓国銀行総裁、日本輸出規制で成長率引下げ示唆!
2019-07-18---韓国は強がっているが、3年ぶり政策利下げ!
2019-07-10---2019年。タイの成長率見通し、サイアム商銀が下方修正。
2019-07-05---FRB、米国の景気先行きに改めて警戒感の報告書を公表。
2019-06-23---中国の広域経済圏構想「一帯一路」は、実現可能?!
2019-05-18---米中貿易戦争で、人民元の独自決済網89カ国・地域に拡大!
2019-05-13---NY株、さらに続落し、下げ幅は一時US$700を超えた!
2019-04-21---米国を襲う次の不況は、過去の不況と違うのか。
2019-03-31---インドネシア、デジタル化で銀行の人員縮小。
2019-02-26---FRB議長、米国財政は「持続不可能(Unsustainable)」と警鐘。
2019-02-01---大統領が選んだ「超々バブル」がやってくる!?
2019-01-04---米国のFRB議長、利上げ一時停止も「柔軟に見直す。」
2018-12-25---週明けのNY株、大幅続落US$653安、計US$5000下落。
2018-12-25---トランプ大統領、「株式を買う絶好の機会だ」と力説。
2018-12-21---日経平均、「2万円割れ」まであと6円!
2018-12-04---NY株、またUS$799.36安の大暴落!
2018-09-05---世紀の危機、リーマン・ショックから10年。
2018-08-28---さらば株式市場!こんにちは仮想通貨。
2018-08-23---ミャンマーは、インフレ率が近年で最も速いペースで上昇。
2018-08-21---未来のCSRは、ブロックチェーンでどう変わっていくか?
2018-08-20---世界で、ESG投資が2500兆円に膨らむ。
2018-08-09---韓国財閥ハンファの日本の子会社、日本で仮想発電所の実証実験!
2018-08-06---新興国の債券が、大量償還時代に入る!
2018-08-03---ウォール街でESG投資が拡大。これは、強欲資本主義の終わり?
2018-08-02---「資金調達の冬」を迎えはじめた中国で、ブロックチェーン企業は活況。
2018-07-30---イスラエルで、ブロックチェーンを利用したギフトカード。
2018-07-29---「トークン・エコノミー」に挑戦する人たち。
2018-07-26---テスラ、資金繰りへの懸念高まる。
2018-02-19---2月に入り米国株を襲い、世界の株式市場を動揺させた突風の正体。
2018-02-12---楽観的すぎるトランプ政権の2019年度予算教書?!
2018-02-08---ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領による自滅バブル(Bubble economy)
2018-02-07---トランプ大統領Twitterで、株価下落「大間違い」と不満を送信!
2018-02-05---米国株、急落!ダウは史上最大の下げ幅US$1,175安!
2018-01-28---先進国経済、10年ぶり需要不足解消される見通し。
2018-01-20---予算失効で、4年ぶりに米政府機関ショット・ダウン。
2018-01-10---東京市場。「株価5年で10倍」でも、バブルと呼ばない!?
2018-01-10---世界株高が、商品相場に波及し、原油、投資マネー流入で高値沸騰。
2018-01-09---中国IT、株時価総額でサムスン抜く!
2018-01-09---世界銀行、世界経済見通し、2018年の成長率3.1%に上方修正。
2018-01-06---トランプ米大統領、「自分は天才」
2018-01-05---世界中で、株高!
2017-12-22---Bitcoinは、現在袋叩き状態で、bitFlyerが、売りを受け付けない!
2017-12-15---「Bitcoinで、ポルシェを買いたいのですが?」
2017-12-13---オーストラリア中央銀行総裁、Bitcoin人気は「投機熱」と言っ
2017-12-09---エルサレム問題で、北朝鮮が「老いぼれトランプ」
2017-12-08---Bitcoinは、米国市場の機関投資家の資金流入?先物を通じた売り注文の増加?
2017-12-05---トランプ大統領、イスラエルの首都をエルサレムと承認。
2017-09-13---JPMorganのCEO、「Bitcoinは詐欺だ!」で、価格が落ちた!
2017-05-11---2016年度の経常黒字、リーマン・ショック前の水準を回復。
2017-03-24---真珠王で有名なTASAKIは、MBOを発表。
2017-01-16---世界の富裕層上位8人の資産は、下位506億7500万人の資産額と同額!
2017-01-10---オバマ大統領、任期最後の演説。
2016-12-30---今年の大納会は、終値5年連続上昇。大騒ぎの末、終わってみれば元の鞘。
2016-07-15---浮上した究極の経済政策? 「ヘリコプターマネー」
2014-04-16---インターネットは、リーマンのように世界景気の衝撃に弱い。
2014-03-04---米国大統領、US$3.9兆の予算教書を提出した。
2014-01-31---NY裁判官は、バンク・オブ・アメリカのUS$85億での解決を了承。
2013-10-24---米国の銀行は年末に向けて、また大荒れ!
2013-10-20---JPモーガンは、史上最大の罰金、US$130億を払ってもよい。
2013-10-17---ゴールドマン・サックスの第3四半期収入は、20%の大下落!
2013-10-16---JPMorganは、CFTCとの合意で、悪事を認め、罰金US$1億支払う。
2013-10-03---シティ・グループは、公開前の企業秘密情報を投資者に配信して、罰金US$3000万。
2013-10-01---銀行Wells Fargoは、不正を解決するためFreddie MacへUS$8億6900万払う。
2013-09-17---バークレーズは誤りを犯し、少なくとも300,000人の借り手に払戻。
2013-09-15---リーマン・ショックから5年。
2013-08-18---米国政府当局は、JPモーガンと中国企業の取引を調査中。
2013-08-06---米国政府は、抵当証券上でバンク・オブ・アメリカを訴えた。
2013-07-17---バークレーズと米国エネルギー・トレーダーに、罰金US$4億5300万。
2013-03-18---シティ・グループ、さらに投資者との訴訟和解金US$7億3000万で、同意。
2013-01-23---大きな銀行家は危機の中の批評家に対して防御。
2013-01-16----ゴールドマン・サックスとJPのモーガンの利益急上昇。
2013-01-07---Bank of America、住宅ローン債権の解決で巨額支払いに合意!
2013-01-02---米国は、まだまだ支出、負債上の政争に直面し続ける。
2012-11-26---トレーダーKweku Adoboliの暴走事件で、UBSに£2,970万の罰金!
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-20---UBSの賭博師トレーダー、£14億のロスの不正行為に対して有罪。
2012-11-15---ユーロ圏は、ドミノ式に次第に全体が後退していった。
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-10-24---バンク・オブ・アメリカは、抵当不正行為のUS$10億で訴えられた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-08-30---Citi Group、サブプライムの問題を解決するためにUS$5億9000万を払った!
2012-07-31---野村ホールディングスの最高経営責任者、インサイダー取引スキャンダルで辞職。
2012-06-22---ムーディーズは、大手15銀行を格下げ!
2012-06-03---銀行は改良すべき時期に来た!それは押し進めるに違いない。
2011-11-16---米国銀行株価は、ユーロ圏接触警告で暴落。
2011-11-01---バンク・オブ・アメリカは、デビット・カードの使用料金を取り消した!
2011-09-06---強すぎるスイス・フランを弱めるために、スイス国立銀行が動いた!
2010-09-25---潰れた投資銀行が所有していたアート作品オークション!
2009-12-21---世界経済危機の原因と解決法。
2009-12-01---鳩山内閣は日本を不況から救い出せない!?
2009-10-22---イギリスが「不況終了宣言」をした!
2009-10-14---NYダウが1年ぶりに、US$1万の大台回復。
2009-09-13---不況の幽霊大船団。
2009-09-07---日本企業の反撃はあるか?
2009-08-25---ホワイトハウス、今後10年間で赤字総額US$9兆という恐ろしい数字を算出。
2009-08-18---世界の景気に関する反応はさまざま!
2009-08-11---レストランにセクシーな店員増えれば不況の兆し!?
2009-07-15---不況時の経済ニュースは、何を見るか?
2009-06-29---米国のテクノロジー市場、最悪!グローバルは、極悪!
2009-06-03---「不況」が来ることを知らせなかったメディアは、許せない!
2009-06-01---米国のGMが経営破綻した。
2009-05-20---GDPの年率換算で15.2%減と戦後最悪をさらに更新。
2009-05-05---米国のこの不況は、電子商取引マーケティングで新しい焦点を強制!
2008-10-14---今回の不況は18ヶ月間続くのか!?
2008-10-09---米国のハイテク不況: どれくらい続き、そして、どれくらい悪いか?
2008-10-03---リーマン、AIG、リンチの放出ニューヨーク不動産情報!
2008-09-29---米国の財政的混乱と、インターネット企業への影響!
2008-09-22---馬鹿げた経済」の再来で、大統領選の筋書きが書き換わった!
2008-09-15---ウォール街の大混乱は、ハイテク企業にどう影響するか?!
2008-09-15---アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が倒産。
2008-04-14---不景気になるとクーポンが増える!
2008-04-10---米国のバラ色経済は短期間。
2008-04-10---国際通貨基金、世界規模の不景気を警告。
2008-03-02---Google社の弱点は不況の恐怖。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!