【ご要件はなんでしょう?】#デジタルにできることはまだ、あるかい

このノートはデジタルハリウッド大学における、落合陽一氏による特別プログラム「メディアアート」の成果発表展示会のための作品説明である。

ご要件はなんでしょう? 東尾 勇佑

人物名は分かっていても、その人がした事がわからない、或いは思い出すことが出来ない事って、よくあると思うのだが、そういった疑問を解決してくれる技術として、AIが取り上げられる。この技術は人類が最後に生み出したものとされる程、その可能性は偉大だ。そのAIの代表例にAIアシスタントのSiriが挙げられるであろう。しかし、都市伝説として実しやかに語られる事もしばしばあり、それが果たしてSiriの存在意義につながってくるのだろうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

学生による「手作り」の展示会を実施しています。いただいた費用は、展示会の運営に回させていただきます。 みなさまによるサポートをお待ちしております。

5
デジタルハリウッド大学主催、メディアアート講座のnoteアカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。