見出し画像

張健 FCoin(前HuoBi CTO)の経歴(前半)

https://www.hibtc.org/17646.html より翻訳です。

2018年 張健36歳 現在人生で3回目の歳男真っ只中
伝統的な中国文化では、出生年は不運な年とみなされ、多くの障害があると言われます。
歳男の張健は、現在この特殊な”呪い”を打ち破ろうと努力している…
 FCoinの創設者であり、HuoBiの元CTOでもある張建(Zhang Jian)は、5月24日からFCoinを開始させ、わずか半月で取引量を世界のトップにまで上り詰めました。 世界第2位から第7位までの取引所は張建(Zhang Jian)についてよく語ります。張建は養分を狩りネズミ講をやっていると思う人もいますが、張建は5年の月日を刀を磨いて待っていたと語る人もいます。 賢者は賢者より知識を得るでしょう。おそらく時間のみがあなたに最終的な答えをもたらすでしょう。 それでは、張建とFCoinを理解することから始めましょう。

①ビットコインとの出会い

 張健は2013年にこの暗号通貨の世界に足を踏み入れました。この世界ではもう若くはありません。2013年当初、まだ多くの人はビットコインという言葉を知りませんでした。彼もまた同じでしたが、彼はこの全く新しいビットコインというものに興味を持ち、インターネットで色々なサイトを訪問し、非常に楽しみながらこの全く新しい通貨を学び理解しようとしました。
 2013年、ビットコインというものを聞いたことはあるかも知れませんが、多くの人は”聞いたことがある”くらいで時間をかけて調べたり、研究したり、深く理解しようとはしませんでした。
 探究心が強く、学ぶことが好きな、張健はこのビットコインに対して強く興味を持ったのだろうと思います。好奇心、時に疑惑が混じった感情を抑え、Googleでたくさんの興味深い情報を得ました。この日以来、彼は全く新しい世界に触れ、自分の研究と探究心を抑えることができませんでした。

『当時私は、ブロックチェーン、マイニング、ウォレットやノードの建て方を一通り触りました。コードも一通り勉強しました』

 まるで彼は好奇心旺盛な赤ちゃんのように、一歩一歩まだ見ぬ世界へ入っていき、少しずつ謎に触れ、楽しみました。”精巧に作られている”、”非常に画期的だ”、”美しい”、これが彼がはじめに抱いた印象でした。

当時、中国にはビットコイン専門のインターネットサイトはなく、張健は国外のサイトへアクセスしビットコインの色々なニュースを見なければいけませんでした。海外のサイトにはもちろん中国語は無く、ネット速度も遅く非常に多くの時間を無駄にしました。多くの困難に遭い、多くのアイデアと慎重な思考を持つ彼は徐々に大胆な考えを持つようになりました。

なぜ中国人によるブロックチェーン専門サイトが無いのか…?

これが彼が立ち上げた"qukuai.com"を立ち上げた考えの起源です。 

②HuoBiと出版

 2014年、ついに"qukuai.com"が完成し、張健のアイデアは実行に移されました。"qukuai.com"の登場は、中国国内の足りなかった部分を埋め、中国国内で最も初期のブロックチェーンに関するサイトとなり、広く業界で受け入れられ、大きな影響力を持ちました。そのすぐ後、"qukuai.com"はHuoBiに買収され彼はHuoBiのCTOに就任しました。

 2016年、張健は自身の著書『ブロックチェーン:未来の金融と新経済のパターンを定義する』を出版しました。しかし、彼は自分で意図的に広告をすることはあまりしませんでした。彼は非常に謙虚で、百度百科にさえ紹介を掲載すること無く、彼はメディアに顔を晒す事も少なく、いつHuoBiを離れたのか、なぜ離れたかと知る人もほとんどいません。

 張健は”メディアへの露出は好きではない”と認め、”起業するということは、物事がどの様に行われているかを見ることだ”と言いました。謙虚で、実用的なものを好み、信頼できる、これらが彼を知る人が語る彼の印象です。

 ここ数年、ブロックチェーンは思わぬ人気を見せ、各界の有名人もこぞって参加し、ビットコインは当初より何倍になったかわかりません。
 張健は、この状況を見て混乱しています。良いことは、業界がようやく成長し発展したということです。これは、業界がある程度進展したことを意味します。悪いことは、多数の人々の流入とメディアの誇大宣伝はブロックチェーン業界にバブルを招くことになります。

 この数年の経験から自分に言い聞かせます。盲目的に何かを追いかけることは自分の初心すらを失うことだ、と。彼は金銭的な欲望の行動を断った。

 張健は自分が何をしたいか明確にわかっています。自分も他の人の様に人気と知名度を使い誇大広告を利用し、狂った養分を刈り取ることができるかも知れないということを分かっています。しかし、彼はそんな事を願ってもいません。
 張健は知名度や名声は公衆の信頼のバロメーターであり、これを絶対に悪用してはいけないと深く考えています。
 張健は明確な目標、正確な位置、堅実さと自信を持って確実に歩みました。

③HuoBiを離れ人生の次の駅へ

 2016年後半 張健はHuoBiを離職します。

当時HuoBiを離れた大きな原因はブロックチェーン技術の発展に楽観的になったからです。すでに一部の人はビットコインの値上がりのみに期待するのではなく、ブロックチェーンの会社について話していました。この時期かなと思いました。

 実際、2014年の早い時期に、ブロックチェーンとビットコインを分けることができるかどうかの業界の議論がありました。2015年から2016年にかけて、「コイン」を伴わずにブロックチェーンの基本技術を応用した多くの企業が登場し、業界は2つの有名な「コイン」と「チェーン」という2つの大きな陣営に分かれていました。

 当時の張建(Zhang Jian)にとって、「チェーン」は、彼自身の興味と開発の方向に沿ったものであることが明らかでした。したがって、明確な目標を持ち、張健はBo Chenを創設し、ブロックチェーンの基礎技術の研究と開発に焦点を当てました。

当社の技術は非常に堅実であり、いくつかの国際規格の開発に参加しており、私たちは最高のブロックチェーン技術チームの1つであると考えています。

 017年、ICOは業界の主流となり、富をすばやく手に入れる方法に成り下がりました。ホワイトペーパーを書いても書かなくても、何億ドルもの資金を調達することができるようになったからです。

 しかしこの中で張健はICOの提案や要求をすべて拒否しました。彼は何のルールもなく公的資金を調達することは、間違いなく「金儲けのための悪徳な行動」につながるだろうと考えたからです。

 資金調達によって資金を集めることは”誓う”ことではあるが、実際にはほとんどのプロジェクトは進行もしていないだろう、と正直に語りました。

 業界内を観察しながら、張建はチェーンと通貨の関係を再考しました。思考が深まるにつれ、張建の認識は徐々に変化し、トークンの価値を徐々に認識していきました。

経済学の核心は流通の問題であり、流通の鍵は技術にある。誰が本質的に流通技術の進化を促進させることができ、誰が生産関係において飛躍を遂げることができるのか?

張建は、トークンは生産関係の飛躍をもたらすことができるような役割を担っていると考えています。

トークンの出現はまるで会社の出現と同じようですが、トークンが勝るものが多く、全世界に障害なく分散することができ、集中的な信用を裏付けすること無く、すべての人がコミュニティの中で使うことができるかも知れない。

張建は、トークンエコノミーは大きな力を持ち、次の世界経済成長の波をもたらすと考えています。

FCoinは張健のトークンエコノミーを用いた実験的な完全形です。

Fcoinの張健の経歴をHuoBiを離れるところまでまとめました。
次回は、FCoinの立ち上げです。
お楽しみに! 

*記事を気に入って頂ければRTおねがいします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
CryptoCurrency Exchange/Community FCoinJP初のコミュニティ出身代表 Multi-Lingual in JP/CHN/KOR/ENG FCoinJPコミュニティリンク:https://t.me/FCoinJPofficial
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。