見出し画像

【シード編】海外PropTech資金調達動向vol.3<Part1>

みなさんこんにちは、PropTech特化型VCを運営する株式会社デジタルベースキャピタルのアナリスト渡邉啓太郎です。
本記事では、グローバルにおけるPropTech企業の資金調達事例についてご紹介します。

はじめに

本記事では、海外のPropTech(Property×Technology、不動産テック)によるエンジェル、プレシード、シードラウンドの資金調達ニュースを中心にお届けします。【シリーズA/B編】と合わせて、米国を中心として、どのような領域でサービスが立ち上げられ、注目されるのか、その動向を少しでも早く捉えることが目的です。

欧米やインド、エジプトのスタートアップ9社を紹介。建設Tech,商業不動産領域,シェアスペース等の事業がシードラウンドで資金調達

Crunchbaseや各社ウェブサイト等から2020年2月にエンジェル・シードラウンドで資金調達をしたPropTech企業をまとめます。グローバルにおける初期段階の資金調達状況を見ることで、不動産、建設のPropTech領域における最先端の動向を探ります。
2020年2月にシードラウンドで資金調達を行ったPropTech企業を2回に分けて紹介します。
本記事ではPar1として、9社について個別に紹介します。


Homzmart

webサイト_Homzmart

企業名:Homzmart
設立年:2019年
本社:エジプト カイロ
調達概要:シードラウンド US$1.3M(2月3日)、Equitrust, MSA Capital, Oman Technology Fund, 500 Startups
事業概要
家具メーカーやホームデザイン企業とホームオーナーをマッチングするBtoCマッチングのECプラットフォームを提供している。Webサイト上でユーザーは4,000枚以上の様々なタイプの部屋の写真を見る事ができ、自身の部屋のデザインアイディアをリアリティを持って想像する事ができる。その後同サイト上で家具の購入やデザイナーとのコンタクトが可能。
参考記事
Homzmart HP
・menabytes,2020月23日,「Homzmart, a Cairo-based furniture marketplace founded by ex-Rocket Internet execs, raises $1.3 million seed


Brick&Bolt

webサイト_Brick&Bolt

企業名:Brick&Bolt
設立年:2017年10月1日
本社:インド バンガロール
調達概要:シードラウンド US$1.5M(2月11日)、Surge Ahead,Aakash Goel, Meghna Agarwal, Navin Dhanuka
事業概要
ビルや住宅の建設やリノベのデザインから施工・支払いまで一括して提供するECプラットフォームの提供。顧客はオンラインサイト、スマホアプリ上でリクエストを行い、Brick&Boltはデザイン、設計を行い、その後は施工会社と顧客との仲介業務を提供する。見積書や契約書の煩雑な手続きはBrick&Boltが請負い、顧客はオンラインアプリ上で進捗状況を詳細に確認できる。
参考記事
Brick&Bolt HP


Scaled Robotics

webサイト_Scaled Robotics

企業名:Scaled Robotics
設立年:2016年1月1 日
本社:スペイン バルセロナ
調達概要:シードラウンド EUR€2.0M (2020年2月3日) 、Construct Venture
,Surplus Invest
事業概要
建設現場で作業を効率化するためのロボットを開発・製造・提供している。従来建設工事は100年以上も前に開発された工具と現場の人の作業に依存しており、オフィスで行った設計と実際の完成物のクオリティに差がある事が多々あった。また、労働集約的であるため、作業効率も低く、ミスも多い。Scaled Roboticsはチェーンソー等の自動工具や、3Dスキャナー等のロボットの導入により、建設工事の正確性の工場、作業の効率化、コスト削減を実現している。現在オランダのDura Vermeerや英国のKier等の建設会社が主な顧客で、様々な建設工事現場に配備されている。
参考記事
Scaled Robotics HP
・Tech Crunch,2019年8月3日,「Digitizing construction sites with Scaled Robotics


Obie

webサイト_Obie

企業名:Obie
設立年:2017年
本社:米国 シカゴ
調達概要:シードラウンド USD$2.8M (2020年2月4日) 、FundersClub, JD Ross, Justin Alanis, Liquid 2 Ventures, Matt MacInnis, MetaProp NYC, Soma Capital, Y Combinator
事業概要
中・小サイズの商業不動産投資ファンドとそのマネージャーに向けて、ポートフォリオマネジメントを一括管理できる無料プラットフォームの提供。ポートフォリオに関する全データを管理する事ができ、プロパティマネージャー・テナントリースブローカー・LP投資家等アクセスが必要な全ての人が一括してアクセスする事が可能。また、不動産に関する財産・損害保険の提供も行っており、通常より10-15%保険料を安く抑える事ができる。Y Combinaterが主要な投資家。
参考記事
Obie HP
・ChicagoInnnoStories,2020年2月4日,「 YC-backed Commercial Real Estate Startup Obie Raises $2.8M


KUGU

webサイト_KUGU

企業名:KUGU
設立年:2019年
本社:ドイツ ベルリン
調達概要:シードラウンド  (2020年2月5日) 、IBB Beteiligungsgesellschaft, Agile Accelerator, High Rise Ventures, Wecken & Cie
事業概要
ドイツでビルの熱エネルギーを最適化するサービスを提供。住居の熱エネルギー使用の最適化は、住民のみがメリットを教授するため、従来ドイツでは、住居ビルのオーナーとオペレーターはほとんどエネルギーの測定と効率化を行っていなかった。KUGUはIoTとAI技術により、熱エネルギー使用状況を測定し、可視化、分析する事で、様々な用途に応用可能なソフトウェアを開発し提供している。
参考記事
KUGU HP
・VentureCapital Magazine,2020年2月5日,「Kugu: seven-digit amount for more energy-efficient property management


Search With Style

webサイト_Search With Style

企業名:Search With Style
設立年:2013年
本社:米国 カリフォルニア
調達概要:シードラウンド USD0.1M  (2020年2月4日) 、SeedInvest
事業概要
戸建購入者に向け、建築様式から物件を検索する事が可能なECプラットフォームの提供。PresidentのMark Hughesによるとアメリカでは毎月100万以上のホームバイヤーが建築様式から物件を検索するが、最適な検索ソリューションが不足しており、購入が実現する事は少ない。Search With Styleは600のMLSリストから独自開発のアルゴリズム、人手、画像認識AIにより情報を収集し、建築様式別のDBを構築し、提供している。
参考記事
Search With Style HP


Friyey Space

webサイト_Friyey Space

企業名:Friyey Space
設立年:2017年
本社:インド プネ
調達概要:シードラウンド   (2020年2月14日) 、Tarun Bhalla
事業概要
インドのパブやクラブをコワーキングスペースとしてスタートアップ企業に提供している。パブやクラブのピークタイムは7PMで、日中は使われていない事が多い。またパブやクラブの内装や雰囲気等はカフェやレストランよりも仕事を行うのに適した環境であるとCEOのYogesh Thoreは考え設立した。対象は従業員数5-6人以下のスタートアップ企業で、9PM-6PMの間オフィスとして提供。エアコン、飲み物、座席、Wifi、常備スタッフ等々完備で、2,999INR/月( ルピー、≒4,600円)から提供している。また週末にはメンバー対象のMeet Upを開催しており、これまでに40回主催し、5,000人以上の起業家が参加している。2019年のローンチから現在までで、インド、プネの5つのパブやクラブで、129の企業、1,655のコミュニティメンバーにサービスを提供している。今後は2020年末までに7の都市で50ヶ所新たに展開する予定。
参考記事
Friyey Space HP
・Inc42,2020年2月14日,「Exclusive: Friyey Gets Seed Funding To Make Pubs Coworking Spaces


Kzas.AI

webサイト_Kzas AI

企業名:Kzas.AI
設立年:2019年2月26日
本社:ブラジル サンパウロ
調達概要:シードラウンド USD4.0M  (2020年2月7日) 、Redpoint eventures
事業概要
不動産投資家に対し、AI技術を提供。不動産を買う際、ブローカーを雇い物件探しや交渉プロセスを任せるか、それら全てを自ら行う2パターンに分かれる。前者ではブローカーの収益は手数料から賄われるため、利益相反が起こる可能性がある。後者では、全ての候補物件のリスク情報等を洗い出す必要があり、膨大な量のリサーチを行わなければならない。Kzasのプラットフォームでは、ユーザーは求める物件の情報を入力するだけ
参考記事
Kzas.AI HP
・Property PortalWatch,2020年2月19日,「Kzas introduces new “real estate marketplace” concept


neu

webサイト_neu

企業名:neu
設立年:2016年8月
本社:米国 シアトル
調達概要:シードラウンド (2020年2月3日) 、Techstars, Techstars Seattle Accelerator
事業概要
Airbnb等を通じて、民泊を提供するホストに対して、部屋のクリーニングに関するサービスを提供する。枕カバーやシーツ等のアメニティから、クリーニングのスケジュール、点検等、一括したサービスを提供する。Airbnb,HomeAway等の民泊プラットフォームとパートナーを組んでいる。
参考記事
neu HP


おわりに

今回は2020年2月にシードラウンドで資金調達を実施したPropTech企業9社を取り上げました。欧米、インド、エジプト等の地域にて、建設Tech,商業不動産領域,シェアスペース事業等のサービスを提供するスタートアップが調達を実施していました。基本的には既存ビジネスの労働集約的で非効率な作業を、テクノロジーの導入により簡略化、効率化する事がメインテーマの一つとなっています。


株式会社デジタルベースキャピタルとは
2019年に設立された日本初のPropTech特化型ベンチャーキャピタルです。人々の暮らしや働き方を豊かにするLaaSをテーマに規制産業(不動産、金融、建設)領域に関連するスタートアップへ投資しています。
主な投資先 X KitchenCLASADDressmodecasFUEL 等。

ベンチャー投資事業に加えて、大手企業向けのデジタルトランスフォーメーション、オープンイノベーションにおける戦略コンサルティングも行っています。
主な支援事例:ゼンリン、LIFULL、三菱UFJリースらによる次世代不動産情報インフラプロジェクト「ADRE」、一般社団法人第二地方銀行協会「SARBLAB」等。

PropTechスタートアップコミュニティPropTech JAPANの運営を行い、アジア最大規模のPropTech特化型ピッチカンファレンスPropTech Startup Conferenceを運営しています。

起業・資金調達のご相談、コンサルティング/リサーチに関するご依頼等はお気軽にこちらよりお問い合わせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
「規制産業のDXとオープンイノベーションを通して人々の暮らしを豊かに」をミッションとしてPropTech特化型VCを運営しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。