遊:
会意形成文字
しんにゅう(しんにょう)部が、「道を行く、すすむ意を表す。
ゆれうごく意と音とをあらわす部「」から成り、ゆっくり道を行く、ひいては「あそぶ」意をあらわす。
『角川新辞源』1989年 二九一版 より
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わぉ!ありがとうございます!
公立高校教師23年して2017年3月退職。 「すべての存在が互いを尊重する、平和な世の中に在る」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録