自然と音楽

久々にライブを3日間連続でやった。

3日とも自分的に絶対なイベントで、とても濃い日が続いた。

15日、千葉LOOKでヒダカさん(THE STARBEMS)によるアコースティックイベント、FRONTIER BACKYARD田上さんも一緒ってことで、千葉の先輩、Niw!の先輩と、偉大なる二大先輩との歌い手としての対バン、kidori kidoriマッシュくんも含めた最後のセッションとか、なんか不思議な感じでした、今まで歌い手としてこういうセッションは参加してなかったから、なんて言ったらいいかわからないけど、良い時間だったな。

1. an eve                              2.leave it to me                           3.フェアウェル                            4.水を打ったような静けさ                       5.余暇と祝祭


16日、静岡ふもとっぱらで行われたGO OUT JAMBOREE 2016に朝イチのトップバッターで出演。ステージから見えるテントの群れ、でっかい富士山、そしてお客さんたち、景色が素晴らし過ぎて非現実感と多幸感が満載な会場の雰囲気だった。歌っていてものすごく気持ちよかった。

して、ライブ終わりに、見てみたかったキャンプサイトへ、参加してるキャンパーはどんなレイアウトを組んでるのか見に行ったのですが、言葉を失ったよね…もう凄過ぎて、キャンプの住宅展示場…笑。かっこよすぎる、良いもの見れた笑

そして、移動。長野県軽井沢で開催されている井浦新さんがディレクターを務めるブランドELNEST/MIGHTRYの5周年イベント「舞鳥祭」に17日出演するために。移動も下道多めで、景色が良すぎて最高だった。

1. スローテンポ、スローライフ                    2.leave it to me                           3.余暇と祝祭                           4.she said                              5.tatata


17日 「舞鳥祭」

お客さんも50組限定というプライベート的な感じで行われたイベントにクリスヴァンコーネルのハルカ、堀田くん、自分の三人編成で演奏してきました。すごく自然体なイベント、みんながとても楽しそうだった、自分もゆったりと楽しめた。MCでも言ったのですが、この「舞鳥祭」に参加する意味が僕らにはたくさんあるわけなのです、直接5周年お祝いできて本当嬉しかったです。

1. スローテンポ、スローライフ                    2.leave it to me                           3.フェアウェル                            4.あの角をまがれば                          5.余暇と祝祭                            6.an eve

GO OUTと舞鳥祭という自然の中で歌って音を出せるイベントに参加して、小さい頃に森の中に基地を作ってみんなで遊んでいた時を思い出した、この二日間はそれに似た感覚で過ごしていたような気がした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
クリス ヴァン コーネルで歌、アコギに鍵盤や曲作りを担当、ソロとしても曲を作っています。