夢を掴むのは誰だ。GTC国内最大級のPUBG MOBILEオープントーナメント 【グランドファイナル編】
見出し画像

夢を掴むのは誰だ。GTC国内最大級のPUBG MOBILEオープントーナメント 【グランドファイナル編】



 5月5日に始まったGame Tector主催のGT championship。

今回はそのGTCのグランドファイナルの見所や注目チームを追っていきたいと思います。

GTCとは?


 「参加を通じてゲーム仲間と繋がれる大会管理サービス
GameTectorが送るPUBG MOBILEのオープンリーグです。
使用端末はスマホに限定され、賞金総額10万円。
プロ、アマチュア問わず参加できる、多種多様なチームが火花散らす熾烈なリーグとなっています。

 全3グループのグループステージを経て上位10チーム+招待2チームがセミファイナルに進出。
そしてファイナルステージで選ばれた上位16チームが賞金と夢を掛けて争います。



最後はGrand Finalの模様をお届け!

まずはいつもの結果から!

画像1


脅威の粘りで両日通して常に上位にを確保したSUSANOO GAMING8が初代王者に輝きました!

今回はDayごとに注目してお届けします!

Day1


Day1は盤面コントロールに長けたチームが上位を獲得。
 初戦からErangelで安全地帯が荒れる中、初日好成績を収めたのはFSY、LoL、SG8の3チーム
 彼らの終盤にかけて、それぞれスモークやタレット、スプリット、ファイトによる様々な起点を生かしたエリアコントロールによって各チームドン勝とキル数を両立していくレベルの高い試合運びとなりました。
 

画像2

(初戦最終盤、LOL選手による大胆な押し上げ)

なんといってもファイトがうまい。
そんなLOLの大胆な大勝負の一幕がこちら。

 なんとド終盤の安全地帯で何が判断材料になったか印選手が後ろにカバー2人を置き安全地帯中心にエントリー。東側のASEや西側のFAVも反応せざるを得ず応戦しますが、なんとPangD選手とちこ選手が後方からしっかり射線を引きカバー。

画像3

 印選手の前線押し上げが生きたことにより、そのままFAVと同じラインで戦闘が可能に、そのままFAV、さらには後ろの2人が印選手を生かしながら立ち回りASEも食い切ってドン勝を獲得しました。



縦に広げ大きく支配圏を広げたLOLに対し、今度は"面"のSUSANOO GAMING8です。

画像4

 Sanhokの最終盤、ファイトによって安全地帯南側の家屋を手に入れたSG8、そこからSimon選手が一目散に稜線奥のファイトを聞きつけ安全地帯内の一番高所へ単独スプリットします。
 

画像5

 安全地帯内と際を横に広く"面"で範囲を広げ、Sanhok特有の最後の混戦を、広く情報を取ることによって自らもポイントに介入。稜線奥のE36に単独で広く射線を引き、更には次に脅威となりえるPHALANXのポジションさえも落としきり、SUSANOO GAMING8が激戦と混乱のマップSanhkokを制します。

そしてFOR 7 Youth


 彼らはDay1の3.4戦目に2連をドンを獲得。初日トップに躍り出ます。彼らもやはり終盤のポジショニング。特に光ったErangelでは17killを上げてのドン勝となりました。

画像6

 Ruinsの東の山が最終安全地帯と見られた4戦目
ASEのファイト終了後に収縮に合わせてFSYは斜面にエントリー。ここからASEを潰し、山の南西部を自らのポジションとして確立することに成功します。

画像7

 すかさず山頂へスモークを広く展開し、高所を生かしつつ情報を回収、射線も通してSG8らにダウンを与え、プレッシャーも掛けていきます。

 山頂確保後はそこから2.2で高低差を生かしCOLORS.LLGに対して投擲物、更にはファイトを仕掛けてプレッシャーをかけつつ有利を広げていきます。

画像8

 制圧力もさることながら、的確な位置への投擲物によりLLGを葬り、FOR7 Youthのドン勝となりました。


 最終盤へ向けての各チームのポジションに対するアプローチが大きく結果を分けたDay1は、チーム総出で攻勢を仕掛け、高い連携力と制圧力でマップコントロールの主導権を握ったFSYがDay1を制する結果に。
ASEのポジションに突貫時には6killだったものの、最終盤でキルを11伸ばすポテンシャルで走り切りました。

画像9


Day2


やはりPHALANX


画像10

 彼らの強み、そしてチームコンセプトである安全地帯中央ど真ん中のムーブが完全に初戦Erangelで刺さりました。
 最終安全地帯が麦畑かもしれない、という不穏な空気が流れる始めた頃、すでに彼らは溝北の家屋にポジショニング。遮蔽物皆無溝地獄の中で、彼らを止められるチームは他にいませんでした。堅実にチームの中で連携を重ね、高い練度を誇るPHALANXはErangelでドン勝を獲得。
その後3戦目Miramerでも、#3に収めキルを独占、Day2トップで終えました。


SanhokのSUSANOO GAMING8

 

島で見せられたら今度はもう一度南国でSUSANOO GAMING8が暴れます。

画像11

 完璧なセンタームーブのポジションでなおかつ展開もできて家屋も手元にあるPHALANX、もはやPHALANXドン勝かと思われたSanhokでしたが、HyoN選手の見事なグレネードで手前の展開駒をカット

画像12

さらにそこから中央にPHALANXを置きながらRelaxedlyに対してMACKEN選手とHyoN選手が遠距離から制圧。

画像13

終盤は特に不利ポジションを強いられるも、そのままPHALANX、ASEと正面ファイトで潰し切り、SUSANOO GAMING8がDay2もSanhokドン勝獲得となりました!

 少人数戦においてでも、射線が多少厳しくても、個々人の粘り強さと、貪欲に他方に手を出してポジションの確保、キルポイントの確保に手をかけていくSUSANOO GAMING8、混戦になればなるほど、顕著に各個人の生存率の高さが現れ、情報が整理し切れない戦いの中でも、きっちりとどうした方が上手くいくかへの導きが非常にうまく。咄嗟の状況対処能力にも長けている為、入り乱れやすいSanhokをフィジカルと反射で解決しドン勝を目指す、一番できた形がとられていました。
 島や砂漠でもタフなスタイルは現在で、ひたすら粘って粘って上位に食い込み続けたムーブがSUSANOOを結果に結びつけたのだと思います。


粘り切ったSUSANOO GAMING8が
優勝🏆

画像14


 Day1.2両日とも生存ポイントを高いレベルで獲得し、Day1のみならずDay2のSanhokでもドン勝を獲得、人数を削られても安定した順位を叩き出し、粘り強く堅実なムーブで上位に食い込み続け、Day1を3位.Day2を2位で終えたSUANOO GAMING8が GT ChampionShipの初代王者に輝きました。


Season1は以上の結果で幕を閉じました。
次回Season2にも、各チームリベンジや、新チームの参入など、またまた胸熱な展開が期待されます。

またこの中からPMOT、ひいてはPMCLに参入するチームもいると思います。指折りの猛者たちが、また画面の向こうで活躍する姿を楽しみに、熱いドラマを見せてくれることを期待しながら、皆様の活躍をお祈りしています!

ここまでお付き合いくださりありがとうございました!

それではまた。


                ✍️界隈図鑑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
CUSC- C&U SCRIM COMMUNITY PUBG MOBILEのスクリムを運営。月間約50,000人を動員する日本最大規模のスクリムコミュニティになります。 CUSCが携わる企画や大会についての記事をお届けしつつPUBG MOBILEの発展に繋がれば嬉しいです。