I'm back

真心のセルフカバーアルバム「トランタン」めちゃくちゃ良かったと思いませんか…😭

画像1

その昔、好きすぎたあまりに活動休止がショックで現実を受け入れられず、そこからなんとなく情報を遮断していた。
(あ、1回たまたまチケットが手に入って横浜のライブハウスに行ったら桜井さんがラップやってたな。あれは何の時だろうか)

先日昔の職場の友人が家に遊びに来てくれて「フルさん(わたしのこと)最近真心は?」と聞かれて、昔話も相まってあの頃の記憶がじわじわ蘇ってきた。
みんなが帰宅してから何気なく検索してみる。
活動休止から19年も経ってるのか…もうふた昔前だなー。

そして最新作が30周年記念アルバムでセルフカバー、ファン投票だったことを知る。

ちょっと聴いてみようかな、と思って仕事をしながら敢えて曲名は見ずにPCから流し始めた。

1曲名「どか〜ん」
あれ?何か変わった?!というのが19年ぶりに聴いた印象。

昔桜井さんが「声の大きい2大ヴォーカリストは倉持さんとトータスさん」とよく言っていたけれど、今は少しハスキーボイス。
でも逆にそれもいい。

そこからは、気付くと作業の手を止め、たぶん全曲過去に何千回も聴いているのに歌詞と演奏と歌声を聞き逃さない様に集中していた。

選曲はもう皆さん散々言ってると思うけど、アレやアレが入ってないのに「時計が急ぐけど」がちゃんと入ってるあたりガチファンが選んでる感。

特に「この愛は〜」から「明日は〜」の曲順。
今の倉持さんの声でしか出し得ない哀愁を体感できる。
揺さぶられる。
持ってかれる。

倉持さんに「君はまだ俺を好きかい?」と訊ねられたら頷く以外ない。
歳を重ねるのはカッコいい、というのをファンに見せつけてくれている気がした。
(各曲の感想を話すのは野暮なので割愛)


もしやこの流れは運営側の思惑通りなのかな…と思いつつも、空白の20年を取り戻すべくこれからのライブは行ける限り足を運ぼうと思う。
(半端ファンですみません😭)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
ビーズやスパンコールでありとあらゆるものを刺繍することを仕事にしています。 ここでは日常に起こった誰のためにも何の役に立たないひたすら無駄な出来事を綴ります。 東京都在住(福島県いわき市出身) http://accessorystore-crepe.com/