見出し画像

トランスヒューマニズム

エムケイコンサルティング

written by Rumi Komiya

最新科学によって、人工的に人間の身体能力と認知能力を改造し、人間の根本的な限界を克服し現在より拡張した能力を持つポストヒューマンへと進化させようという思想がトランスヒューマニズム(transhumanism)とよばれている。

早い話が、SF映画や漫画でおなじみのサイボーグを作ろうということだが、問題は、この思想が、あの気狂い男クラウス・シュワブが主催する世界経済フォーラム (WEF: World Economic Forum)のグレート・リセットの一環である第4次産業革命の要項の一つであるということである。

グレートリセットの実現は、デジタル金融複合体による国家政権支配及び国民の完全管理・完全監視、テクノ封建社会の構築、そしてトランスヒューマニズムによる第4次産業革命によって達成される。

WEF、世界経済フォーラムが、グローバル資本主義体制の重要なシンクタンクであり、ディープステートを代表する権力集団組織であり、数十年間、デジタル金融複合体の支配下に置かれた国家政権と多国籍資本とグローバル企業の覇権調整の役割を担ってきたことを改めて認識する必要がある。

すでに、世界で数千万人のトランスヒューマニズム信奉者がいるという。

金の力で秦の始皇帝の不老不死を二千数百年の時を経て叶え、永遠に世界を支配し続けたいと切望する愚かで醜い人間の全てが世界の支配者集団であるという事実を知れば、トランスヒューマニズムの思想としての危険性を疑わざるを得ないのである。

エムケイコンサルティングUSA 小宮留美


エムケイコンサルティング
民主的で健全な食市場形成に役立つ店舗開発/業態開発/商品開発サービスを提供します。食と健康その他を自由に好き勝手に投稿します。常識を簡単に飛び越えてしまうマーベリックたちの投稿を存分にお楽しみください。https://consultancymk.p-kit.com/