電子書籍のコンテンツについて~一迅社編~

販売頻度と価格:有名タイトルの同日発売には積極的(ゆるゆり、かんなぎなど)。その他の作品については出せるときに出すのが基本スタンス。価格は数百円単位で印刷書籍より安い。

収録内容:以前は巻末の解説などが含まれないことを明記するなど、よりマンガパートに限った対応であることが多かったが、最近はそのような制約も少なくなり、カラー原稿はカラーで収録など電子書籍ならではのコンテンツの売り方をしている。但しカバー下等「装丁の仕事」になる部分までは収録されていない。

キャンペーン:全書店を巻き込んだキャンペーンというのは基本的に行わない。各書店ごともあまり行った実績はなく他のキャンペーンにまぎれることが多い。

画質:作品によるが下は200KB/pageから、上は昨今800KB/pageに到達するなどまさにピンキリな感じである。世界征服~謀略のズヴィズダー~第1巻が発売され、単行本で100MB越えを達成する作品をリリースして以降、新作や主要作品は各電子書店アプリの最高スペックでという方針に切り替わったようで、完全に拡大したときでもトーンがつぶれていないきれいでとても鮮明な書籍が販売されていることがある。とてもおいしい。反面容量は高めになっている。

買うなら:マンガはeBookJapanを推奨する。ここで印刷書籍と同日発売の作品が必ずしも他で発売しなかった事例がいくつかあるのと、画質の良いデータで販売されないことがあるためだ。先日、eBookJapanでも一迅社文庫の取り扱いを開始。但し、現時点でまだ2作品しかないので、文庫作品を他の電子書店でカバーする必要があるのは相変わらずだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ここでは電子書籍のことばかり書いていくと思います。eBookJapanで5000冊オーバーを購入した者としては持ち上げていかないと後に響くのでeBookJapanを中心とした電子書籍のコンテンツ周りについてあれこれ書き連ねたいと思います