寄居まちづくりNOTE

埼玉県寄居町のまちづくりに関する情報を中心市街地活性化推進室が発信しています。

寄居まちづくりNOTE

埼玉県寄居町のまちづくりに関する情報を中心市街地活性化推進室が発信しています。

    最近の記事

    • 固定された記事

    埼玉県寄居町中心市街地活性化の取り組みについて -ハード・ソフト事業とコミュニティ活動の両立で市街地を再生-

    寄居町では、『中心市街地活性化基本計画』が平成30年3月に国から認定を受け、中心市街地活性化の取り組みを開始し、3年が経過しました。この取り組みでは、寄居駅南口の中心市街地を町全体の活力創造と広域交通・観光の拠点とすべく、官民協働で様々なハード・ソフト事業やコミュニティ活動を進めています。町にとって半世紀にわたる懸案事項であった寄居駅南口の整備事業がいよいよ動き出し、目に見えて町の変化を感じていただけるようになりました。 ハード事業は、寄居駅南口へのアクセスルートである「都市

    スキ
    26
      • 実証実験のまちづくり~和菓子と紅葉PR~

        「まちづくり」にはさまざまな形があり、全国各地で地域資源を生かした取組が行われています。寄居町においても、これまで寄居まちづくりNOTEで紹介してきたように、さまざまな形を通して、地域の魅力向上や課題解決が図られています。今回は、「紅葉の名所のPR」と「地域ブランド創出による魅力向上」を目的に、今後の活性化を見据えた「実証実験」を兼ねた「まちづくり」を紹介します。 今回紹介する「取組」は、寄居町の中心市街地にある紅葉の名所、「雀宮公園」において、「どら焼き」を販売するという

        スキ
        6
        • 紅葉が綺麗な季節になりました。~紅葉の状況をお知らせします【11月16日現在】

          11月も中旬になりました。寄居町でも紅葉を楽しめる季節がやって来ました。11月に発行された情報紙「あっLOOK」【株式会社まちづくり寄居発行】でも特集されている寄居町の紅葉の状況について、まだまだ楽しめる紅葉スポットをお知らせします。週末のお出かけの参考にしていただき、ぜひ寄居町へお出かけください。 雀宮公園 寄居町大字寄居643番地1 七代目松本幸四郎の別邸跡地でもある雀宮公園。荒川沿いにあり、四季折々の風景を楽しむことができる町民の憩いの場です。駐車場が完備され、広い

          スキ
          10
          • 中心市街地活性化の取り組みと未来

            平成30年度から中心市街地活性化事業に取り組み、寄居駅南口が生まれ変わりつつある寄居町。今年度が計画の最終年度となり、ハード整備が終了します。 寄居町の中心市街地の歴史寄居町の中心市街地は、かつての秩父往還の街道筋にあり、江戸時代から物資の集散地として栄えた荒川左岸の既成の市街地です。昭和初期には、中心市街地南側の玉淀河原は、荒川が造り出した奇岩・絶景の景勝地として、多くの客で賑わうとともに、玉淀河原周辺の荒川沿いには、著名人の別邸・邸宅が建てられました。その名残で現在も寄

            スキ
            22

            寄居まち歩き~波久礼駅からみかん園へ~

            11月に入り、寒さを感じるようになり、いよいよ秋が深まってきた、と実感するようになりました。寄居町の秋の風物詩といえば、風布地区・金尾の小林地区のみかん狩りのイメージをお持ちの方が多いかと思います。例年10月下旬から12月中旬まで、みかん狩りのシーズンになりますと、甘酸っぱい秋の味覚を求めて、各地から多くの方が訪れます。風布地区・金尾の小林地区は四方を山に囲まれているため、みかん園から美しい山々の景色を眺望することができます。秋晴れの澄んだ空気に包まれながら、食べるみかんは格

            スキ
            17

            Yori-Ca(ヨリカ)1周年記念キャンペーンが始まります!

            寄居町では、昨年の12月に、町内での経済循環を加速させ、消費行動を促進する目的で寄居町地域通貨Yori-Ca(ヨリカ)を導入しました。ヨリカはこれまで、多くの方にご利用いただき、私たちの生活にとって身近な存在になりつつあります。この度、ヨリカ導入から1周年を記念し、利用していただいた方に、ポイントを還元する「1周年記念キャンペーン」を実施します。 *Yori-Caは寄居町が発行する地域通貨で、町内のヨリカ取扱店で利用できます。1ポイント=1円でお買い物ができます。 【キャン

            スキ
            7

            ヨリイフォトラリー2022開催中! 11/30まで

            「フォトラリー?」。そもそもどんなイベントなのか、簡単にご説明します。『ヨリイフォトラリー2022』は、寄居町のまちなかを歩いて、写真を撮って、指定のハッシュタグをつけてInstagramに投稿するだけのシンプルなイベントです。多くの方にご参加いただき、賑わいの創出につなげていきたいと考えています。 参加方法 ①ご自身のInstagramから、@yorii_photorallyをフォローする。 ②まちなかを歩き、写真を3枚(指定の場所2枚+お好きな場所)撮り、@yorii

            スキ
            9

            寄居北條まつりを振り返って~新人職員が体験した初めてのイベント~

            先週の10月9日の日曜日に、第61回寄居北條まつりが開催されました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、3年ぶりの開催となった寄居北條まつりは、規模を縮小して行われましたが、町内外から多くの方が訪れ、大盛況となりました。寄居町の新人職員である私は、スタッフとして太子様駐車場で行われた北條食の陣に参加しました。 寄居北條まつりは、1590年(天正18年)に鉢形城に陣を取った北条氏邦が、豊臣勢を相手に攻防戦を続け、この時の戦いを再現した祭りです。玉淀河原で繰り広げら

            スキ
            10

            第61回寄居北條まつり ~3年ぶりによみがえる 大迫力の戦国絵巻~

            1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原征伐の際、鉢形城に陣取った郷土の武将北条氏邦は、前田利家・上杉景勝率いる約50,000人の豊臣勢を相手に、約3,500人の兵力で1カ月余り攻防戦を続けました。このときの戦いを再現したものが「寄居北條まつり」です。 例年5月中旬に開催される寄居北條まつりですが、新型コロナウイルス感染症の影響により昨年、一昨年は中止となりました。今年は10月9日(日曜日)に延期し、規模を縮小して3年ぶりに開催されます。 当日は、甲冑を身に纏った武者が七

            スキ
            10

            まちなかを歩こう!~ヨリイフォトラリー2022開催!~

            埼玉県北部に位置する「寄居町」。現在、寄居駅南口の中心市街地エリアにおいて、活性化に向けたさまざまな事業に取り組んでいます。 今年度は、「町の新たな顔」となる寄居駅南口駅前拠点の完成に向けて、ハード事業の総仕上げを行うとともに、ソフト事業の実施により、賑わい創出を目指しています。 そのソフト事業の1つとして、中心市街地のまちなかの写真を撮りながら「まち歩き」を楽しめる『ヨリイフォトラリー2022』(以下、「フォトラリー」)を開催します。 フォトラリーとは、写真の「フォト」

            スキ
            13

            寄居まち歩き~中心市街地で寺社巡り~

            近年、パワースポット巡りや御朱印集めなどさまざまな目的で寺社巡りされる方が多く、寺社巡りは注目されています。寄居町にも数多くの寺社があり、そのなかでも「武州寄居七福神」や「十二支守り本尊」をまつっているお寺には、各地から参拝客が訪れます。 今回は、寄居駅から歩いて寺社巡りを楽しめるまち歩きコースを紹介します。 寄居駅南口から南東に向かって歩いていきます。 西念寺 天沼橋の下をくぐると、浄土宗のお寺である西念寺に到着します。西念寺は武州寄居十二支守り本尊霊場では戌亥の札所で

            スキ
            8

            子育て中のママを応援!~在宅ワーク支援「YORI MaMa(ヨリママ)」~

            寄居町では、町内在住の子育て中のママを対象に「YORI MaMa(ヨリママ)」事業を展開しています。 「YORI MaMa」とは? 前回紹介した記事はコチラ 子育て中のママに、東京ベースの単価での在宅ワークやママ同士が交流できる場を提供することで、家族との時間を大切にしながら仕事も頑張れる環境づくりを推進しています。 現在、ヨリママには約140人のママたちが登録しています。しかし、登録をしていても、まだ実際に仕事を始めていない方も多くいます。 そこで、今年度は「在宅ワー

            スキ
            15

            寄居まち歩き~中心市街地を歩く~

            寄居町は、豊かな自然に囲まれ、歴史のある町です。三本の鉄道が通り、寄居スマートインターチェンジもあるため、寄居町から東京や群馬、秩父長瀞方面へもアクセスに優れた「ちょうどいいまち」です。 寄居町では、「歩きたくなる、歩いてお得なまち」を体感してもらえるよう、駅前拠点施設の整備をはじめ、多くの事業を通して、まちづくりを推進しています。 今回はそんな寄居町の中心市街地で、30分程度で歩くことができる、「ちょうどいい散歩道」をご紹介します。 寄居駅南口から南に向かって、整備中の

            スキ
            11

            町の魅力を再発見!~Instagramフォトコンテスト~

            埼玉県北部に位置する寄居町には、豊かな自然や歴史情緒を感じる町並みなど、多くの魅力的なスポットがあります。 平成28年度から総務課にシティプロモーション担当を置いている寄居町では、情報発信に力を入れており、広報誌だけではなく、公式SNS等を活用し、町の日常や魅力を広くPRしています。   【寄居町のシティプロモーションについての記事はコチラ】  https://note.com/chukatsu_yorii/n/nfbd32475850b 行政情報、観光情報、日々の寄居の姿

            スキ
            12

            寄居駅南口駅前拠点施設・広場愛称決定!~Yotteco・YORIBA~

            寄居町では、国の認定を受けた「寄居町中心市街地活性化基本計画」に基づき、平成30年度から中心市街地活性化事業に取り組んでいます。計画期間 の最終年度となる今年度は、主要事業である「寄居駅南口駅前拠点施設」及び「広場」の供用開始に向け、整備を進めるとともに、管理運営の準備を行っています。 その一環として、より多くの町民に親しまれ、愛着を持って利用していただくため、施設及び広場の愛称を公募しました。126人から、施設と広場合わせて241案の応募があり、選定委員会の審査を経て、

            スキ
            8

            夏の特産品~とろとろナスの魅力~

            埼玉県北部に位置する「寄居町」で夏を代表する特産品「とろとろナス」が収穫期を迎えています。 とろとろナスとは、青ナスの一種で、長卵型で通常のナスの4倍とも言われるほど大きいのが特徴です。 直売所で販売しているとろとろナス 寄居とろとろナスボートwithきのこ その名のとおり、加熱調理すると、果肉がとろけて、とても柔らかくなります。昨年、NHKのテレビ番組「梅沢富美男と東野幸治のまんぷくメシ!」でも紹介され、注目を浴びました。この「寄居まちづくりNOTE」でも、昨年とろ

            スキ
            11