見出し画像

クレームや苦情をいただいたときには、せめて真心を込めて!

朝晩の冷え込みは残っているものの、少しずつ日中が暖かくなってまいりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

現在ちかみつメール鑑定につきまして、多くの方にお待ちいただいております。ご迷惑をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

メール鑑定を春に再開予定としておりますが、現在まだ再開日は未定となっております。また再開しても、今回のように皆様をお待たせしないよう、受け入れ鑑定数を限定した形で検討しております。

ちかみつもスタッフも、メール鑑定に向き合う毎日でございますが、そんな中で気になるコメントをいただきましたので、ピックアップしてお答えさせていただきます。

無題

「問い合わせフォームに昨年入力したけど、いまだ連絡来ず・・・」

このコメントは、山口敏太郎先生のツイキャスに書き込まれている内容です。

現在、多くのご依頼やお問い合わせがある中でも、お問い合わせにつきましては、すべてのお問合せに返信させていただいております。ですが中にはシステムの不具合やドメイン指定の問題により、受信が機能していないケースも考えられます。

もしHPのお問い合わせフォームより連絡をされ、1ヶ月以上返信がない場合は、ドメイン指定をご確認の上で再度ご連絡いただけますようお願いいたします。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、上記のような書き込みや「私の鑑定がまだ開始されない」等の書き込みが、山口敏太郎先生のATLASラジオやツイキャスで見受けられます。そのようなコメントにつきましては、ATLASラジオや山口敏太郎先生宛ではなく、CHIKAMITSU LABまで直接お送りいただけますようお願いいたします。

「私には時間が限られています。救いの手を差し伸べていただけませんでしょうか。」

こちらのコメントはほんの一例ではございますが、メール鑑定をお申込みいただいていない方から、このようなお問い合わせメールをいただくことが多数ございます。

ちかみつ本人は、なんとか対応させていただきたい!という気持ちもありますが、このようなお問い合わせに対応する場合はボランティアサポートとしての形式とならざるを得ず、本来のメール鑑定のスタイルで実施している対応との公平さを欠き、またメール鑑定を遅延させてしまう原因のひとつにもなるため、問題であると認識しています。

中には、「対応してくれない」との苦情の内容を山口敏太郎先生に直接メールされる方もいらっしゃいますが、現在までにお申込みをいただいております方々を優先しておりますことを改めて、ご理解いただけますようお願いいたします。

そこで、対策としましてお急ぎの方には対面鑑定をご案内させていただきます。

【対面鑑定のご案内】
対面鑑定は現在優先受付をしておりますので、そちらをご案内させていただきます。【ちかみつ対面鑑定】の優先案内へお申込みをいただけましたら、開催決定次第、順次ご案内させていただきます。

現在、関東・関西における鑑定会開催は未定となっておりますが、四国鑑定会は月2回定期開催しております。お急ぎの場合、四国鑑定会にチェックを入れていただけましたら、開催日をご連絡させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

「窓口スタッフの態度が悪い」

こちらは山口敏太郎先生のツイキャスで、山口先生ご本人へ届きましたCHIKAMITSU LABへの苦情コメントになります。CHIKAMITSU LABからの発信内容は、ちかみつも含め、決められたスタッフが厳重に何度も確認、共有をした上で発信しております。

窓口となっているスタッフのみの対応が悪いというコメントは、つまりCHIKAMITSU LAB全体の対応が悪いという形にならざるを得ません。それは、すべては他者のために!という、ちかみつの合言葉とかけ離れた運営状況を意味しております。

無題

我々は皆さまのライフスタイル向上に一歩でも貢献できるよう対応させていただいております。その気持ちをスタッフ全員が日々共有し、お一人お一人に対応させていただいておりますが、今回このようなコメントを大変お世話になっております山口敏太郎先生側からお伝えいただきました。

メールでの文章のみですと、冷たいと受け止められてしまう方もいらっしゃるかもしれません。その点は、さらに十分に気をつけながら、CHIKAMITSU LAB全体で今一度、お客様に不愉快な思いをさせないよう、より丁寧に対応をさせていただく所存でございます。

「窓口スタッフの態度が悪い!」もし今後に、このようなお気持ちが心に生じました場合も、タートルカンパニーや山口敏太郎先生へ!ではなく、CHIKAMITSU LABまで、直接お申し出いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

「激務で、ご質問にお答えしかねますとの事ですが、本物の能力であるならば、私の簡易質問にすぐに返答が可能と思います。すみやかにお返事をください!」

お問い合わせの中には、ご自身やご家族のお悩みや世界情勢、過去や未来、宇宙についてなど、様々なご質問を一つのメール内でいただくケースもございます。メール鑑定を最優先にしている現状をお伝えさせていただいておりますが、そんなことは聞いていただけないようです。

無題

内容によっては、時間をかけて何度もスキャンする必要があるものも多く、お客様自身がこれは簡易な質問だからすぐに答えられると思われても、そのご希望には添うことが物理的にできません。答えに責任を持ち対応することが、お客様にとってもCHIKAMITSU LABにとっても相応しいと考えているからです。

また、本物かどうかはご判断にお任せいたしますが、いただきましたご質問に対して、社会人のマナーに則り、真摯に向き合って対応させていただく方針でございます。どうかご理解いただけますようお願いいたします。

無題

最後に

お客様からのご相談内容につきまして、「CHIKAMITSU LAB 事務局」主催のメール鑑定・対面鑑定では守秘義務を厳守し、少人数で対応しております。そのため早々に対応できないご不便をおかけしておりますが、今後とも皆さまのお役に立てるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
33