見出し画像

Words from Chaya Czernowin

ハーバード大学で教授をつとめる作曲家Chaya Czernowin(ハヤ・チェルノヴィン)が下記のような文章をfacebookに投稿していました。突然のことで文脈はわかりませんが、「女性やノンバイナリージェンダーの作曲家の人々へ」と書かれた文章が印象深かったので、残しておきます。ジェンダー・トピックというより、どんどん機会に挑戦したらいいよ!っていう若手を鼓舞する内容なんですけど。

(相変わらずの適当な翻訳で本当にすみません)

Dear composer who are who are women and non binary.
女性やノンバイナリージェンダーの作曲家の人々へ

I am writing you after teaching in many courses for young
composers, where there were very few of you ! I have heard from the organizers that there were mostly applications from Male composers. Mostly the relationship is about 5:1 or even 6 : 1
若手作曲家のための講習会でこれまでなんども教えてきました。そのなかで女性やノンバイナリージェンダーの生徒はとても少なかったです。オーガナイザーたちからは(そのような講習会等への)応募のほとんどは男性からだと聞きます。5:1あるいは6:1の男女比のようです。

Please, do not wait to feel that you are already accomplished before you apply! these million courses out there are for learning! Simply apply! open doors! if the first three doors do not open then the fourth will. But you have to take the initiative because if you do not fight for your work no one will and you will get less opportunities.
成熟した作曲家である、そんな自信ができるまで待たないで!様々な講習会は学ぶためのものだから!応募してみて!扉を開いてみて!はじめの3つの扉が開かなくても、4つめ扉が開くかもしれない。他の誰でもなく、作品のためにあなたが挑戦しなければ。機会をつくらなければ。

In many of these courses the people who read the applications are looking for POTENTIAL and not for a proof that you have already been in 3 other festivals and that you have an orchestral piece. Even at the schloss course we chose someone who applied with only midi files. apply with what you have one can see a potential with any piece you send.
多くの講習会では審査をする人たちは「可能性」を見ています。すでに他の3つの音楽祭で演奏がされたことや、オーケストラ曲を書いたことがあるかなんて気にしていない。シュロス・ソリチュード(*チェルノヴィン自身が何年にもわたって行ってきたシュトュットガルトの夏季作曲講習会)にしても、わたしたちは(楽譜じゃなくて)midiファイルしかない人を選ぶこともある。とにかく今あるもので応募してみて、そのなかで可能性を見つけてもらえるかもしれない。

Please take this as a personal advice.
GOOD LUCK !!!
Please feel free to share this post.
これは個人的なアドバイスとして受け取ってほしい。
がんばって!
この投稿は自由に共有してください。

Chaya Czernowinの2019年6月16日のfacebookの投稿より

また、この投稿のコメント欄で興味深い会話がなされていました。40歳を過ぎてからのキャリアメイキング、子供を持つこと、そのような人が講習会や演奏機会に応募するときどうしたら良いのか。

[Maija Hynninenからのコメント]
What about when you’re too old for most opportunities but still student? I didn’t dare to start composing until I was 24. I thought it was mostly something only guys do. Then when finished with degree, I was 30+. Then it’s time to have children. Now that my kids are 7, 5 and 2 and I could start going to places, I’m 42. Oh yes, I did Ircam Cursus, Acanthes and other really great and life changing opportunities as well, and am now doing PhD at UC Berkeley. But still it’s damn hard to get the career going at this age. It feels that I have always been too late for everything. We are an artist family where my husband is sculptor/painter with not prospects of earning any money at the moment. Being completely poor with three kids also makes me, the composer responsible for our finances is part of this horribly difficult equation. Yes, apply for courses and opportunities if not too old, have time and money to do it. I WOULD ❤️ TO!

もう若くはないけれどそれでも学生の場合はどうしたら良いの?私が作曲をはじめたのは24歳だった。(作曲は)男性がやるものだと思っていたから。勉強を終えたとき私はすで30歳を超えていて、子供を持つ年齢になった。今私には7歳、5歳、2歳の子供たちがいて、そのような(講習会などの)場所に行けるようになったけどもう42歳になっている。IRCAMやアカンサスの講習会、その他に人生を変える様な場所にも行った。いまはバークリーでPhDをやっている。でもこの年齢でキャリアを重ねるのは本当に難しい。全てに対して遅すぎたように感じる。私たちはアーティスト一家で、夫は彫刻家と画家なので彼からの収入もこの時点では期待できない。3人の子供がいるのに貧しいし、お金を稼ぐことに対して責任を(私が)負っているという本当に難しい状況。もしまだ若いのであれば講習会や色んな機会に応募すべき!時間とお金があるうちに!私もそうしたい!!
[Chaya Czernowinからの返信]
This sounds difficult. if you are in your 40is its hard and If in addition you have 3 kids, of course it is extremely extremely difficult. But you have your family life which is an amazing resource of strength too. Your way is different and when one has chosen a unique path this is always more difficult but has also its unique rewards. To our point: In Zlil Meudcan in Israel Sarah Nemtsov came with her 2 kids. They were together in the one hotel room and she was able to be really present and contribute to the course immensely. I am still in awe about this. You never know: someone on a committee might be excited about your work and would be willing to negotiate a certain kind of help taking into account your particular situation. Just write clearly and explain your special situation when you apply. 

とても大変な状況ね。40代のアーティストとして、3人の子を持つ親として、本当に本当に困難だと思う。でもあなたに家族がいることは力の大きな源にもなる。人と違う生き方を選んだとき、さらに多くの困難がつきまとう。でもそうやってでしか得られないものもあるはず。Zlil Meudcan [*チェルノヴィンの地元イスラエルで彼女たちが隔年で講師をつとめる夏季作曲講習会] にSarah Nemtsov [*近年大活躍のドイツ人女性作曲家] がやってきたとき彼女は2人の子供と一緒だった。彼女はホテルの1つの部屋で子供たちと過ごしながらも、講習会で(多くの発言するなど)受講生としてもなくてはならない存在だった。私はそのことに今でもすごいことだと思ってる。分からないわよ!審査員があなたの作品に興味を持って、あなたの状況をどうにかして支えてあげたいと思うかもしれない。応募するときに今の特別な状況を明確に書いて説明したら良いんじゃないかしら。

*写真は2014年の12月に、ハヤと、スティーブ高杉(ハヤのパートナーの作曲家)とローマでディナーをしたときのもの。オーダーし過ぎてお腹いっぱいになり過ぎて大変だった!*

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート嬉しいです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)末長くよろしくお願いします♡

これからもよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)
3
Chikako Morishita、作曲家です。ちかこと読みます。ベルリン在住。作品リストなどはこちら: https://chikakomorishita.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。