見出し画像

表現の振り幅と引き出しと悩みどころと

写真をSNSの出す時、色味を一定の方向性を持して近しい感じにした方がいいのか、それとも何も気にせずでいいのかなどなど、ついつい考えてしまう。

とはいえ、とりあえずは自分が表現したい色味で一つひとつの写真で「これは私が撮りました」と言えれば、それでいいのかなという落としどころで自分が納得しているので、それが覆る時が来たら、その時はまた何か文字に起こすかな

昨日、上野動物園でみた光景。
後ろになんでパンダのぬいぐるみが見えるんだろと最初思っていたら、旦那のパンダだった。

だらだらしながら見てると思ってたら眼差しは真剣ですごかった。そんな光景に◯◯のプリセットを使って色味を傾かせる事はできないし、そのまま見せたい。

逆に染めて境界が分からなくなればいいのにと思うとこうなる。青に染まっていく・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!コメントもお待ちしてます。
クリエイター|フロントエンドエンジニアをしています。/ Web / Graphic / Photography / https://instagram.com/cdbk / https://cdbk.tokyo

この記事が入っているマガジン

写真と物欲とコーヒーと
写真と物欲とコーヒーと
  • 15本

趣味な写真とコーヒーメインで何かを書くところ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。