スナックCandyえんとつ町店のご案内
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

スナックCandyえんとつ町店のご案内

基本データ(店主紹介/店舗名/住所/電話/営業日/利用方法/飲食システム

店主紹介:氏名 三浦秀明 
愛称 みゆみゆ 
生年月日1961/5/5     
沿革 
出生 愛媛県北宇和郡鬼北町 
育ち 山口県宇部市 
出身校 山口県立宇部商業 
職歴 1980年松下電器(現Panasonic)入社 一貫して営業職で38年間勤続 
3年早く早期定年を迎え川西市滝山町にCandyえんとつ町店を出店

氏名:三浦陽子 
愛称 よーちゃん 
生年月日1961/3/5(みゆみゆの2ケ月お姉さん) 
沿革 
出生 兵庫県西宮市 
育ち 兵庫県高砂市
2004年みゆみゆと再婚 
Candyえんとつ町店を切り盛りしている実質的な責任者

店舗名 スナックCandyえんとつ町店

住所 
〒666-0002 兵庫県川西市滝山町5-11

電話 072-786-4280

営業時間
(通常時)
12時~22時(LO21:30) 
不定休
※コロナ禍は、行政の要請に沿った営業をしています。
詳しくは
Candyえんとつ町店HPをご確認ください。↓

利用方法 
どなた様もお気軽にご利用いただけます。

飲食システム メニュー毎の料金設定、貸切や代理ママシステムもあります。

テイクアウトメニューもあります💖

こんな使い方がオススメ/こんな風にご利用ください。

当店は、『えんとつ町のプペル』の舞台『えんとつ町』にあるカフェ&バーをコンセプトに西野亮廣さんからのアドバイスや一級建築士只石快歩さんのデザイン設計でお店作りをしました。その世界観を大切に維持して、プペルが好きな方も、そうでない方もえんとつ町にゆっくりと流れる時間を楽しんでいただけるようにして行きたいと思います。

また、二階のお部屋をスモールオフィスとして例えば気分をかえてリモートワークに使いたいなどのニーズに応えて行きたいと思ってます💖
→準備が整い次第リリースいたします。

西野さんもたまぁーに来ます😃

お一人さまのご来店でも、お客様同士が不思議と仲良くなります。また、店主夫婦のお話相手になっていただける方も大歓迎です。

Candyえんとつ町店の目標

お店から徒歩数分のところにある美術館建設予定地、そしてその周辺でリアルえんとつ町の町づくりをしたい! 2018年春頃に西野亮廣氏がそのプロジェクトを発表し、秋には美術館を作りたい!とクラウドファンディングも実施されました。

美術館の建設経過をその現場近くで見守りたい、そして、えんとつ町の町づくりに少しでもお役に立ちたい。また、地元の方と町づくりに加わる方の橋渡しとしての役割も担いたい。そしてそして、えんとつ町のプペルのファンのみなさんや西野亮廣エンタメ研究所メンバーの待ち合わせ場所になる事がこの『Candyえんとつ町店』の夢であり、目標です。

ただ、この店を開業して実はもう一つ大きな夢に気付きました、、、。

Candyえんとつ町店がある滝山にはたくさんのちびっ子が居ます。この子たちが本当に可愛くてそして頼もしくて仕方がありません。この子たちと一緒に成長できる町づくりが出来たらいいなぁとの思いから

『子供たちを真ん中にした町づくり』をこのフレーズが僕の頭の中を占拠しました!この子供たちの成長を見届ける事が、今の僕の心の中の夢であり支えでもあります。

夢、目標
その①『えんとつ町町づくり』に欠かせない空間になる!

その②『子供たちを真ん中にした町づくり』をしたい!


Candyえんとつ町店誕生の経緯

この件については、過去、僕が書いたブログがありますのでそちらをご参照お願いします。

あなたの『したい!』の腕試しの使ってください!(代理ママ、丸ごとレンタルプラン)

店主への各種アクセス

みゆみゆ、よーちゃんが出演している動画です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
え!嬉しいです(*^^)v
こんにちは(^_-)-☆ 2019年1月から川西市滝山町でCandyえんとつ町店を営んでいます。『えんとつ町のプペル』その物語のえんとつ町にもしカフェ&バーがあるとしたら?、、、をコンセプトに店づくりをしました。夫婦二人、そしてたくさんの仲間に支えられながら頑張ってます。