見出し画像

【漫画版】東北最強のイケメン名将・酒井了恒(のりつね) 戊辰戦争で「鬼玄蕃」と恐れられ

りきゅう@武将ジャパン

大河ドラマ『西郷どん』では、ほとんど全く描かれなかった戊辰戦争。

東北諸藩の東軍において、薩摩と深い関わりを持ったのが庄内藩であり、その中に「鬼玄蕃」と恐れられる名将がおりました。

酒井了恒(のりつね)――。
庄内藩の家老にして、同戦争で最も有能だった指揮官です。

敵味方からも認められるイケメンっぷり。
それだけでなく慈悲深く、ルールに厳格で民にも優しい。

まるでマンガキャラのようであり、どうせなら実際に作画してみよう!ということで以下の原作をもとに小久ヒロ氏に漫画化してもらいました。

皆様よろしければご覧ください(全32ページ)。

【原作記事】
東北最強のイケメン名将・酒井了恒(のりつね) 戊辰戦争で「鬼玄蕃」と恐れられ

マンガ:小久ヒロ
原作:小檜山青

この続きをみるには

この続き: 51文字 / 画像21枚

記事を購入

200円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!