見出し画像

本せどりのオリジナル手法

このnoteでは一つ一つのことについてかなり掘り下げています。

他の人が知らないであろうこと・ライバルと差を付けられることについてまとめています。


本せどりの特徴

〇単価が低い

単価が低いことが特徴です。
110円から仕入れができます。初心者向きです。


〇真贋調査がない

現在アカウント作成1年未満のアカウントで真贋調査が多発しています。
通称ランダムピックアップ型真贋調査と言われています。

しかし、2020年8月に古本でランダムピックアップ型の真贋調査が発生しました。
ですが、古本の真贋調査はバグだったと言われています。

「私物です」、「(正直に)出せません」、「商品の写真を送る」などすれば突破できたという報告は多数あります。

その後、新規で古本のランダムピックアップ型の真贋調査が発生した事例はお見受けしません。


〇ライバルが多い

本せどりはかなりライバルが多いです。
おそらくせどりのジャンルの中では一番ライバルが多いでしょう。
そこで当noteではライバルが知らないであろう差を付けられる手法についてまとめました。

膨大にある本の種類の中からどこに注目して見ればいいかを書いています。



当noteの特徴

〇赤本に強い

本せどりでは赤本は鉄板中の鉄板でかなり仕入れしやすいです。

もちろん赤本以外にも書いていますが、特に赤本は気合いを入れて書きました。
赤本の所だけでも当noteを購読する価値はあるでしょう。


赤本については以下のことを書いています。

・上がる赤本の特徴と法則
・売れる赤本、売れない赤本
・なぜ上がるのか裏付け(理由)
・受験生の心理
・注意点多数
・仕入れの穴
・赤本以外の過去問集
・その他参考書
・最近の傾向を随時追記

触りだけですが、ブログで解説しています。


〇定期的に更新

どんな素晴らしいものでもいくつか古くなります。
最新の情報を定期的にアップデートしています。

一応更新履歴を載せておきます。

2020/9/27
全体的に古くなっている所が増えたので、削除したり補足を追加しました。
また最新の傾向や情報も多数反映させました。
無料で見れる部分を大幅に増やしました。

2020/2/1 
10か月ぶりに更新しました。
この1年の間に色々状況変わってたので、全体的に追記しました。
特に児童書のセット本多数追記しました。
新しくクーポンという項目を追加しました。

2019/03/19 赤本追記しました。

2019/1/5 さらに赤本のところを詳しくしました。

2018/12/21 全体的に言葉足らずの所を追加し改行を見やすくしました。
また、追記の追記に検品のテクニックを追加しました。

2018/8/31   追記の追記編に見るべき優先順を載せました

2018/8/26 赤本の解説増やしました。

2018/8/13 狙い目な本の詳細のリンク貼りました。

2018/7/23 追記編更新しました。

2018/7/22 追記編を新しく作りました。

2018/6/17 赤本の解説をわかりやすくしました。

2018/6/16 公開



目次

〇仕入れできる店舗

・ブックオフ
・その他

〇ブックオフについて

・値札の種類
・赤いカート
・ところてん
・セール(セールの際の周り方とコツ)
・NEW!クーポン
・書き込み本
・店舗の巡回方法
・良いお店の見分け方


ここまで無料です
・バーコードリーダー禁止店舗では…
・下のストッカーは?

〇スルーすべき本の特徴

敢えて先に仕入れしにくい本の特徴について解説しました。
古本せどりはビームを多用しますが、仕入れしにくい本はビームするだけ無駄です。
仕入れしにくい本の特徴がわかっていれば、スルーできるので効率化ができます。
意外と仕入れできる本の特徴よりも、スルーすべき本の情報の本の方が役に立ちます。

〇狙い目な本

価格差が取りやすかったり、ライバルが見逃していたり、ブックオフの穴について、特徴をかなり奥深く解説しました。

特に赤本に関してはかなり気合を入れて解説しました。


またブログでも触りだけですが、ここの内容の部分はいくつかばらしています。
革新的なことはnoteの有料部分に書いています。


〇番外編!レンタル落ちセットコミック

おまけでレンタル落ちコミックの仕入れについて解説しました。

〇追記編

敢えて書くほどではないかなと思いましたが、最初は書きませんでした。
知っていたら便利かもしれないので追記しました。
需要があるかどうかはわかりませんが、個人的な偏見がかなり多いのはお許しください。

〇追記の追記編

ここまで紹介した見るべきポイントと穴を最後にまとめています。
ここだけはどんなに時間なくても見てほしいというところをまとめました。


○最後に

バーコードリーダーの利用は必須です。
古本せどりに関しては、ある程度コツを掴んだら結局ビームを撃ちまくらないとコツを掴めません。
最近では自分で設定できることが前提ですが、5000円代でも登場しています。


またその他検索アプリや道具や梱包資材等必要な道具はこちらの記事で書いています。



仕入れできる店舗

〇ブックオフ

古本と言えばブックオフです。
非常に仕入れがしやすいです。
全国的に店舗があるのがいいですね。


〇その他

その他以下の店舗でも古本せどりができます。

・古本市場
・地域の古本屋
・マンガ倉庫
・アダルトDVDしか置いてなさそうなお店

特にアダルト系のお店は穴場です。
そっち系のDVDしか扱っていないと思ったら、意外と普通の単行本を扱っていて仕入れできます。
アダルト系の週刊誌が安くなっていて仕入れできる場合もあります。



ブックオフについて

ルールが全国で統一しているのでわかりやすいです。

〇直営店とフランチャイズ

ブックオフにも直営店とフランチャイズがあります。
PayPayとかキャッシュレス決済が使えるのが直営店です。

フランチャイズではクレジットカードが使えないような店舗もあります。

店舗にもよりますが、フランチャイズの方が当たりが多い印象です。
フランチャイズでは直営店ではありえないような値付けをしていることが多いです。
ただフランチャイズでも外れはあります。


〇値札の種類

・小さい値札

画像1

小さい値札は4色あります。
季節によってわかれます。

・4~6月 →緑
・7~9月 →青
・10~12月→赤
・1~3月→黒

主に雑誌に貼られています。
まれに単行本に貼られている店舗もあります。


・大きい値札

画像2

大きい値札は単品管理と言われています。
ブックオフで入荷した日付がはっきりと明記されているのでわかりやすいですね。大体Amazonの価格に合わせていると言われています。
ただし、値付けは意外と抜け穴があるのでそこを狙えば仕入れができます。

例えば、トレンドの急な値上がりに弱かったり、Amazonのディスクが付属していないものに値付けを合わせていることがよくありますね。

価格のパターンが決まっています。下からこんな感じです。

110円
210円
370円
520円
770円
970円
1270円…(続く)

機械的に値付けをしているので、私たちがコンディションを高めて売る努力をすれば差額を取りやすいです。


〇赤いカート

赤いカートは今から棚に入れる商品があります。
誰も手を付けていないので利益が取れる可能性が高いです。
ただ、店員さんが赤いカートを使って作業しているときに、リサーチしていたら嫌がられます。


〇ところてん

値札を貼り替えることです。
ブックオフでは売れていない本は値札を張り替えて価格を改定します。
ただこれは行っている店舗もあればやらない店舗もあります。

単品管理の値札の上に小さい値札を貼っているのが美味しいです。

画像3


〇書き込み本

ブックオフでは基本的に書き込みのある本は210円か110円であるのが方針です。それ以外の価格だとおかしいのです。

そこで、書き込みがあれば値札が1000円の本でも、
大部分の店舗では会計時に書き込みがあると伝えると、(特に直営店)大体200円にして貰えます。

余談ですが、断られた店舗は今の所は1店舗のみです。あまりに態度と管理が悪かったので本部に苦情のメールを入れました。


〇セール

・ゴールデンウイーク・正月のセール

画像4

毎年恒例のブックオフ全店で本が20%offのセールです。
あと、大体セールの期間中は全国で共通して使える10%offクーポン券が配布されます。
正月のセールは1月中、ゴールデンウイークは5月中使えるクーポンが配布されます。

単価が高いセット本だけ絞って仕入れするのも手です。
前日に下見をしておくと効率がいいです。


・ホームページで予告セール

店舗独自のホームページで予告されるセールです。

最近はアプリを入れたら、アプリからプッシュ通知でセールの告知してきます。

今まではLINE@で告知やクーポンを配布していましたが、多くの店舗で辞めました。

アプリについてはブログで解説しています。


・貼り紙で予告のセール

ホームページで予告はしないが、貼り紙で予告するセールもあります。
セールをする店舗に、例えば「〇月〇日〇曜日〇時~単行本30%offのセールをします」とか貼り紙があります。


・シークレットセール

何も予告なしに店舗に行ったらセールが行われているパターンです。
ライバルはほぼいません。巡り合えるかどうかはほぼ運です。


・単行本のセール

単行本30%offセール
単行本半額セール
単行本500円均一セール

さまざまな割引のセールがあります。
下に下がるに連れて割引率が高いです。
そして下に下がるに連れてライバルが増えて、セール初日は気持ち悪いおっさんがたくさん集まります。

わざわざセールに行く必要はありません。
シークレットセールだったら超ラッキーですけど。
まあ、初日以外でも意外と仕入れできます。
補充のタイミングもありますからね…


・雑誌・児童書のセール

雑誌・児童書20%offセール
雑誌・児童書半額セール

意外とライバルいないので穴場です。
単価の高い本を仕入れしましょう。

またアダルトコーナーにある雑誌は他の雑誌コーナーと離れた所にある店舗が多いので、多くのせどらーは見逃すので狙いめです。

またフランチャイズの店舗によっては辞書や赤本やゲームの攻略本が雑誌扱いになっている場合があります、他の人は見逃していることが多いです。

さらに店舗によっては、家電を扱っており、楽器の横にバンドスコアを扱っていることがあり、他の人は見逃していることが多いです。

あと、最近では攻略本はゲームコーナーの隣にある店舗もあります。

児童書はセット本を狙うといいでしょう。
自分でセット本作るのもおすすめです。


・コミックのセール

コミック20%offセール
コミック半額セール
大人コミック20%offセール

基本的にセット本しか見なくていいです。

大人コミックのセールは行く価値ないです。


・文庫本、単行本のセール

文庫本・単行本20%offセール
文庫本・単行本半額セール
文庫本・単行本200円均一セール

ライバルは少ないです。

ただあまり美味しいセールではないです。

値札1000円以上やセット本を狙いましょう。


○クーポン

クーポンが配布される時があります。
クーポンはメルカリで買うのが一番効率がいいです。

逆にクーポン余ったらメルカリで売るという応用技もあります。


・正月、ゴールデンウイークの10%クーポン

画像142

これはどこの店舗でも使えます。
配られた初日にメルカリで買うのが一番安く買えます。


・特定の店舗で使えるクーポン

画像143

これは特定の店舗で使えるクーポンです。
関東と東海と関西に多いイメージです。
直営が多いです。


・カレンダーのクーポン

画像144

2020年だけですがお正月のセールでカレンダーが配られました。
カレンダーにクーポンが付いています。
ただ使える店などちょっと条件がややこしいです。


・アプリにプッシュ通知でクーポン

お気に入りに入れた店舗(特に直営店)はよくプッシュ通知で100円引きのクーポンが配布されます。


・レシートにサービス券

店舗によっては購入金額の10%程度のレシートにサービス券を出す店があります。
次の日じゃないと使えないとか制約もないことが多いので、会計分けてその日のうちに使うのも手です。

29日のブックの日ではほぼ全部の直営店では、本250円ごとに50円分のがレシートと共に発行されます。


・29日のブックの日

ほぼ全部の直営店でブックの日を開催されています。

本せどりをするならば29日は積極的に回りましょう。

Opera スナップショット_2020-09-21_025828_www.bookoff.co.jp


・LINE Payの10%OFFクーポン

直営店ではキャッシュレス決済が使えます。

月に1回ブックオフのクーポンがダウンロードできます。

画像142


また、最新のブックオフのキャッシュレス決済の情報はこちらで更新しています。



〇店舗の巡回方法

・絞ってスキャンする

バーコードを使って全頭検索をするのに疲れたり時間が無くなって、
他の棚を見れなくなってしまう方がいます。非常に勿体ないです。
1冊でも多くの本をせどりしたいでしょうが、全頭検索は効率悪いです。
スキャン数に対して利益の取れる割合が少ないです。

そもそもどこの田舎でも本せどらーはいます。
誰かしらもうスキャンしている本を、さらにその上からスキャンするのは効率最悪です。

そこである程度絞ってスキャンする必要があります。
美味しい所だけ取って、さっさと次の店舗に行きましょう。


・今の季節や月の値札のみをビーム

今の季節や月の値札のみをビームしていけば効率よくリサーチできます。
先に誰かがスキャンしているものをビームする可能性が低くなります。


・定価と値札の差額が大きい本を狙う

厚い本や表紙がしっかりとした本が差額が大きい傾向あります。
単品管理だと520円、770円、970円の値札は差額が取りやすい傾向にあります。


・時間のない場合は狙い目の本だけスキャン

後ほど狙い目の本について解説します。
時間が無い時は利益が取れる確率が高い本だけを狙いましょう。


〇良いお店の見分け方

店舗によって当たり外れがあります。悪い店舗は行かないほうがいいです。

・在庫が豊富

在庫の状況はレジ裏や買取にやってくるお客さんの状況を見ればなんとなくわかります。
在庫が次から次へと入ってくる店じゃないと、棚の本がなかなか増えません。
逆に客がいないような店舗は閉店が近いと考えてもいいでしょう。


・定期的にところてんを行っている

ところてんをしている店は店舗としてやる気のあるいい店です。
そもそも売れない本を値下げするのは店舗として当たり前なことです。
経営者としても当たり前なことです。
ところてんをやっていない店は悪い店舗です。


・ヤフオク出品中がない

画像5

最近ブックオフはヤフオクの出品しています。
出品している商品にはヤフオク出品中のラベルが貼ってあります。
本当に出品しているのかは正直わかりません。
ただネットの値段に合わせている確率は非常に高いです。
店舗によってはヤフオク出品中が多すぎる店があります。
そういう店は店舗で売る気がないので避けるべきです。
逆にヤフオク出品中のラベルが本に貼っていない店は少なくてもそこまで悪い店舗ではありません。

追記:
最近は、以前ヤフオク出品中のラベルを貼っていたお店でもこれだと売れないことに気づいて、辞めているお店が多いです。


この続きをみるには

この続き: 28,357文字 / 画像132枚

本せどりのオリジナル手法

なみのり@本せどり

10,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17

こちらでもピックアップされています

せどり
せどり
  • 5本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。