海運業界とブルーエコノミー

私の船舶運航のキャリアの中で、私は頻繁に海運業界での私の仕事について説明するように求められました。主に一般人のために、私はオペレーションボーディングエージェントであることは25%の問題解決者、25%の外傷医師、25%のリエゾンスタッフ、25%のコンシェルジュであると思います。

詳細、組織、優先順位付けのスキルに注意を払い、ストレスに満ちた環境で操作する能力を必要とする困難な仕事であり、通常よりも短い休憩時間で長時間の作業が必要です。このタイプの義務のために、下宿エージェントは通常、結婚していない若い男性または女性です。このように、それはあなたの人生に大きな要求を課し、結婚した場合にあなたの家族に負担をかけるという点で軍のようです。

優れた搭乗エージェントになるために勉強できる本やマニュアルはありません。これは、上級運用スタッフからのトレーニングと職務経験を必要とする職業です。研修監督者は、新しいスタッフに時間を費やし、彼らに職務を経験する機会を与える忍耐力が必要です。新しいスタッフが自分の技術を学ぶために失敗や失敗を経験するのは良いことです。

これは、運用エージェントが自立する唯一の方法であり、常に上司にソリューションを要求するのではありません。 「問題を解決するのではなく、私に解決策をもたらす」をモットーとする監督者がいました。これは、あなたの仕事が問題をあなたのスキルのレベルまで働かせ、そして助けが必要な場合は上司に連絡することであることを意味しました。

次のステップは、それぞれのケースで学んだことを将来の使用のために記録することでした。新しいオペレーションボーディングエージェントのための3つの単語-書き留めてください! 1975年から1990年代の半ばまで、私はよく相談した私の輸送経験のノートを保管しました。テクノロジーなどの影響で、長年の間にいくつかの変化がありましたが、私のメモを持つことは、私の運送業界における多くのイベントの命の恩人であり、後押しとなりました。

構造

エージェンシーの運用部門は、奇妙な方法で船に似ています。マスター(オペレーションマネージャー)、チーフメイト(アシスタントオペレーションマネージャー)、およびローワーオフィサー(搭乗エージェント)がいます。マスターと同様にマネージャーは、最も経験と知識のある上級者です。搭乗エージェントとして開始し、あなたの技術を学びます。時間が経つにつれ、ほとんどの機関は内部から宣伝し、はしごを上る機会があります。また、現在の雇用主とのチャンスを待つ代わりに、他の機関があなたを考慮できる監督職をすぐに必要とする可能性もあります。

これはまさにボルチモアの私の代理店での私の経験でした。私は、米国で2番目に高いレベルの船舶寄港を処理するオフィスのアシスタントオペレーションマネージャーでした。私はチャンスを得て、当時の船舶の最大のオフィスであったニューオーリンズのオフィスのマネージャーとしての仕事を受け入れました。上司による優れたトレーニングにより、私は知らなかった別の港でこのポジションを処理する準備をすることができました。私は自立するように教えられました。慣習や手順が異なるので、すぐに新しい場所に慣れることができました。

歴史

米国の港でエージェントを使用する慣習には、歴史と政府の両方の歴史があります。現代では、外国の船主やオペレーターは、国​​内の保証および保険要件に準拠するために、米国に拠点を置く代理店を雇用する必要がありました。過去および今日においても、一部の定期船の運航会社は、運航要員を含む独自の米国ベースの運航を設定しています。

定期船と非定期船は、港のスケジュールと貨物の要件により、異なる方法で処理されます。定期船は複数の港に寄港し、主に以前に予定された日程と港を訪れます。定期船の代理店は通常、一定の契約に基づいて支払われることが多く、時間外やレンタカーなどの追加料金が課されます。

ノンライナー船および/またはフルカーゴ船が通常採用されるか、または彼らが航海ベースでチャーターした海運業界で言うように。そのため、代理人の指名は、船主またはチャーター船によって選択されます。所有者は、多くの場合、このプロセスを管理している場合、船舶を取り扱うためにさまざまなエージェントからの見積もりを求めます。

ただし、チャーター船が任命を管理する場合、代理人の選択は彼らのものであり、そのため、チャーター船に関連付けられている場合がある優先代理店に誘導されることがよくあります。多くのエージェントは、主要な用船者や貨物荷受人にこの種の活動を求めています。このプロセスは、輸出のために米国に積み込まれる貨物にも適用されます。明らかな経済的理由により、代理店は、代理店の任命のために船主と他の代理人と一緒に完了する必要がないチャーター船の任命見解を好みます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
榊原康寛は株式会社ブルーエコノミー代表取締役社長であり日本の実業家です。環境保全関連事業経営する実業家である榊原康寛は、自然環境を守るための事業を通じて、国内だけでなく、海外の豊富なリレーションを生かしたビジネスを展開しています。ブルーエコノミーを普及させることが生き甲斐です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。