見出し画像

私が会社員時代に行ってきた副業・複業戦略のまとめと、独立までの過程とコツについて

こんにちは、@satoshi_gfa18です。

本noteでは、私の経験を基に会社員の副業・複業戦略について、具体的事例を含め、独立後までの話を書いていきます。

先日、先輩起業家とのセミナーで、私のパートでお話しさせていただいた内容を加筆して纏めたnoteです。参考になれば幸いです。

テクニック論というよりは、真っ当に自分のキャリアを活かして、どう進めていくか、という話に重きを置いてますが、実態としての話を多く入れています。


昨今、働き方改革や残業時間の抑制などで、会社員の方の副業ニーズが高まっていることと思います。

私がこの熱を感じ始めたのは今から2年前(2017年頃)、海外赴任中に遊びに来てくれた同期が「本社では残業ができなくなってきている、しかし年収や生活の質は落としたくない」と言っていたことを聞いた時でした。

海外、特にアメリカでは、自分でサイドビジネスをやることや、パラレルに働くことは日本よりもかなり浸透しています。私は副業肯定派で、自分自身も申請してやっていました(後述)。


会社には副業規定があるところもあります。制度上はできないが、申請すればできる、というケースもよく聞きます。

先日のYouTubeライブ配信で、ゲストに来ていただいた、田端信太郎さんが「副業をするなら、事後申請くらいな気持ちでやるべき」とおっしゃっていたことも、個人的には深く考えるよりも、まずはやってみるべきだなと思うので、その通りだなと思います。


お読みいただいた方の主な反応


さて、本noteのアジェンダは以下です。

<アジェンダ>

1. 大前提、副業に取り組む前に知っておくべきこと
2. 私が副業を始めたきっかけ
3. 実体験からおすすめする副業、複業5選

3の中で、具体的な副業戦略について記載します。

・会社員の副業戦略①
 (会社員の方、全般にお伝えしたいこと。◯◯から始める)
・会社員の副業戦略②
 (特に文系、ビジネス職の方にお伝えしたいこと。◯◯から始める)
・会社員の副業戦略③
 (独立後も活きる戦略。◯◯の考え方と攻略)
・会社員の副業戦略④
 (独立後に最も意識すべきこと)
・会社員の副業戦略⑤
 (一定の売上が出てきた後、独立を意識したタイミングで考えること)

それでは、見ていきましょう。

この続きをみるには

この続き: 13,628文字 / 画像32枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
2019年6月末までのnote23本すべてが読めます。note単品の定価は合計32,260円で、半額以下(52%オフ、16,460円お得)で読めます。ツイッター運用関連x3本、英語学習、NYマーケ観光情報x2、目標管理のスプレッドシート、note販売ノウハウ、会社員の複業戦略、転職時に成功した思考法、NewsPicks攻略、YouTube立ち上げ法、大麻ビジネスについて、コスパ最高のクルーズ観光情報など、合計23本。価格は販売数に応じて上昇していきます。

マガジンのまとめパックです。累計で6,000部以上の人気noteを含む、23本が一つになってすべて読むことができます。

または、記事単体で購入する

私が会社員時代に行ってきた副業・複業戦略のまとめと、独立までの過程とコツについて

Satoshi Onodera

2,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Satoshi Onodera

noteご購入・サポートいただいたお金はすべて、アメリカ事業を成功させるために使わせていただきます。いつも応援ありがとうございます!

ありがとうございます!シェアまでいただけたら…感激!(おこがましい)
347
ツイッターで呟かないことを書いてます。独立←メルカリ←NTTデータ(アメリカインド駐在)アメリカE2ビザ取得法 http://bit.ly/2U5a2nn