見出し画像

売れないバンドマンが乳がんになったら11

エッセイ11

名前可愛いのに怖ぇよマンモトーム

画像1


※はじめての方は
「売れないバンドマンが乳がんになったら1」
から読んでいただくと、わかりやすいかと思います。


検査もクライマックスになってきました。
いよいよマンモトーム生検です。

おっぱいの悪い子な部分の組織を取って調べる大事な検査なんですが、
この検査が1番ビビってました。


色々検索すると怖そうなのが出てきちゃうと思うんで、
やられた側からのニュアンスだけで書きます。

(あ、もちろん全部知ってた方が怖くないって方は、
ググってみるのもいいと思います)


とりあえず、皮膚に麻酔して、痛くないようにして、

「でっかい機械に、ぶっとい針がついてて、
そいつをぷっすり刺して、中の組織をちょっとチュッと吸ってチョッキン」

…的な?


で、取った組織を調べる、というね。
ふんわり言うと。

それで使う機械と針のビジュアルからがエグいんですよ。

こんな感じです。

画像2

いや、モザイクのかけかたもエグい!!

でも、サイズ感は伝わるでしょう?
悪戯に見るとびびっちゃいますから、見ない方がいいかもです。


では、
ビビりつつも気合を入れて行った、
私のマントーム生検の流れをどうぞ。

まず、部屋に入った瞬間、周りに置いてある布的なものが、
手術の時みたいな緑色をしてる事実に、嫌な汗が…。
ベッドの上に汚れても平気なように、
紙みたいなビニールみたいなのが敷かれてて、嫌な汗が…。


心の声
(そんな血ィ出るんかい!!!)


検査は超音波で見ながらやるとのことで、
超音波の技師さんがいました(男性だったけどそれどころじゃない)
あとはガーゼなどを慌ただしく用意してくれている、
ビッグマザーって雰囲気の看護師さん。


そこに颯爽と登場したのが主治医。


「えっ、先生がやってくださるんですか?」
「そうですよ、大丈夫。寒くないですか?平気?」


この時の安堵感、なんていうんでしょう。
序盤で主治医との相性は大事と書きましたが、
この時どっと安心したんです。


だって、この賢そうな人は私の主治医。つまり執刀医。
手術をしてくれる人なんだから、
今ちょっとエグい針を刺すくらい平気平気!


平気平気と思いながら汗が滝のように出つつ、ベッドに横になります。
超音波で色々しつつ、皮膚の麻酔をします。
これも採血程度でそんな痛くないです。独特の麻酔感はあるけど。


この辺りで、
「機械がウロウロして危ないから、目にガーゼを載せますね」
と言われ、ガーゼで視界が遮られる瞬間、


ズーーーーーーーーンと少しだけ見えたんです。

なんだその針の太さは!

画像3

その針の太さ、タピオカ飲めちゃうよねーーーーーーー!?
(オズワルドのテンションで)


ちょっと大袈裟だしタピオカ飲んだことないし。


あとはもう、頑張ってエロいことを考えてました。
とにかく考えてました。
(MRIの回を読んでください)

目のガーゼはテープでも止めてくれてるんで、
ズレそうできまずい美容院現象も起きませんでした。大丈夫。


ビビらす書き方しましたが、麻酔が効いてるから痛みはないです。
そこにおいては本当に心配ないです。

ただ、怖い、そういう感じでした。

後から考えると、
先生も「では始めます!」みたいなことは言わなかったんですが、
そもそも「麻酔うってますからねー」って言いながら、
もう本格的なアレコレを進めてたっぽい気もします。

ありがたい。


何が特に怖いかと言うと、うーん、
痛くないのに何かが体の中に侵入してるのは分かる、
っていうのが怖いんですよね。
で、音と振動がすごい。

見えてないからわからないけど、
おっぱいの中に工事現場で使うドリルのミニチュアが入ってるような。


途中自分の体から皮膚を伝って液体が流れてく感覚もありました。
汗なのか血なのかわかんないし、知りたくもないけど。
そんなに大きく切開してるわけじゃないみたいだから、多分汗なんだろうな。
襟足もびしょ濡れでしたもん。


それが終わったらビッグマザー看護師さんが13分、
圧迫止血してくれました。
出血はあまりないけど、やっとかないと内出血になるのよーって。

その力で13分ってめちゃくちゃ力仕事だなぁと思う圧迫。
何度もお礼を言いました。
で、さらに丸めたガーゼとテープでガッチガチに止血して、
終わり。


検査の中では…認めましょう、マンモトーム生検が1番疲れました。


でも終わっちゃえばいい体験したなぁ、でフィニッシュ。
だって、手術して乳房切除とかするの考えたら、ねえ。


マンモトームを乗り切るには、

ガーゼで目を塞ぐ。
エロいことを考える。
終わったら最高に好きなものを食べる!


この日は出血もあるかもってことで、
こふじが付き添いで来てくれました。
(いや、ほぼ全日程きてくれてる。ほんと有難い)


こふじは血とか注射とかほんとダメなので、
マントーム終わったあと、
やってきた内容を聞いて私よりげっそりしてました。


会計は31000円くらい。
高い…これは手術扱いだから高いみたいですね。


ガン告知されたことをファンの皆さんにお伝えした、
入院前の最後のライブの時、

この手のご病気の経験者のファンの方がいらしてくれて、
お見舞いでお金を包んでくださったんです。

恐縮したんですが、
「最初の検査でいきなり一気に出てくから、遠慮なく受け取って」と。
百戦錬磨の女戦士みたいな笑みをたたえつつ。


このマンモトームの金額を見て、
なるほど…このことか…!と思いました。


感謝で膝が崩れそう。
本当にありがとうございます。
別の回でもファンの方へのお礼を述べるけども。


こうして数日間、
検査を終わらせることに集中し走り続けてきたけど、
これで全部終わったと言うことは、検査結果が出ると言うこと。


立ちすくみそうになる一瞬も何度もあったけれど、

「大丈夫、私ツイてるから、きっといい結果が出るよ」

何億回か呟いて、次回へと続く。


そう、私、ツイてる女なんです。


読んでくださってる方で、えー私はツイてないもん…って思う方がいたら、
この瞬間からツイてる女になることをオススメします。

簡単です。
私ツイてるんだよねー、って言うだけ。
言ったもん勝ち。本当にそう思えて、強気でいられますよ。


さあ、本日もサポートのお礼です。
皆様サポート本当にありがとうございます。

検査にかかった費用も書いてますが、
病院へのバス代が100円、
病院で飲むご褒美コーヒーが約500円、
すごく頑張った時に食べるケンタッキーが1本200円?くらいなので、
生々しく私の心と体を満たしてもらってます。

面白かったよー、読んでるよーのサインとしてでも、
サポート大変励みになるので、
メッセージのお礼も個別に送っております。

今後ともよろしくお願いします。


さあ、本業はこれです。チャンネル登録よろしくお願いします。

《MV》
voミワユータ、ガン告知後に撮影した新曲のミュージックビデオ。

https://youtu.be/XzSVK4Hw134

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
27
ELIZABETH.EIGHTの作詞作曲ボーカルミワユータ。脳炎、乳がん、それでも私はツイている。 エッセイ「売れないバンドマンが乳がんになったら」と、1人喋りの音声ラジオ感覚でどうぞ。 http:/beth8.net/ 売り上げは次の作品の製作費、治療費の足しに致します。