見出し画像

歌う留年愚痴聞き野郎、先生になる。

●<はじめに>

現在、2020年3月1日。
大学4回の僕の同級生はちょうど、卒業判定が無事に出てるタイミング。
僕は無事に卒業判定は出んくて、
人生初の「同い年とのタイムラグ」を経験することになった。

そんな留年野郎が今から書く
自己紹介のような、決意表明のようなものに、
おそらく社会的信用は全くないんやけど、

自分が逃げへんための楔として、
あと、「少しでも多くの人に僕のこれからを知ってもらって、ちょっとでも気にかけてもらえたら」、
って僕の厚かましい、わがままな気持ちも含めて、文章にする。



※『愚痴聞き屋』について

このnoteを読んでくれてる人は、
僕のtwitter『まめ@愚痴聞き屋』のシェアから入ってはるから、
『愚痴聞き屋』ってわけのわからん名前の不信感を振り切って
読んでくれてはる勇者やと思う。ありがとう。

結論、僕はこの愚痴聞き屋って活動をこれからやっていこうと
思ってて、簡単に言えば、
「人の話を聞いてお金をお客さんの言い値(値段自由)でもらおう!」
ってこと。


※この文章の読み方。

この文章は時系列にすると、②→③→①→④→⑤になってる。
「長ったらしい話はいらん。さっと教えて?」って人は
①→④→⑤だけ読んでもらえばわかるようになってる。

僕のオススメの読み方は
①→②→③、でもっかい①に戻って読み直して、④⑤って進めていく読み方!
(どんだけ読ますねん)


①<スタートアップでの長期インターン>

昨年の8月まで、僕は人材系のスタートアップ(要はできたての人材会社)で長期のインターンをやってた。
僕の仕事は、
『学生との就活面談、自己分析』
教師を目指してる僕としては最高の仕事やったし、
就活での成功体験も相まって、
「俺はイケる」って強烈な思い込みをしてたんやけど、
ここで伝説の記録を作ってん。

社員さんもかつての仲間も知らん、本邦初公開の大記録。それが、

『面談リピート率 0%』

50人以上と話をして、1回の満足度もそこそこ高そうやのに、
その後誰からの連絡もこーへんかった。

後になってわかった理由は
「1回の面談で全部聞けたしもういいです」

ただただ自分の知ってる話を伝えて面談終了。
面談の最後には情報の底が見えるから、
「あ、もういい」ってなるわな(笑)

ここで初めて、僕は僕自身に問うた。

「今まで誰と出会って、どんなことをしてきた?」

何にも言葉にできひんかった。

なぜか。それは僕のそれまでの20年間が関係してる。
と言うことで、僕のむかしばなしを少し。
(とはいえ長いから、さっと読みたい人は④へ!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②<むかしばなし>

むかしむかしあるところに、
坊主頭でぱっちりお目目。おでこの広いまめ少年がいました。

少年は、子供の頃からでしゃばりで、
何でもかんでも首を突っ込んでいました。
仕切りたがりな性格と、本名の「とおる」、
当時たまたま流行っていた「キシリトールガム」が
相まって、ついたあだ名は

『シキリトール』

まめ少年は、それを聞いて、
「自分はリーダーに向いてるんだ!」と本気で思い込み、
偉そうに場を仕切りまくっていました
「リーダーやってる俺かっけえ」
とさえ思っていました。
自分大好き。超好き


このころのまめ少年の人間関係は、
最初はよく話していた友達も、
クラスやカテゴリー(小中高)が変わると、ほとんど話さなくなる。
そんな関係性ばっかりでした。

しかしうぬぼれお豆。
「新しい学校ですぐに新しい関係を見つければいいや。
だって俺コミュ力モンスターだもん。」
そう思って過去の関係をバッサバッサと切りながら、
義務教育を越え、高校を越えました。

「俺はどんな環境にも適応できる!」
「この力は、きっと学校の先生になって輝けるんだ!」

浅はかにもそう感じたまめ少年は、国公立の教育学部へと進学したのです・・・。


③<むかしばなし>

もうちょっとだけ、この話に付き合ってほしい。

大学に入ると、いわゆるキャンパスライフが開花。
バイトで貯めたお金は、
『バドミントン(大学から始めた)の道具』
『カラオケ』
そしていわゆる『賭けボウリング』に全投入。

趣味は?と聞かれれば
BKB!(Badminton、Karaoke、Bowling)」と答える
立派な大学生になりました。(くだらねえw)

そのままなんやかんやで2年が過ぎ、教育実習を経て、
まめ青年は就活をすることに。

この時、まめ青年は人生で一番の自惚れ野郎に化けます。

なぜか?

それは、就活では、自分語りの場がたっくさんあるから。

「みんな俺の話を聞いてくれる!」
「俺の話は面白いんだ!」

違うよ青年。向こうはそれが仕事なんだよ。

そんなことにも気付かず、まめは就活を爆走。
少年時代に培った、シキリマインドと思い込みを武器に、
面接、GD、グループワーク、インターンを自信満々に突破していきました・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


④<自殺未遂と愚痴聞き屋>

むかしばなし、付き合ってくれた人ありがとう。
①から飛んできた人。ようこそ。

と言うことで、②③の20年間を過ごしてた僕にとって、

①は人生で初めて、かつ最大級に(初めてやったら最大に決まってる)自信を無くした出来事やった。

生きてる価値すら見出せへんくなって、
12月は1ヶ月間食べることと寝ることと死ぬことしか考えられへんかった。
この時期のことは正直スケジュール帳見てもうまく思い出せへん。
自分を見失うってあーゆーことなんかな、って今になって思ってる。

2019年12月25日。

人の家で包丁持ってる自分にふと気づいた時に、我に返った。

「このままやとやばい。」

その直感だけで、ただ何かを変えたくて、
大学に行って休学届けをもらい、書いて出した。

手続きしながら、「僕これから何するんやろ」って考えてた。
「歌うの好きやし歌手でもやろうかな」

そんな時に、部活の後輩が、
「愚痴聞き屋を大津駅前でやってきたんすよ〜」って話をしてくれた。

話を聞いて、直感で提案した。
まめ:「今週末草津駅前でそれ一緒にやろ。」
後輩:「いいっすよ!」


⑤<僕の答えは、「全部やる」>

キャンプ用の座椅子と毛布。1時間で作った『愚痴聞き屋』の旗だけ持って、
草津駅前でただ座る。

3時間やってお客さんは2人

初めてのお客さんは大学3回生やった。
2人目のお客さんは僕の1つ年上の男性やった。

2人とも、愚痴聞き屋やのに全く愚痴をはかず、
夢とか将来の話をしてくれた。

素直に、素敵やと思った。

僕は話をさせてもろてただけやけど、
話おわった後には二人とも
「楽しかった。」「珍しい経験ができた。」
ってゆーてくれた。

男性は

「出会えてよかった。」

なんて素敵な言葉もくれた。
(そのあと、後輩と二人でしばらくにやけてた。)

そんな2人と出会って、
僕の中で全てがカチっと繋がった。

「愚痴聞き屋は、
独りよがりで人の話を聞かず、誰との思い出も大切にできなかった僕
にとって
たくさんの人に出会って思い出を作れる最高の活動
なんとちゃうか。」

「話をしてくれるお客さんも、
たまった想いを吐き出して気持ちが軽くなったり、
話す事で新しい発見をする事も出来るんやん。

話聞くってすげえ」

「これから出会う人たちが主役の物語作ったら面白そう。」
「でもどうやって形にしよう?」
「どうやって発信しよう?」

出た答えは

「新しく見つけたやりたい事(愚痴聞き屋)」
「シンプルに好きな事(歌手)」
「子供の頃からの夢(教師)」


『全部やる』

スクリーンショット 2020-03-01 21.34.01


1,まずは話を聞かせてもらおう
2,その上で感じたこと、その人に伝えたいこと、
 あるいはその人の物語そのものを、
 歌手として歌の形にして残して、伝えよう。
          🔽
3,いつか、夢を追いかけた僕の経験と
 出会ってきた全ての人の物語を、教師になって子供に伝えよう
 (子供達の愚痴も、夢も聞こう。)


僕は『聞き、歌い、伝える。』その中で、
誰かが『話し、聴き、知る。』

僕の『聞き、歌い、伝える。』
『誰か』の救いに、力にもしなれば・・・
こんなに嬉しいことはない。


「今まで誰と出会って、どんなことをしてきた?」
二度とこの問いには負けない。


●<少し先の予定について>


と、これが僕の原体験とやろうとしてることやけど、
ここで、先述の、『全部やる』の3番。
教師になりたい。ってところをもう少し話して終わろうと思う。


結論、僕は夢を教えられる先生になる予定。


それは、自分がこれまで、夢を見ることから逃げてたことも、
夢を見ることを教わらなかったことも関係してる。

「夢を見たことも、追ったこともない人間が、どうやって人に教えるのか」

その通りやと思う。

だから僕はこれからやりたいことをやる。
その中で見たもの、感じたこと、考えたことが、
そのまま1つの教材になるとも思っている。

僕が、教育業界や、学校って世界に対して
考えてることや感じてることは、
また別のnoteを書くから、
読んでくれた人と一緒に議論でもできれば、と思う。


●<おわりに>


ここまで読んでくれてありがとう。

僕からみんなに、ご提案。

僕のところに来て話をしに来て欲しい。

来れない人はDMでもいい。話を聞かせて欲しい。
聞かせるような話がないって人も、
僕が色々聞くから「おはよう」だけでも送って欲しい。話そう。

もちろんプライバシーは全面的に保証してる。
実名を聞かれたくない人は言わなくてもいい。

※愚痴なんかないなぁ、と思ったあなたへ。

実は愚痴聞き屋は愚痴だけを聞くとこじゃない。
むしろそれ以外の話の方が多い。
『愚痴メニュー』なんてものを用意してるから、
どんな些細な話からでもいい。
値段は自由。0円でもいいし、1万円でもいい(厚かましい)。

スクリーンショット 2020-03-01 22.22.27

↑現在の愚痴メニュー、
オススメは『自分で作る裏メニュー』(何話してもいい)

また、これから僕のtwitterでは、
活動の中で出会った人から得たものをアウトプットしたり、
印象に残った教えや教訓を投稿していく。

みんなにとってプラスになることがきっとあるから、
ぜひフォローして欲しい。

最後にもういちど。ここまで読んでくれてほんまにありがとう。

まめ@愚痴聞き屋  twitter→(@bean_4_hearing )


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
滋賀県発(初)の愚痴聞き屋やで。 (お話を)聞いて(歌を)歌ってるで。 夢を追ってるで。 将来の夢は子供に夢を教えられる学校の先生になることやで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。