Ska vi fika?

Ska vi fika?

かしもとゆか

手回しミルで ふたり分 お湯をおいて ふくらむ音

あなたが笑った はじまりの日のコーヒー


片手にコーヒー それだけで いつもの部屋に魔法がかかった


Ska vi fika? 想いはいつも ゆっくり流れていて

せいいっぱい 背伸びをして 大人の夢をみた


挽きたて豆がつれてくる あの日の部屋の灯り

素敵な過去は ずっと消えてはくれない


片手にコーヒー それだけで ひとりがこわくなくなった


Ska vi fika? 想いはいつも ゆっくり流れていて

やわらかな日差しのうしろ 記憶のなか生きていくから


vår  bolla med solen

sommer  får jag lov?

höst  på villovägar

vinter den förtrollade jungfrun


Ska vi fika? 想いはいつも ゆっくり流れていて

せいいっぱい 背伸びをして 大人の夢をみた


Ska vi fika? 想いはいつも ゆっくり流れていて

やわらかな日差しのうしろ 記憶のなか生きていくから


vår  bolla med solen

sommer  får jag lov?

höst  på villovägar

vinter den förtrollade jungfrun

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かしもとゆか
うたとウクレレとコーヒー。ちいさなゆめをかなえることがしゅみです。http://87yk78.jimdo.com/