クッパはなぜ溶岩の海に落ちて行くのか スーパーマリオブラザーズ

(FC 1985/9/13) 任天堂
あなたは、『スーパーマリオブラザーズ』のボスキャラクターであるクッパの倒し方を覚えているだろうか。
ファイヤーボールを数発当てるという方法がひとつ。問題は、もうひとつの倒し方である。
そう、画面右端の斧を取るとつり橋を落とすことができて、クッパは溶岩の海に落ちるのだ。
だがよく考えてみよう。
なぜ、クッパはわざわざ溶岩の海にかかるつり橋の上にいたのだろう。
なぜ、あの場所に斧が置いてあったのだろうか。


おそらく、史上もっとも多くの人がプレイしたビデオゲームはこの『スーパーマリオブラザーズ』だろう。
『スーパーマリオブラザーズ』こそファミコンブームを生み出し、海外でもファミコンをヒットさせ、その後の日本の家庭用ビデオゲームの繁栄を約束した歴史的な1本でもある。
それだけではなく、最新のゲーム機がそれほど普及していない国々では、いまでも多くの人が任天堂とは無関係の企業が作ったファミコンで違法コピーされた『スーパーマリオブラザーズ』を楽しんでいるはずである。

『スーパーマリオブラザーズ』はその陸や海や空や地下などさまざまな世界と、ブロックを叩くとさまざまなものが出てくる不思議さから話題になった。
この圧倒的なバラエティこそ『スーパーマリオブラザーズ』の魅力だとしばしばいわれている。
それは正しい。だが、バラエティは複雑さに繋がり、それはときに敷居を高くし、誰でもすぐに楽しめるものではなくなってしまう。「自由度が高すぎて何をやっていいのかわからない」というのはよく聞く話だ。
だが『スーパーマリオブラザーズ』はそうはならなかった。国や人種や民族の壁を越え、誰もが説明書を読まずにすぐに遊ぶことができた。これはなぜなのか。


『スーパーマリオブラザーズ』のゲームをスタートさせるときのことを思い出してみよう。
スタートボタンを押すと、主人公であるマリオがひとり画面左側に表示されており、右を向いている。
他のキャラクターは存在しないので、マリオを操作しなければならないことをプレイヤーはすぐに理解する。
そして画面右方向が空白であり、しかもマリオは右を向いているので、プレイヤーは無意識に右に進みたくなる。
仮に左に進もうとしても、進めないようになっている。どのみち、スタート直後にプレイヤーができることは、右に進むことだけなのだ。
否応無しにプレイヤーはマリオを右に進めることになる。

実は、この時点で、すでにプレイヤーは『スーパーマリオブラザーズ』というゲームの目的を理解しているのだ。
その目的とは、まさに「右に進む」こと。
『スーパーマリオブラザーズ』というのは、究極的には「右に進む」だけのゲームなのだ。
ゲーム中、土管から地下や海に潜ったり、雲の上に行ったりなど、マリオは上下にも移動するが、出口は常に右にある。
正しいルートを通らねば抜けられない迷路もあるが、選ぶ道は上下であり、常に進む方向は右である。

徹底した「右に進む」というゲームデザインに例外はない。
シンプルで迷わなくてよい世界。しかし同時に世界は深く、無数の発見がある。
シンプルさの中の多彩さ。これが『スーパーマリオブラザーズ』が多くのプレイヤーを魅了できた理由ではないのだろうか。

右に進むことによって進行するゲームである『スーパーマリオブラザーズ』は、頑ななまでにそのルールを遵守した。
そう、ゲームを終える方法さえも、潔く「右に進む」ことにしたのだ。
だからクッパは溶岩の海にかかるつり橋の上にいなければならないし、一番右にはその橋を落とすための斧がなければならないのである。
すべては一番右に進んだマリオがゲームを終えることができるように。

そんなわけで、今日も世界中で、マリオはひたすら右に進んでいるし、クッパはけなげにも、「右に進む」というルールにその身を捧げているわけである。


(2001/4/4 綾茂勝太郎)

続編である『スーパーマリオブラザーズ3』などでは左にも進めるし、右に進むだけではボスは倒せない。これは多くのプレイヤーは『スーパーマリオブラザーズ』をすでにプレイしていて、『スーパーマリオ』シリーズの基本的ルールを理解しているであろうという前提があってこそなのである。
なお、『スーパーマリオブラザーズ』の操作の心地よさについては他でも多く語られているので、ここではふれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
221
ゲームレビューというよりはコラム的なゲーム評論を書いています。応援よろしくお願いいたします。 https://twitter.com/aysgstr

こちらでもピックアップされています

#デザイン 記事まとめ
#デザイン 記事まとめ
  • 4761本

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

コメント (4)
懐かしいですね。
マリオは右に進んでいるようでいて、実は画面の真ん中にいる。背景が左に動くと右に走っているように見える不思議。
今でもあの時の衝撃は忘れられない。
こんにちは。
鯛焼きというものです。

この度は本当に面白い文章に出逢わせて頂きました。
簡潔な言葉で、要点をしっかりつかんだ書き方。
また、なによりも果てしない「マリオ愛」を感じました。

僕は「New スーパーマリオブラザーズ」(DS)が人生で初めて買ったソフトですが、なるほどあの楽しさには小学生にもわかるシンプルさがあったのですね。

とても素敵な文章有難うございます。とってもためになりました。
しかし
貴方の投稿が、まず貴方の人生の為になることを祈っています。

ありがとうございました。
それでは。
ぴぃぴさん
ここのコメントから失礼します。
ぴぃぴさんの作品も面白いものが多く、ファンの方も多くいらして、本当にすごいと思いました。
私はこれから、初めてのnoteを書くところです。

ぴぃぴさんや、綾茂さんのように誰かのための文章を書けるように、
そしてまず何より自分の為になる文章が書けるように精進します。

ありがとうございました。
それでは。
スーパーマリオにここまでの奥深さがあったことに驚くとともに
小学生だった当時。当たり前のように右に進ませていたことを思い出しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。