見出し画像

ピアノマン

PIANO MAN LYRICS - BILLY JOEL
It's nine o'clock on a Saturday
The regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
Makin' love to his tonic and gin

He says, "Son, can you play me a memory
I'm not really sure how it goes
But it's sad and it's sweet and I knew it complete
When I wore a younger man's clothes."

la la la, di da da
La la, di di da da dum

Chorus:
Sing us a song, you're the piano man
Sing us a song tonight
Well, we're all in the mood for a melody
And you've got us all feelin' alright

Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he's quick with a joke or to light up your smoke
But there's some place that he'd rather be
He says, "Bill, I believe this is killing me."
As his smile ran away from his face
"Well I'm sure that I could be a movie star
If I could get out of this place"

Oh, la la la, di da da
La la, di da da da dum

Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talkin' with Davy, who's still in the Navy
And probably will be for life

And the waitress is practicing politics
As the businessman slowly gets stoned
Yes, they're sharing a drink they call loneliness
But it's better than drinkin' alone

Chorus
sing us a song you're the piano man
sing us a song tonight
well we're all in the mood for a melody
and you got us all feeling alright

It's a pretty good crowd for a Saturday
And the manager gives me a smile
'Cause he knows that it's me they've been comin' to see
To forget about life for a while
And the piano, it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say, "Man, what are you doin' here?"

Oh, la la la, di da da
La la, di da da da dum

Chorus:
sing us a song you're the piano man
sing us a song tonight
well we're all in the mood for a melody
and you got us all feeling alright

ピアノマン

詩 ビリー・ジョエル
訳 青柳洋介

土曜日の夜9時
常連客で賑わっている
僕の隣に老人が座っている
彼はジントニックが大好きだ

坊や、思い出の曲を歌ってくれないか?
僕にはどうなるかは分からない
でも、その曲は悲しくて甘いメロディ。完璧さ
僕は若者の服装をしていた

ラララ、ディダダ
ララ、ディディ、ダダ、ダム

コーラス:
俺たちに歌っておくれ。坊やはピアノマン
今夜は歌っておくれ
俺たちはみんなそんな気分さ
坊やは俺たちをいい気分にしてくれる

常連客のジョンは僕の友達
ジョンは僕に酒をおごってくれる
ジョンはジョークを言ったり、客の煙草に火をつけたり
でも、ジョンはここから出ていきたい
ジョンは言う。ビル、ここは俺をダメにする
顔から笑いが消えて
俺は映画スターになる。
ここから出ることができたらなぁ

オー、ラララ、ディダダ
ララ、ディダダダム

ポールは不動産屋で、小説も書いている
結婚する暇もなかった
そして、海兵隊のデイビーと話す
きっと、一生独身だろうな

店の女の子は駆け引きをする
ビジネスマンはだんだんと酔っぱらっていく
みんなは孤独と言う飲み物を分かち合っている
でも、ひとりで飲むよりはマシさ

コーラス:
俺たちに歌っておくれ。坊やはピアノマン
今夜は歌っておくれ
俺たちはみんなそんな気分さ
坊やは俺たちをいい気分にしてくれる

土曜日の常連客はいい奴ばかりさ
店長が僕に微笑む
常連客が僕の歌を聴きに来ているのを知っているから
人生をちょっとの間だけ忘れるために
ピアノはカーニバルのように鳴り響く
マイクはビールの匂いがする
カウンターの常連客が投げ銭してくれる
そして、言う。坊や、ここで何やってんだい?

オー、ラララ、ディダダ
ララ、ディダダダム

コーラス:
俺たちに歌っておくれ。坊やはピアノマン
今夜は歌っておくれ
俺たちはみんなそんな気分さ
坊やは俺たちをいい気分にしてくれる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ライフワークです。グレイトシステムを開発していますシステムアーキテクトの見地から提言します 世界はエネルギーで出来ている。天子世界は生物とエネルギーと道具で出来ている。三清

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。