見出し画像

「怖いくらい通じるカタカナ英語の法則」を Siriで試してみた

はじめに

著者がはじめてのニューヨーク生活で、学校で学んだ英語がまったく通じないことに愕然としていました。そんなある日、「ハゼゴン」="How  is it going? "ということに気づきました。

その後、私は先入観を捨てて、耳に聞こえるままの発音を素直に聞くことを心がけました。

その結果、「日本人として生まれ育ったのだから、いまさら英語特有の発音は身につけようがない」が、「私のカタカナ発音を別のカタカナに置き換えることによって、多くの場合は通じさせることができる」との結論にたどり着きました。

カタカナ発音の法則

確かに学校で学んだ発音では、リスニングはほとんど聞き取れません。日本語にない音を日本人が会得するのは難しいです。カタカナ表記で日本語にない音を補えるのであれば、発音学習のハードルがかなりさがりそうです。

本書の音声は特設ページに載っています。(私の環境では、なぜかPCでは音声が聞こえませんが、スマホでは聞こえました)

Siriで実験

実際の音声を聞いてみると、カタカナ発音とネイティブの発音は、似ているように聞こえます。ただもう少し確信を持つために、Siriを使って確認してみました。
今回試したのは初級コースです。本書では1つの文章を70回は練習することを推奨していますが、数回しか練習していない状態で試しています。

---------------------
01  Good morning.  → ◯
02  Good afternoon. → ✕ grafter noon
03  Good night. → ◯
04  Nice to meet you. → ◯
05  I'm from Japan. → ✕  i am home with japan
06  Just a little. → ◯
07  Thank you. → ◯
08  You are welcome. → ◯
09  Not at all. → ✕  no not allow
10  That's OK. → ◯
11  Don't worry about it. → ✕ don't worry about it right
12  How are you? → ◯
13  What is up? → ◯
14  Take care. → ◯
15  How about shopping? → ✕ how about shepard
16  I will take it. → ◯
17  Is that enough? → ✕ is there enough
18  May I come in? → ✕ may i coming
19  Get out of here. → ◯
20  Please have a seat. → ✕ please have a C
21  I got it. → ◯
22  Makes sense. → ◯
23  I am not sure. → ◯
24  I didn't know that. → ◯
25  Say it again. → ✕ say you lagging
26  Are you sure? → ◯
27  I need a cab. → ◯
28  I am getting off. → ◯
29  What should I do? → ◯
30  Take it easy. → ✕ take a lazy
31  I've got to go. → ✕ i gotta go
32  A couple of minutes. → ◯
33  Give me some medicine. → ◯

結果

結果は 22/33 で正しく認識されました。カタカナ表記だけで6割認識されました。もっと練習すれば正解率も上がるかもしれません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ソフトウェア開発、機械学習、プログラミング教育に興味があります。