【第2話】天と地を結ぶ惑星-月の秘薬アヤワスカと太陽の妙薬サンペドロを辿る
見出し画像

【第2話】天と地を結ぶ惑星-月の秘薬アヤワスカと太陽の妙薬サンペドロを辿る

日が暮れると、マロカ(メインホール)に、人々が集まってきます。
ブランケットや枕、寒くなった時のための服など、準備万端に整えた私は、緊張を和らげるために早めに席に着き瞑想を始めました。
夜になると、アマゾンの森は湿り気のあるひんやりとした空気に包まれます。
北半球にある日本とは反対の気候条件の南米では、 これから冬を迎えようとしていました。日中は強い陽射しで蒸し暑さが続きますが、それでも夜には一気に気温が下がります。おまけに、アヤワスカを摂取した後に起こる強い浄化作用としての嘔吐や下痢が治まってくると、今度は離脱症状のような寒気が襲って来るのです。

計ってはいないので解らないけれど、血圧が急激に降下するのでしょう。うっかり、薄着のまま夜のセレモニーに参加した初日は、セレモニーが終わった後も、これまで体験したことの無いような怠さに、衣服を取りにロッジまで帰る気力もなく朝まで薄いブランケットの中で縮こまるしかありませんでした。

その日の経験から、セレモニーの夜には誰もが持てる衣服をありったけ着込んでやってきます。
寒さが苦手な私は、もちろんのこと数足の靴下とブランケットを持参して、どうやって靴下をはいたまま、トイレに行くためのビーサンを履こうかと、しばらく思案する始末。
アマゾンのリトリートに着いてから、この環境にどうやって馴染むか思い巡らすことにほとんどの時間を割いている自分が滑稽でした。
すっかりサバイバルモードの私とは対象的に、裸足で短パンのまま過ごす人達はとても優雅に見えます。

この続きをみるには

この続き: 3,241文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2013年のアヤワスカとサンペドロのセッションの体験記です。

やった!