中卒や多忙な人にも大学卒業の資格が?? 放送大学の可能性を考えてみた



自分は放送大学に在籍している大分遠回りした大学生なのですが

ふと思いついた放送大学に在籍するメリットを書きたいと思います。

まず簡単に思いつくのが当然ながら学割です。

以下のようなものがあります。

・日経BP社の専門雑誌が割引価格で購入できます。

・映画館やレジャー施設での割引・MicrosoftやAdobeのアカデミックパック・シンセサイザーの学割辺りは通常の大学生としてみてくれます。

(ただし、場所によっては全科のみ)。

・AppleではMacのパソコンやiPodなども、学生価格で購入できます。

・美術館や博物館も学割が使えます。

・年に数回東京旅行が半額運賃で出来る(在京者以外)

・携帯電話の学割。(今は主に25歳以下など、年齢区分での割引になってしまったようです)

・なんと学生用ですがクレジットカードも発行できます。


しかしここまでの情報はネットで簡単に検索できます。


そしてここからが自分なりの考え方です。

放送大学のホームページをよく観ると中学校卒業の学歴でも満15歳以上なら誰でも入れる選科履修生(または科目履修生)になって、必要な16単位を修得すれば、大学卒業を目指せる全科履修生になれるのです(満18歳以上が条件)と明記されているではありませんか。


そして選科履修生及び科目履修生になると、キャンパスネットワークというホームページを利用していつでもほぼすべての大学と大学院の授業を

視聴することができるのです。

よって、中学卒業の人でも大学院の科目を学ぶことが可能ということです。


またこれにかかる費用は科目履修生として入学し、1科目だけ履修する場合の学費は、半年間で入学料7,000円+1科目の授業料11,000円の計18,000円です。なお1年間在籍できる選科履修生では年間でプラス2000円で放送授業を受けることができます。

その科目数はテレビ科目が150科目以上、またラジオ科目がすべての科目(160科目以上)になるようです。


この膨大な科目数から誰でも1つぐらいは興味がある科目があると思います。

しかしこれらはただ単に受講ができるだけです。というわけで正式に大学卒業の資格を得るためには全科履修生として4年以上在籍する必要があり、そして費用は入学料と授業料やテキスト料(強制ではありません)でおよそ70万円強ほどかかります。


以上の話は今まではパソコンとネット環境があるという仮定でした。

しかし今は大多数の人が所持しているスマートフォンやタブレット端末でも視聴できる環境が整いつつあります。まず一部の科目でiPhoneなどiOS4以上の端末でMP4での視聴が可能になっています。そして最近のことですがラジオ科目はすべて視聴できます。


そしてアンドロイドのスマートフォンやタブレット端末についてはgoogleplayにある

「放送大学視聴支援」というアプリを使って授業を視聴することができるのです。

しかしこのアプリは大学側では公式には認めていないようです。

ようするに不具合が生じた場合に大学のサポートがうけられないということです。

(最近ですが紹介されたアプリでの視聴はできなくなってしまったようです)

またこれも一部の科目ですが分割再生にも対応している科目があるのです。


以上のことから大学の授業を比較的に手軽に安価で放送授業を視聴できるのです。

ここでこんな疑問を持つ方がいるかもしれません。

「放送大学の授業はBSで観れるからわざわざネットを利用して視聴する必要性

がないのではないか?またrajikoなどのサービスがあるからわざわざ大学に在籍しなくても?」という方もいるかもしれません。


確かにそういわれればまったくその通りです。

しかしテレビやラジオやrajikoなどでは視聴できるが録画には限界があると思っています。

(ハードデイスクやブルーレイレコーダーなどには費用や手間がかかります)

しかし大学に在籍すれば環境を整えるといつでもどこでも何度でもほぼすべての科目が視聴可能です。

これは今話題になっている動画配信サービス(具体的にはHuluなどです。)と同じでは

ないかと思うのです。

以上のことから次のケースの人たちに大学の教育の機会があると考えることができます。


まず第一に優秀な頭脳を持ちながらも不登校などにより教育を受けることが

できずに中学卒業した場合に15歳以上の子供達に対して大学院クラス(通信制なので若干レベルは下がると思いますが)の授業を受けさせることが可能だと思います。


第二に大学に興味を持ちながらも主に時間的余裕がない社会人のひとたちが

手軽に自分の好きな科目を学ぶことができると思います。

先に述べたとおり分割再生ができる科目があるのでどんなに忙しい方でもいわゆる

スキマ時間を有効活用して受講できるのです。


以上のことが出来る時代になったわけです。

もしかしたら日本全体の教育水準が向上することだって

夢物語ではないと思います。

もし少しでも放送大学というものに興味があったらぜひ入学することを

お勧めします。ぜひともに勉学に励み大学生活を謳歌しましょう。


追記 こんなことを考えましたが、自分はいわゆる単位稼ぎのために

試験での平均点の高い科目を主に履修していますよ。


なお以上のことは放送大学の公式サイトを閲覧したり


お問い合わせなどをして自分でお確かめください。

文章が読みにくい部分があったと思いますが最後までお読みくださり

ありがとうございました。

もし良ければ投げ銭していただけると幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
秋田のひきこもり関連の会の代表やってます。たまに講演もしています。元スクールエスケーパー。映画はバックトゥザ フューチャー、クイズ、QMA、テレビは特にお笑いが好き。最近は経済関係も。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。